2011年02月28日 Monday

読んだ本11-011 オセロー

オセロー (新潮文庫)
シェイクスピア 福田 恒存

4102020020

 タイトルロールであるオセローの葛藤よりもイアーゴの奸計の方が主題歌と思ってしまう劇。オセローをだましたのまでは良いが、結局はイアーゴも自ら災いを受けてしまうのは結局、だましたオセローだけではなく、周囲の人物の影響や行動の結果を読みとらないといけない。そんなことは所詮不可能さということ。

関連商品
リア王 (新潮文庫)
マクベス (新潮文庫)
ハムレット (新潮文庫)
ロミオとジュリエット (新潮文庫)
ヴェニスの商人 (新潮文庫)
by G-Tools
タグ:文学
posted by うらぢ at 00:55 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年02月07日 Monday

読んだ本11-008 高校野球「裏」ビジネス

高校野球「裏」ビジネス (ちくま新書)
軍司 貞則

4480064079

 こういった高校野球界を否定的に捉える書というか、少年野球から高校、そしてプロに行く人達の流れを紹介している本のように感じる。もちろん以前に話題になった特待生の問題は触れられているが、何が問題かを追及しないままうやむやになっている。
 ただ地方の高校が金を使って選手を採ってきて、宣伝になるとはいえ元が取れるのかという疑問は解決してくれません。そこは本書の意図とは違うというと言えばそうなんですが。


関連商品
高校野球が危ない!
少年野球と甲子園―中学野球の組織と現場
甲子園 裏事件史 (別冊宝島―ノンフィクション (1551))
永遠の球児たち―甲子園の、光と影
四番、ピッチャー、背番号1
by G-Tools
posted by うらぢ at 00:20 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月31日 Monday

読んだ本11-007 本当は嘘つきな統計数字

本当は嘘つきな統計数字 (幻冬舎新書)
門倉 貴史

4344981928

 あとがきの名前をみて門倉さんの本だと初めて気づきました。書名通りに統計数字を引用した資料を読む時は注意すべしというもの。ベイズの定理やら、3秒ルールの話やら、小ネタもあったりして気軽に読むことができると思います。実際どうなんだろうという結論もあるんだけど、すべてが納得できるものでもないだろうし

関連商品
加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)
外様大名40家―「負け組」の処世術 (幻冬舎新書)
統計データはおもしろい! −相関図でわかる経済・文化・世相・社会情勢のウラ側−
1円家電のカラクリ0円・iPhoneの正体―デフレ社会究極のサバイバル学 (幻冬舎新書)
統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか? (光文社新書)
by G-Tools
posted by うらぢ at 23:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月30日 Sunday

読んだ本11-006 「ぼうず丸もうけ」のカラクリ

「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
ショーエンK

4478009406

 僧侶の日常やどれくらい儲かっているのやら、お布施ってどうなのといった一般の人が疑問に思いそうなことを答えてくれる本。実際檀家さんを抱えている寺院は有利な訳ですな。

関連商品
お寺の経済学
お坊さんが隠すお寺の話 (新潮新書)
お坊さんが困る仏教の話 (新潮新書)
坊主の常識・世間の非常識―拝金主義の坊主や葬儀社にだまされてはいけない!
お坊さんだって悩んでる (文春新書)
by G-Tools
posted by うらぢ at 22:48 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月24日 Monday

読んだ本11-004 ピーターの法則

ピーターの法則
ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也

4478760853

 人は昇進すると無能レベルに達する。80:20の法則を皮肉的に解した感じもする。昇進して本人に合わない仕事をするよりも昇進しない方法を選ぶというのが、最後の処方箋として提示されている。社会的な病理に改善なんて空絵事を書くなんて著者にはできなかったんだろうなと。本当はこういうことを周知されることで、全体的に改善を促すという事が本来なのだろうけど、流布していないところを見ると全く期待していなくても詮無しというところか。

ピーターの法則 - Wikipedia


関連商品
木を植えた人
ラ・ロシュフコオ 箴言と考察
パーキンソンの法則
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
史記〈1〉覇者の条件 (徳間文庫)
by G-Tools
タグ:組織
posted by うらぢ at 00:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月11日 Tuesday

読んだ本11-003 脳力200%活用!究極の勉強法

脳力200%活用!究極の勉強法 (宝島SUGOI文庫)
別冊宝島編集部

479666937X

 各方面の第一人者が自分が採ってきた勉強法や自分の考えを披瀝している。これを見ると王道がないというか、人様々だなあと言う感じ。切羽詰まった人には向かないだろうなと。
 私は短時間で切って次々変更していく我流を作ったので、あとはある程度速く読む技術がほしいと思っているところだ。

関連商品
仕事力がアップする!!話す技術 聞く技術 (宝島SUGOI文庫)
思考のプロに学ぶ!「考える」極意 (宝島SUGOI文庫)
あなたの勉強法はどこがいけないのか? (ちくまプリマー新書)
コリン・ローズの加速学習法実践テキスト―「学ぶ力」「考える力」「創造性」を最大限に飛躍させるノウハウ
言われた仕事はやるな! (朝日新書)
by G-Tools
タグ:お勉強
posted by うらぢ at 00:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月10日 Monday

読んだ本11-002 IMF(国際通貨基金) - 使命と誤算

IMF(国際通貨基金) - 使命と誤算 (中公新書)
IMF(国際通貨基金) - 使命と誤算 (中公新書)大田 英明

中央公論新社 2009-11-26
売り上げランキング : 44841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


IMFの歴史と現在の課題、今度どうあるべきかをまとめた本。正直、面白みを求めるのではない。IMFは90年代以降に南米と東アジア、東南アジア圏で条件に緊縮材を求め、結局それが足かせとなり、失敗したせいで権威は失墜気味。ただアメリカ主導なところがあるため、抜本的改革は困難。近年はIMFをスルーする動きもあるけど、まだまだ本格的ではない。最近もパキスタンで経済改革を巡って政権が紛糾していたがこれもIMFが絡んでいる。

グローバル化経済の転換点 - 「アリとキリギリス」で読み解く世界・アジア・日本 (中公新書) 国際金融危機とIMF 戦後世界経済史―自由と平等の視点から (中公新書) 入門 国際金融 This Time Is Different: Eight Centuries of Financial Folly
タグ:経済
posted by うらぢ at 00:06 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2011年01月01日 Saturday

読んだ本11-001 アップルvs.グーグル

アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)
アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)小川 浩 林 信行

ソフトバンククリエイティブ 2010-07-20
売り上げランキング : 48752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 GoogleとAppleの携帯戦略を中心に企業の特徴をどういう物かを表している。日本の企業と対比して読めば、日本企業が弱いところがあぶり出されてくるのではないかと。
 日本の会社は如何に失点しないかを重視しているような所があるので、新機軸を打ち出しにくい。この本では新機軸を打ち出しても失敗なりの成果を蓄積できていないと述べているけど、既存の大手企業はそうだとしても生きのいい若い企業がそれほどないのはなぜなんでしょうね。

アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争のゆくえ (光文社新書) Googleの正体 (マイコミ新書) グーグルvsアップル ケータイ世界大戦 ~AndroidとiPhoneはどこまで常識を破壊するのか ソーシャルメディア維新 〜フェイスブックが塗り替えるインターネット勢力図〜 (マイコミ新書) グーグル革命の衝撃 (新潮文庫)
タグ:企業
posted by うらぢ at 22:46 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月31日 Friday

読んだ本10-102 今こそルソーを読み直す

今こそルソーを読み直す (生活人新書 333)今こそルソーを読み直す (生活人新書 333)
仲正 昌樹

日本放送出版協会 2010-11-06
売り上げランキング : 49736

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ルソーの現在的意義を探る本。とは言え、あまり理解していないのでまた復習をば。
タグ:思想
posted by うらぢ at 00:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月29日 Wednesday

読んだ本10-101 図解 超高速勉強法

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!
椋木 修三

経済界 2004-11
売り上げランキング : 2318

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 何よりもとりあえずやることから始めてみようと思った。
タグ:お勉強
posted by うらぢ at 21:43 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月25日 Saturday

読んだ本10-100 電子書籍の時代は本当に来るのか

電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)
歌田 明弘

筑摩書房 2010-10-07
売り上げランキング : 18316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 Googleが行う図書館の本を全スキャンする野望は実現するとなかなか凄いな。日本の著作権切れの書物でもやってほしいものだが、いまのスキャン技術で精度の高い識字を期待するのは土台無理なので、Googleだけでも難しそうな問題ではある。
 日本が電子書籍に戸惑っている間に、英語が覇権を握ってしまうかもという話にはちょっと業界だけの問題ではない感じもします。
posted by うらぢ at 23:55 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月24日 Friday

読んだ本10-099 今さら聞けない三国志のツボ

今さら聞けない三国志のツボ今さら聞けない三国志のツボ
神保 龍太 阿部 幸夫

日本文芸社 2004-09
売り上げランキング : 1019308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 いろいろと検証的に書いているところが特色。諸葛亮の死後も晋の成立までフォローしているところが三国志好きなことを窺わせる。
タグ:歴史
posted by うらぢ at 00:45 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月23日 Thursday

読んだ本10-098 現代語訳 論語と算盤

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
渋沢 栄一 守屋 淳

筑摩書房 2010-02-10
売り上げランキング : 182

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by うらぢ at 09:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月21日 Tuesday

読んだ本10-097 強欲起業家

強欲起業家 (静山社文庫)強欲起業家 (静山社文庫)
有森 隆

静山社 2010-09-07
売り上げランキング : 129707

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最後の三木谷氏は成功者だけど、大方は失敗した人の歴史。鍋島氏の相場師の話でも短期間だけの栄華な人が昔にも居たんだから、現代にいてもおかしくないということか。
タグ:企業
posted by うらぢ at 23:13 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本10-096 渋沢栄一 100の訓言

渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)
渋澤 健

日本経済新聞出版社 2010-08-03
売り上げランキング : 28304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 著者は渋澤栄一の玄孫にあたります。構成は原文と現代語訳、解説が2ページ単位で100個にしてまとめられている。解説も古典の引用がある訳でもなく、非常に身近な例を持ち出してわかりやすい構成です。逆にそのようなことを期待する人には向いていないです。

 しかし、青空文庫に渋澤栄一の著作がないのは残念なかぎりで。
posted by うらぢ at 00:21 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月19日 Sunday

読んだ本10-095 語源でわかった!英単語記憶術

語源でわかった!英単語記憶術 (文春新書)語源でわかった!英単語記憶術 (文春新書)
山並 陞一

文藝春秋 2003-01
売り上げランキング : 5603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 1回通して読んだだけですが、これは自分でまとめてこなすには結構努力がいりそうです。語源で覚えようとするにはそれなりの長期戦略が必要かなということを感じさせられました。
タグ:英語
posted by うらぢ at 09:15 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2010年12月14日 Tuesday

読んだ本10-094 龍は眠る

龍は眠る (新潮文庫)龍は眠る (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1995-01
売り上げランキング : 97411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 主人公が偶然出会う2人の異能力者。ある事件に巻き込まれることで。。。現実にない能力を自然と話に溶け込めるところがすごい。
posted by うらぢ at 23:56 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。