2009年07月21日 Tuesday

読んだ本09-070 人間失格

人間失格 (集英社文庫)
集英社
発売日:1990-11
発送時期:在庫あり。
ランキング:558
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 心の奥をえぐられるよう
おすすめ度4 陽光から逃れるように
おすすめ度4 こんな奴を世に出しちゃいかん、親のせいだよ。
おすすめ度5 後ろを振り返れば
おすすめ度5 気持ちのつよさ、ひたむきさ


 ドス暗い物語を想像していたのですが、意外にも死に対する意識が軽いのか面に出にくいのかあっさりと実行する感じがする。未遂に終わっているのはそういうところに表れているのか?他人ととっつきにくいという割には固定人物があるし、女性とも縁があったりと人の悩みは外からではわかりにくいものだなと。あとは他人もわからない上に自分のこともわからなくなると混乱するだけ、でも他人から助けてもらうわけでもなく、結局は自分自身の問題になる。まあかくいう私もいろいろと逃げ回って、ごまかしつつ生きているわけだが。ただ深く考えないだけ。
タグ:文学
posted by うらぢ at 01:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月18日 Saturday

読んだ本09-069 株式市場の黒幕とヤクザマネー

株式市場の黒幕とヤクザマネー (宝島SUGOI文庫)
松本 弘樹 (著)
宝島社
発売日:2009-06-05
発送時期:在庫あり。
ランキング:3009
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 ヴェンチャー企業とヤクザ


 上場会社を食い物にする人がいるものであるが、そうした裏側を見ていた人が書いているだけにリアリティがある。某バンクも似たものなのだろうか。
 話の中心は実際に著者が会ったこともあるN氏がメインで、仕手株を作り出す側のもうけ方が描かれている。最近は相場に目を光らせることがないのだが、こういった仕手株はまだあるのだろうか?
タグ:
posted by うらぢ at 01:32 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月17日 Friday

読んだ本09-068 ネオ家事入門

ネオ家事入門―これが生活の新常識70 (PHP文庫)
ももせ いづみ (著)
PHP研究所
発売日:2006-07
ランキング:175308
おすすめ度:3.5
おすすめ度2 おっしゃる内容、星五つ!
おすすめ度5 使えます!


 肩肘を張らない家事を提案と言ったところでしょうか。Amazonのレビューではイラストに否定的なものがあったけど、私はアレはアレで良いと思っている。あと洗剤を使わなくとも落ちるとか、なるべく楽する方法もあるし、こういったものが欲しいという提案もある。
 日頃家事とは無縁なパラサイトな人間が役立つときはいつになることやら。
タグ:lifehack
posted by うらぢ at 01:46 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月15日 Wednesday

読んだ本09-067 完訳 水滸伝〈7〉

完訳 水滸伝〈7〉 (岩波文庫)
清水 茂 (翻訳)
岩波書店
清水 茂(翻訳)
発売日:1999-04
発送時期:在庫あり。
ランキング:212503


 遂に108人の豪傑が勢揃いの回。宋江の人間くささが目立ってきた感が。三国志で言えば劉備みたいな感じなんだろな。
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 01:38 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月08日 Wednesday

読んだ本09-066 新釈菜根譚

新釈菜根譚 (PHP文庫 モ 1-5)
PHP研究所
発売日:1988-04
ランキング:108416
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 良い!!!


 処世術のようなものをまとめた本。穏やかな心を持つこと、勤勉であれとか、そんな風に読める。清貧礼賛なところと言い。なかなか平易な文ではあるが、奥深くもある。

菜根譚
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 01:54 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月06日 Monday

読んだ本09-065 孫子の兵法の数学モデル―最適戦略を探る意思決定法AHP

孫子の兵法の数学モデル―最適戦略を探る意思決定法AHP (ブルーバックス)
講談社
発売日:1998-02
ランキング:56207
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 8545
おすすめ度3 AHPを孫子の兵法に例えた一冊!


 「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の考えを数学にしたというもの。孫子の兵法自体あまり出てこない。階層分析法(AHP)が出てくるが、こう言うのってはじめの数値化が妥当かで評価が決まるし、どこまで単純化してよいかがまたまた結論が変わったりしてイマイチ説得性に欠ける気がするのだが、理解していないせいか?



posted by うらぢ at 02:07 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月05日 Sunday

読んだ本09-064 40歳からの肉体改造ストレッチ



 タイトルはゴルフに関する本であるが、ストレッチの本として読んでも良いと思う。図や写真でどのようなストレッチをすべきかに割かれている。年をとるといろいろと体にガタがくるので、どうケアをしていくべきか考えなくてはならないことを感じさせられました。無闇に体を鍛えるだけも考えものと。
 私もまだはっきりと感じてはいないが下り坂のはずなので、それなりのトレーニングをしたいとは思う。
タグ:健康
posted by うらぢ at 02:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年07月04日 Saturday

読んだ本09-063 悪の華

悪の華 (岩波文庫 赤 537-1)
岩波書店
鈴木 信太郎(翻訳)
発売日:1961-01
発送時期:在庫あり。
ランキング:328508
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 素晴らしい
おすすめ度4 フランス製の古いワインのような詩集
おすすめ度4 鈴木信太郎の歴史的名訳


 旧字体が多いのには慣れが必要かも。
タグ:文学
posted by うらぢ at 00:19 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月29日 Monday

読んだ本09-062 海の都の物語〈1〉

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
塩野 七生 (著)
新潮社
発売日:2009-05-28
発送時期:在庫あり。
ランキング:623
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 地中海世界の1000年をたどる
おすすめ度5 半分つまり1冊読んで考えた、、、
おすすめ度5 優れた歴史書


 イタリアの商業都市国家ヴェネツィアの物語。1000年も続くのはビザンティンと同じくらいの長さになる。大航海時代後もナポレオンに滅ぼされるまでも生きていたことになるけど、こういった衰亡史にも関心がある。
 今のところは勃興期にあたるが、既に第4回十字軍の話で地中海の覇権を握ろうとしている時期に当たるのか?第4回十字軍も身内から敵を手を結ぶことがあるとトンでもないことが起こる証明に感じる。
 実際の世界史ではこういった奥深いところまで知ることがないので、いろいろと初見の事実もあるし、歴史は深いと思わせる。
タグ:歴史
posted by うらぢ at 23:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月25日 Thursday

読んだ本09-061 我が名は青春のエッセイドラゴン!

我が名は青春のエッセイドラゴン! (角川文庫)
大槻 ケンヂ (著)
角川書店
発売日:2004-12
ランキング:35342
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 時代に閉塞感を感じている若者よ!本書を読むがいい!
おすすめ度5 最初の一冊
おすすめ度5 20代の人に読んでほしい
おすすめ度5 共感できる
おすすめ度5 笑える


 大槻ケンヂ氏の自伝風エッセイ。比較的バカをやっていない小生は得なのか、損なのか。まあ話の輪に加わることがなければさほどではないかも。あと、後半の妙な本の紹介やそういったサブカル的な話には思わずニヤリと。私がここで書いていることが如何に小さいことかがわかった気がするよ。
 私が大槻ケンヂと言えばとなるとこれ↓。
デーモン・オーケンのラジオ巌流島 - Wikipedia
posted by うらぢ at 22:19 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月23日 Tuesday

読んだ本09-060 「韓非子」を見よ!

「韓非子」を見よ! (知的生きかた文庫)
守屋 洋 (著)
三笠書房
発売日:2009-04-20
発送時期:在庫あり。
ランキング:68658


 「韓非子」の中から抜粋して別の史実を例示しながら解説している。
 守屋さんの説明がわかりやすく、言っていることが現代にも通ずることがはっきりとわからせてくれる。対象が人間の心理で、性悪説というよりも他人の欲望を如何にうまく利用するかという気もします。
 矛盾もこれが元なんだな。あと待ちぼうけのエピソードも出てきます。中国起源とは知りませんでした。後々、原典でも読みたいものです。
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 00:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月19日 Friday

読んだ本09-059 桜の園・三人姉妹

桜の園・三人姉妹 (新潮文庫)
新潮社
チェーホフ (著), 神西 清 (翻訳)
発売日:1967-08
発送時期:在庫あり。
ランキング:49637
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 解説について
おすすめ度2 それほど面白くもない。
おすすめ度4 過去を引きずる人々
おすすめ度5 チェーホフそして・・神西清のやさしさ
おすすめ度5 端正で詩的な美しい日本語の名訳。


 1回通読するくらいでは理解できないのかな。あるいは私の理解力不足か?
タグ:文学
posted by うらぢ at 22:41 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月18日 Thursday

読んだ本09-058 [緊急版] 会社はこうして潰れていく

[緊急版] 会社はこうして潰れていく
中経出版
発売日:2008-12-25
発送時期:在庫あり。
ランキング:21206
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 空想うんちくよりも事実から学ぼう!
おすすめ度3 つぶれていく企業の共通点とは・・・
おすすめ度5 潰れてはじめてわかる
おすすめ度3 最近の倒産の動向を知りたい方にはおすすめ
おすすめ度4 企業経営者・経営幹部なら一読しておいて損はない1冊。


 リーマンショックもあり倒産する会社が増えたのでこの本を出版することになったのだろうか。一昔前も同様の本がありましたが、その当時と違うのは資金の引き上げの早さか。黒字でもキャッシュフローがないとダメとか、不祥事を起こしたら潰れるところまで行ってしまうとか。新興不動産業者が多いこともそういったところか。私も倒産した会社の株主だっただけに軽い犠牲者ですが。
タグ:倒産
posted by うらぢ at 01:44 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月16日 Tuesday

読んだ本09-057 ゆらぎの世界



 揺れから、統計、予測、音楽に至るまで様々なゆらぎを扱っている。最後の方では教育の話まで及んでいるが、昭和55年頃って教育の平等化とかやっている時代か。私の高校時代もその流れのままでしたが。
タグ:科学
posted by うらぢ at 01:52 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月12日 Friday

読んだ本09-056 夢を実現する戦略ノート

夢を実現する戦略ノート―頭のいい人! (知的生きかた文庫)
三笠書房
John C. Maxwell(原著)斎藤 孝(翻訳)
発売日:2009-02
発送時期:在庫あり。
ランキング:9645
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 「試合は予定が組まれていてプレーしなければならない-やるなら勝つしかない」(泣)


 私に不足しているものは人生の目標を持つこと、力になる仲間を持つこと、人の輪を広げること。あとは捨てる技術だな。
 それにどうしようもない人をきっちりと教える気がしない。あまり他人のせいにしない性格だが、出来が悪く自分の手を取られてばかりいる状況だと足を引っ張るなよと思ったりする。
 あと、この本には現状に甘えることなく厳しい方を選ぶようにというようなことを書いてありましたが、今の仕事も見切りを付けようかと考えさせる場面でした。
タグ:啓発
posted by うらぢ at 01:13 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月11日 Thursday

読んだ本09-055 多読術

多読術 (ちくまプリマー新書)
筑摩書房
松岡正剛 (著)
発売日:2009-04-08
発送時期:在庫あり。
ランキング:368
おすすめ度:4.5
おすすめ度3 本と向き合う著者の生活スタイルに脱帽
おすすめ度5 読書が双方向コミュニケーションなのか!
おすすめ度4 読書というライフスタイル
おすすめ度4 ■それぞれの読書道を極める為に!
おすすめ度5 読書は著者とのコラボレーション


 読書のスタイルは自由だというようなことを述べた書といえるが、私がそのことを実感しているのはつい最近のこと。まだまだ本に直接書くようなことをしないけど、書く能力はこういったことで培われるのかと思った。自分には大いに欠ける部分なので、見習わねば。
 私は○読で当てはめると素読、粗読、といったところか。最近はチェンジオブペースを学んだし。速読は全然モノにできないが、気にしないのも一法だな。
タグ:啓発
posted by うらぢ at 00:01 | 京都 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月09日 Tuesday

読んだ本09-054 ヴェニスの商人

ヴェニスの商人 (新潮文庫)
新潮社
シェイクスピア (著)
福田 恒存(翻訳)
発売日:1967-10
発送時期:在庫あり。
ランキング:129027
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 シャイロックの悲運をどうとらえるか
おすすめ度5 商人道とは何か
おすすめ度4 悲惨なシャイロック
おすすめ度4 智恵くらべ
おすすめ度4 絵に描いたような喜劇


 悲劇か喜劇かちょっと論争があるらしく、演じ方によっても変わるとのこと。私はまだ観たことも読んだこともなく、例の有名な箇所のみを知るだけだった。ただそれ以外にも多重の様相があり、その織り合いも見所の一つか。

 商人シャイロックはユダヤ人であるのと同時に、ひねた性格のため、裁判官も敵にしてしまい、法律に基づいている体裁で強引な判決を下されてしまう。こういった裁き方は世論の動きで裁判が動かされうることを予言していたのか?
タグ:文学
posted by うらぢ at 00:22 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月07日 Sunday

読んだ本09-053 水滸伝―完訳 (6)

水滸伝―完訳 (6) (岩波文庫)
岩波書店
吉川 幸次郎(翻訳)清水 茂(翻訳)
発売日:1999-03
発送時期:在庫あり。
ランキング:302646


 梁山泊はまだまだ拡大中。今回は梁山泊絡みの戦いが多く、魔術が出てきたり、現実離れした部分も突出してきている。しかし雑兵たちはどこから来ているのだろうか?親分衆の元部下か?
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 00:26 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年06月03日 Wednesday

読んだ本09-052 わかっているようでわかってない科学の基礎知識

わかっているようでわかってない科学の基礎知識 世界を変えたビッグ・アイデア20 (だいわ文庫)
大和書房
仁熊 裕子(翻訳)
発売日:2009-04-08
発送時期:在庫あり。
ランキング:18469


 最新の科学を簡単にまとめましたというような本。当然のごとく何のことやらとわかっていないこと必至であるが、こういう世界があるのかというのを垣間見るというのも大切なのかも。
 ベイズの定理は何度読んでもピンとこないなあ。あと、宇宙の話は想像を超えた話になっているなと。
タグ:科学
posted by うらぢ at 01:11 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年05月29日 Friday

読んだ本09-051 プロ棋士の思考術

プロ棋士の思考術 (PHP新書)
PHP研究所
発売日:2008-06-14
発送時期:在庫あり。
ランキング:142928
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 小学生からプロの道がある囲碁の世界
おすすめ度4 率直に自身の考えを
おすすめ度3 「プロ棋士の思考術」を徹底的に突き詰めて欲しかった
おすすめ度4 名人が自分をさらけだしてくれた
おすすめ度5 「答えのないものを考え続ける習慣が人間を強くする」


 囲碁界の第一人者だし、プライドがあり、自分をよく見せたい思いがちなのだが、自分の弱さを正直にさらけ出したのがまず凄い。プロ入りして活躍して、それから遊ぶ生活をしたり、名人戦の前日にゲームの三国志に嵌ったり、ギャンブルで借金を作ったり、噂でいろいろ出るのも頷ける豪快な人だ。
 本人は学校での成績が良くなかったそうだが、様々なことを碁に例えてみたり、勝負術みたいなことへの言及を見て、碁を通じて人生を学んでいることを窺わせる。
 はじめに勝ち続ける8つのKと題して、大局観を形成するに大切な要素を挙げられていますが、8つ目の虚仮の一念。虚仮とは愚かな者と全然良くない意味であるが、名人戦のようなタイトル戦で大きな力となりうるものらしい。私は無心という意味かと思ったけど、少し読み直すとそうでもないようだ。そのようなことを理解するにはまだまだだな。
posted by うらぢ at 23:23 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物