2012年06月24日 Sunday

読んだ本12-008 日本海軍の興亡

日本海軍の興亡―戦いに生きた男たちのドラマ (PHP文庫)
半藤 一利

4569572308
PHP研究所 1999-01-19
売り上げランキング : 692322

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by うらぢ at 23:59 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本12-007 日本の盛衰

日本の盛衰―近代百年から知価社会を展望する (PHP新書)
堺屋 太一

日本の盛衰―近代百年から知価社会を展望する (PHP新書)
PHP研究所 2002-10
売り上げランキング : 398247


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by うらぢ at 23:56 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本12-006 決断できない日本

決断できない日本 (文春新書)
ケビン・メア

決断できない日本 (文春新書)
文藝春秋 2011-08-18
売り上げランキング : 4203


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by うらぢ at 23:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2012年04月02日 Monday

読んだ本12-004 バカでも年収1000万円

バカでも年収1000万円
伊藤 喜之

簡単に言えばいかに人との差別化を計るかと言うこと。あとは行動が大事と言うこと。ただその肝心な行動が難しい。特にのんびりとした人にとっては。

バカでも年収1000万円
鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く」—セブン-イレブン式脱常識の仕事術 20代で人生の年収は9割決まる 「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー 現役トップリーダーが教える  ネットワークビジネスパーフェクトマニュアル うまくいく人が必ず持っている黄金の仕組み
by G-Tools
posted by うらぢ at 23:12 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本12-003 実録 日本汚職史

実録 日本汚職史 (ちくま文庫)
室伏 哲郎
4480022031


 明治以降の汚職史が綴られているが、埋もれているものも多く興味深い内容。ただ正義感めいた言葉が若干気にかかる。
タグ:歴史
posted by うらぢ at 23:08 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2012年03月10日 Saturday

2012年01月01日 Sunday

読んだ本11-082 ビジネスマンのための「行動観察」入門

ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)
松波 晴人

406288125X

 簡単に言えば人の行動を観察してビジネスに結びつけようというもの。人の接し方やどう調べるかとか、提言の仕方も上から目線でない等、簡単ではなさそうだ。さらに調べて何に気づくかというのも必要であるんじゃないかと思うけど、これは簡単に伝授できる代物ではないか。

関連商品
「人望」とはスキルである。: 人を惹きつけ、動かす「ビジネス心理学」 (光文社知恵の森文庫)
日本経済の奇妙な常識 (講談社現代新書)
ヒット商品を生む 観察工学 -これからのSE,開発・企画者へ-
ヤバい統計学
日本を滅ぼす〈世間の良識〉 (講談社現代新書)
by G-Tools
posted by うらぢ at 00:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年12月31日 Saturday

読んだ本11-081 出世するなら会社法

出世するなら会社法 (光文社新書 524)
佐藤孝幸

4334036279

 会社法概説のような内容。最近の裁判事例や事件を交えて解説しているのでわかりやすい。会社法は猫の目のように変わるので取扱には注意が必要だけど。(知らん間に商法から独立していたのね)

関連商品
ただいま授業中 会社法がよくわかる講座
民法でみる法律学習法: 知識を整理するためのロジカルシンキング
経営戦略の教科書 (光文社新書)
民法改正: 契約のルールが百年ぶりに変わる (ちくま新書)
会社法の仕組み (日経文庫)
by G-Tools
タグ:法律
posted by うらぢ at 21:57 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本11-078 組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか

組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか (PHP文庫)
堺屋 太一

4569568513

 戦時の時も現在も日本の弱さは組織としての弱さが出ている。集団になると無責任になり、なし崩し的に行動する。悪い方向に進んでいると分っていても修正できない。この本が出てから10何年にもなるけど、全く改善の気配どころか問題の認識すら至っていないのが現状。
関連商品
歴史からの発想―停滞と拘束からいかに脱するか (日経ビジネス人文庫)
日本を創った12人 (PHP文庫)
平成三十年 (上) (朝日文庫)
平成三十年 (下) (朝日文庫)
歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)
by G-Tools
タグ:組織
posted by うらぢ at 15:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本11-075 ローマ人の物語〈43〉

ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)
塩野 七生

4101181934

 長かったこの物語も幕。ビザンツの話になっているが、焦点は西ローマ崩壊後のイタリアについて。ベリサリウスの功績もあり、ビザンツがローマを奪還するが、統治できずに結局放棄してしまうお話。ビザンツもユスティニアヌス帝を境に崩落の道へ。長い目で見れば時代が後退したと評価されてしまうのかな。


関連商品
ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈40〉キリストの勝利〈下〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉 (新潮文庫)
by G-Tools
タグ:歴史
posted by うらぢ at 15:25 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年12月11日 Sunday