2009年05月28日 Thursday

読んだ本09-050 自助論

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
三笠書房
サミュエル スマイルズ (著) Samuel Smiles(原著)竹内 均(翻訳)
発売日:2002-03
発送時期:在庫あり。
ランキング:676
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 格言の引用がほとんどで、個人的に読みにくさを感じました。
おすすめ度5 心の軸になる名著
おすすめ度5 安くて小さな本、でも希望が大きくなる本 人生半世紀を生きて共感できた6つの原則
おすすめ度4 道徳的な本ですが、活を入れられました。
おすすめ度4 結局変わらないんだな、やらなきゃいけない事って


 19世紀の書物だが、20世紀前半の書物かと思って読んでいました。あまり人間の生きるべき道はそれ程変わらないってことですな。
 基本は勤勉たれということですが、世の東西を問わずというか、最近は勤勉という言葉自体あまり聞かれなくなった気がします。私も苦に思わず努力を続ける道を模索しています。
 しかし、こういう本は自分が苦境に陥ったとき、世の中が悪いんじゃなく自分が悪いんだと言います。私のような凡人はなかなか自分で道を切り開くことは難しい。
タグ:啓発
posted by うらぢ at 23:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月25日 Monday

読んだ本09-049 わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡

わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡 (中公文庫)
塩野 七生 (著)
中央公論社
発売日:1992-10
ランキング:256832
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 この1冊でコシモ・メディチ以降のフィレンツェ共和国の歴史がわかります。
おすすめ度5 市民として生きること
おすすめ度5 愛すべきマキャベリ


 600ページあまりある大書。マキアヴェッリ登場前の歴史もあるし、マキアヴェッリ死後まもなくフィレンツェ共和国もトスカーナ大公国となって滅亡してしまうので、いささかフィレンツェ興亡史みたいなところもある。
 マキアヴェッリについてマキャヴェリズム、君主論を書いたということしか知らないのでこの本にある人間っぽいというか、俗人ぶりというのにはやや驚いた。1回彼の著作を読んでみないと。
 巻末にフィレンツェ地図があるんだが、いくら外国とはいえ、さりげなく居所を記しているのは時代でしょうか。いまもここに居るとは限りませんが。

フィレンツェ - Wikipedia
タグ:歴史
posted by うらぢ at 21:41 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月18日 Monday

読んだ本09-047 相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学―アインシュタインと膨張する宇宙

相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学―アインシュタインと膨張する宇宙 (ハヤカワ文庫NF―“数理を愉しむ”シリーズ)
早川書房
Amir D. Aczel(原著)林 一(翻訳)
発売日:2007-05
発送時期:在庫あり。
ランキング:98338
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 アインシュタインの知られていなかった一面


 文系からすると結構難解な部類になるんじゃないかと思います。前半はアインシュタインの研究を絡めつつなんだけど、後半は宇宙の話が中心に据えられていて、アインシュタインの宇宙定数やビッグバンの話を絡めていろいろ話が展開していきます。この辺は理論がアインシュタインを離れて一人歩きしていることを象徴しているのでしょうか?結局現在どのようなことが定説なのかわかっちゃいませんが。
 わからないなりに面白かったとは思います。

宇宙定数 - Wikipedia
タグ:科学
posted by うらぢ at 23:39 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月17日 Sunday

読んだ本09-046 私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド

私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド
Chabo!を応援する著者の会 (著)
東洋経済新報社
発売日:2008-11-28
発送時期:在庫あり。
ランキング:12049
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 本との出逢い 醍醐味
おすすめ度5 本選びに役立ち!+気軽な国際協力
おすすめ度5 雑の妙味
おすすめ度5 一流の考え方の持ち主の読書法が興味深い


 様々なジャンルの書き手が読書法やオススメの本を紹介する本である。本の読み方も様々で、感銘を受けた本も様々。私の知らない世界へ行く切っ掛けになればと思い、これらのいくつかの本をこれから読んでみたいと思いました。早く読むことを如何に自分のスキルアップに繋げていくかが今後の課題。あと、小飼氏のような大きな書棚が欲しい。
タグ:Book
posted by うらぢ at 15:50 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月14日 Thursday

読んだ本09-045 決断力

決断力 (角川oneテーマ21)
羽生 善治 (著)
角川書店
発売日:2005-07
発送時期:在庫あり。
ランキング:1040
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 閃き、直感の7割は正しい!!。ではその感性をいかに磨くか。その一端がここに
おすすめ度4 追い詰められてこそ、決断力が養われる。日々の生活で有用な本。
おすすめ度5 プロ棋士の考え方
おすすめ度5 会社の現場でも参考になるものを感じた一冊
おすすめ度5 急浮上、決断力! 知らないと乗り遅れる後悔あり!


 羽生四冠の将棋に対する考え方がいろいろな角度から書かれており、将棋の見方も変わるかも知れないし、人生や物事の考え方等、役に立つかも知れない。
 最後には「才能とは、継続できる情熱である」とあるけど、人生右往左往の私には痛い話で。今はプログラマ人生という感じだけど、羽生様には遙か遠く及ばないレベル。
タグ:将棋
posted by うらぢ at 22:34 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本09-044 リーダーのための中国古典

リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
守屋 洋 (著)
日本経済新聞出版社
発売日:2009-04
発送時期:在庫あり。
ランキング:44608


 1つのフレーズに解説を数ページというスタイル。中国の古典は読み方で幅が広がるというか、読んだ人の数だけの解釈が生まれるというか。抽象的に人間を扱っているところで、今にも生きている感じだ。リーダー論のところで会社を経営するものは苦しいときでも説明を社員にしっかりと行い、社員の給与を減らす前に自分の報酬をカットすることが書かれていましたが、今の所属する会社はまさにそのことができていない。
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 00:54 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月09日 Saturday

読んだ本09-043 最強の勉強法

最強の勉強法 (PHP文庫)
PHP研究所
発売日:2004-12-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:22509
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 生活に利用できる勉強法
おすすめ度4 まあまあ面白い
おすすめ度3 灘高のところはおもしろい
おすすめ度4 灘高を出た経験を活かす
おすすめ度3 まずまずだと思います。


 いろいろな勉強法を書かれているが、習慣づける話は書かれていなかったな。面白いのは連想チェーン記憶記憶術のところ。簡単に言えばストーリー仕立てにして覚えやすくするというものだが、いざ作るとなると。語呂合わせもありましたが、私の作るものは意味をなさない系が多いので、語呂自体を覚えられないという危険性もあり。その辺は参考にしていきたい。
 でも本をはじめから読むというのは捨てがたいんだよな。
タグ:お勉強
posted by うらぢ at 23:19 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月08日 Friday

読んだ本09-042 世界を読みとく数学入門

世界を読みとく数学入門  日常に隠された「数」をめぐる冒険 (角川ソフィア文庫)
小島 寛之 (著)
角川学芸出版
発売日:2008-10-25
発送時期:在庫あり。
ランキング:42714
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 分からないけど、それが面白い
おすすめ度5 この視点の本が、もっと出てきてくれれば。
おすすめ度5 数学教養書の成功例
おすすめ度4 数学を実用化する
おすすめ度4 間口は広いが


 数学入門だけど中身は結構濃いので当然のごとく一読だけでは理解できないし、わからなくてもいいやというくらいの心構えが必要。それさえあれば、結構楽しめる。というか、数学って深すぎて私にはとても届かない世界だなと。いまだに量子コンピュータの意味がつかめていないのだが。
 文系のための数学本は他にも欲しいくらいだな。
タグ:数学
posted by うらぢ at 01:57 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月06日 Wednesday

読んだ本09-041 落日燃ゆ

落日燃ゆ (新潮文庫)
城山 三郎 (著)
新潮社
発売日:1986-11
発送時期:在庫あり。
ランキング:3285
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 国家の体制とは。。。
おすすめ度5 今の時代に広田がいたら
おすすめ度5 ドラマが良かったので。
おすすめ度5 自ら計らわぬ
おすすめ度5 日本を愛する人に。


 戦前の首相広田弘毅の伝記のような話。東京裁判では文官としては唯一A級戦犯による死刑執行を受けているが、この小説ではどうすることもできなかった感が強いような印象を受ける。まあ集団の暴走は簡単に止められないし、この時代の日本軍は組織として体をなしていなかったとも言える。それは今の集団でも上下関係にも垣間見えるのではないかと思う。
 彼の裁判を受ける姿はある種の諦めがあったのか、人嫌いだったのか。やはり声高の人が有利なんだよなあと思わせる話である。

広田弘毅 - Wikipedia
タグ:歴史
posted by うらぢ at 02:15 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月02日 Saturday

読んだ本09-040 「戦場」から学ぶ仕事術

「戦場」から学ぶ仕事術―クビを切られない「戦う男」の鉄則 (講談社プラスアルファ文庫)
柘植 久慶 (著)
講談社
発売日:2009-03-18
発送時期:在庫あり。
ランキング:106367


 仕事術というよりも、戦場にまつわる話、そのた余談の方が面白い感じでした。
 あとは現状に居続けることを諦めたいなとも。 
posted by うらぢ at 02:37 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月30日 Thursday

読んだ本09-039 「人間嫌い」の言い分

「人間嫌い」の言い分 (光文社新書)
光文社
発売日:2004-10-16
発送時期:在庫あり。
ランキング:78358
おすすめ度:3.5
おすすめ度4 「人間嫌い」だっていいじゃん!
おすすめ度3 人間嫌いとしての著者の経験を書いて欲しかった
おすすめ度1 わからん
おすすめ度4 日本的社会への反発と挑戦
おすすめ度3 日本的つるみへの反発


 最初は漱石マニアかと思えるくらい漱石作品からの引用が目立ったけど、いろいろな作家の話が出てきて興味深い。海外の作家ものがあればどうだっただろうと言うよりも、その方面でどうなもかも気になる。
 私も人間嫌いと言える人種であるが、なかなかそれでも生きていけると思うほど達観していない。まあ周りにはそう見えているかも知れないけど、心の裡は複雑な心境だったりする。これでなおかつ女性が苦手とあれば、この人生で浮かぶことはないだろうと思いつ。これもなかなか複雑なのだ。
タグ:組織
posted by うらぢ at 02:20 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月28日 Tuesday

読んだ本09-038

水滸伝―完訳 (5) (岩波文庫)
岩波書店
吉川 幸次郎(翻訳)清水 茂(翻訳)
発売日:1999-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:155137


 まだまだ梁山泊は拡大中。力が正義なのは相変わらずで、話の筋は面白いけど、高く評価する意義が未だに見いだせないでいる。
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 02:16 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月26日 Sunday

読んだ本09-037 晩年

晩年 (新潮文庫)
新潮社
太宰 治 (著)
発売日:1947-12
発送時期:在庫あり。
ランキング:5156
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 仮面を被りながら魂で読者と対峙した作品
おすすめ度5 咲クヨウニ。咲クヨウニ(敗者の祈り)
おすすめ度4
おすすめ度5 傑作
おすすめ度5 糧のためではなく、嘔吐の如く書かれた作品


 私は短編の読み方を心得てないせいか、あまり嵌らず。一通り読んで、これらの作品群に戻るというのが案外良いのかも。私はまだ彼の作品をよく知らないわけだし。
タグ:文学
posted by うらぢ at 13:04 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月20日 Monday

読んだ本09-036 学問のすすめ 現代語訳

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
筑摩書房
福澤 諭吉 (著)、
斎藤 孝(翻訳)
発売日:2009-02-09
発送時期:在庫あり。
ランキング:1731
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 学問のすすめのすすめ
おすすめ度5 現代語訳で良かった
おすすめ度5 現代語訳で初めて読んで驚いた! この本の本質は「日本最強のビジネス書」である。学生はもちろん、むしろ全てのビジネスパーソンにこそ是非とも、読んでいただきたい
おすすめ度5 どんな年代の人にもおすすめです。
おすすめ度5 自己啓発?いや、国民啓発の凄いやつ


 私は原文を読んだことが無いのだが、そんなに読みにくいものだろうか?一度青空文庫でも覗いてこよう。
 明治1ケタの時に西洋のこともいろいろ知っているし、だからといって西洋一辺倒ということもなく、多方面の視野から物事を考える。こういったことに感心しました。私はこの思想が凄いというよりも、実際船で欧米を肌で感じてはいるものの、テレビはおろか、ニュースでの伝達もほとんどなかったであろう時代にこういう考えが出来ていること自体がやはり偉人であったなと感じた。多分今の日本の状況を見ても彼は良い時代とは思わないだろうな。

福澤諭吉 - Wikipedia
タグ:思想
posted by うらぢ at 23:23 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月18日 Saturday

読んだ本09-035 ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人

ソフトウェア開発 で伸びる人、伸びない人 (技評SE新書002)
技術評論社
発売日:2006-01-19
発送時期:在庫あり。
ランキング:29957
おすすめ度:4.0
おすすめ度3 自分の行いを見つめなおすきっかけになるかも?
おすすめ度5 ソフトウェア開発のエッセンス
おすすめ度5 元気がでる本
おすすめ度4 ソフトウェア開発者の格差社会
おすすめ度4 ポイントやキーワードは、基本的なビジネス共通なものです


 この業界は経験年数よりも努力とセンスが結構ものをいう。経験3年でもfor文の中に同じ変数に代入し続けるトンでもないコードを書く人がいるしなあ。私も対人スキルが劣っているので、いろいろ気をつけないといけないなと。
posted by うらぢ at 12:45 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物

2009年04月16日 Thursday

読んだ本09-034 鏡は横にひび割れて

鏡は横にひび割れて (クリスティ文庫)
早川書房
アガサ・クリスティー (著)
橋本 福夫(翻訳)
発売日:2004-07-15
発送時期:在庫あり。
ランキング:204475
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 イギリス文化とアメリカ文化
おすすめ度2 マープル物のワースト2
おすすめ度3 単純な話なんですね
おすすめ度5 シャロット姫=?
おすすめ度3 題名が良いですね


 マープルもの。少し内容に触れますので、折りたたんでおきます。続きを読む
タグ:ミステリ
posted by うらぢ at 21:44 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月15日 Wednesday

読んだ本09-033 「人たらし」のブラック謝罪術



 経験則だけに基づくのではなく、誰かが調査したデータを引用しているが、童顔は他人からの援助を引き出しやすいとか、そういうこと良く統計を取ったなと思うものもあったりして、そういう面で楽しめる本。まあそのデータも少し数字が上でも良しと思えるかだな。少し改善ぐらいでは術と呼べるのかなと思ったり。
posted by うらぢ at 00:51 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月12日 Sunday

読んだ本09-032 他人を見下す若者たち

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)
速水 敏彦 (著)
講談社
発売日:2006-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:26124
おすすめ度:2.5
おすすめ度5 これをどう読むかのオーディエンス研究も面白いかも
おすすめ度1 期待はずれ、の感は否めない。
おすすめ度4 明るい希望が欲しいレベル 『LV95』
おすすめ度4 省みず、著者を見下す若者たち
おすすめ度5 題名、帯はセンセーショナルだが


 著者のいいたいことはわかるのだが、集団というのは目立つ方をよく見てしまうもので、今回の「若者」も目立ったケースを中心に論理構成をしているように感じる。データでは他人を低く評価する仮想型よりも萎縮型の方が多かったりしている。別に年齢が上の人でも傍若無人の人はいますよ、とは言いたくなりますが、やっぱり若い人の行動は気になってしまうんでしょうな。
posted by うらぢ at 13:34 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月08日 Wednesday

読んだ本09-031 知的創造のヒント

知的創造のヒント (ちくま学芸文庫)
外山 滋比古 (著)
筑摩書房
発売日:2008-10-08
発送時期:在庫あり。
ランキング:66897
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 中絶読書は知的創造力を向上させる!?
おすすめ度4 平易な文章に、含蓄ある比喩を交えて、知的創造のヒントを語る
おすすめ度4 新刊書と同じことを、30年前の本が既に指摘していた
おすすめ度4 「(発見の)チャンスは準備された心を持つ人に味方する」(パスツール)。では、その"心の準備"の仕方とは?


 書くこと、読むこと、知ること、メモ取ることなどいろいろなことをエッセイ風に綴られている。もの書きが苦手な私にとって書くことについては少し考えさせられる。ネットのせいで書くことへのハードルは低くなっているが、気合いを入れないと書けないとかそういうことはないしなあ。生業としているか、そうでないかの差なのかも知れませんが。
 しかしこの著者は三上(さんじょう)の話が好きだな。それは「馬上(馬上)」すなわち馬の上、「枕上(ちんじょう)」、すなわち枕の上、「厠上(しじょう)」、トイレにての3つのこと。中国の欧陽州が思いつくのに適した場所にこれらを挙げている。
知恵の輪ニッポン - 多喜義彦の一語いい知恵 : 三上:自由な環境の中からアイデアは生まれる
posted by うらぢ at 22:40 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年04月07日 Tuesday

読んだ本09-030 30歳からの成長戦略

30歳からの成長戦略―「ほんとうの仕事術」を学ぼう (PHP文庫)
PHP研究所
山本 真司 (著)
発売日:2007-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:132566
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 30代には20代と違った戦略がある
おすすめ度5 『集中と弛緩』
おすすめ度5 評判のベストセラーが待望の文庫本に


 勉強にも取捨選択が必要。差別化を図るのに他人と違うことをやってみる。私には捨てる技術がまだまだ足りないので、その辺は今後考慮する必要がある。必要だけど時間をかけるべきでない勉強の方法もあるけど、熟読は避けよだな。最近その辺の呼吸がわかってきた。
 この著者はコンサルの人なので、それを加味してみないと普段の仕事とかけ離れている人が読むと当てはまることが少ない気もする。
 まあ私自身、実世界でもネット上でもはぐれメタルなので、ネットワーク作りが最大の課題なんだろうけど、苦手なものを追求するほど気合いもないしなあ。
posted by うらぢ at 23:19 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物