2010年03月13日 Saturday

読んだ本10-026 ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉

ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)塩野 七生 (著)
新潮社 2009-08-28
売り上げランキング : 10185

おすすめ平均 star
star筆の衰え
starローマ帝国がローマ帝国らしさを失っていく
star歴史を創った戦闘

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ディオクレティアヌス帝の時代。これまでのローマは蛮族の略奪や皇帝が殺害等で目まぐるしく変わる混迷の時期だった。ようやく彼の時代になって安定を取り戻すのだが、それと引き替えに巨大な軍隊や官僚組織を必要とした故に、後世に負の遺産を残すことになった。とは言え、初期帝政のような歩兵中心の軍隊で統治できる時代でなくなっていたのであろう。巨大な帝国を維持するのは困難になりつつあったのかも知れない。ディオクレティアヌスはその時代に合わせた政策を採ってきたはずで、その時は巨大な浴場を建設するほど国力はまだ充分にあった。その時は良くても、あとになって負の遺産がと言われる。政治の難しさを感じる一幕である。
 著者も触れられていたが、初期帝政を小さい政府とすれば、このディオクレティアヌスの時代は大きな政府の時代。今のご時世と若干被る。
タグ:歴史
posted by うらぢ at 00:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ローマ人の物語34/【12】迷走する帝国(下)
Excerpt: ローマ皇帝が敵の捕虜になるというローマ史上初めての不祥事は、多民族国家である帝国のあらゆる面に影響をもたらしていた。この不祥事はローマ皇帝の権威失墜であり、帝国を守る軍団の分裂を招き、世にいう「三十人..
Weblog: たび☆めし☆うま BLOG
Tracked: 2010-03-24 00:25