2009年05月31日 Sunday

株式会社ジョイント・コーポレーション 会社更生法の適用を申請

  • ジョイントが負債1476億円で破たん、6月30日付で上場廃止

  •  別の会社だけどマンション関連の株を持っているだけに不安。不動産の会社は景気が良くなると値が上がるけど、下がるとどん底の傾向があるので景気が悪いと買いと単純に考えると危ないということなんだね。
     とにかく週明けの動きが気にかかるところだ。

    大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

  • asahi.com(朝日新聞社):GM株、終値1ドル割れ ダウは続伸、96ドル高 - ビジネス・経済

  •  1933年以来とのことだが、その当時も経営は危なかったのだろうか? 



    posted by うらぢ at 02:31 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年05月29日 Friday

    読んだ本09-051 プロ棋士の思考術

    プロ棋士の思考術 (PHP新書)
    PHP研究所
    発売日:2008-06-14
    発送時期:在庫あり。
    ランキング:142928
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度5 小学生からプロの道がある囲碁の世界
    おすすめ度4 率直に自身の考えを
    おすすめ度3 「プロ棋士の思考術」を徹底的に突き詰めて欲しかった
    おすすめ度4 名人が自分をさらけだしてくれた
    おすすめ度5 「答えのないものを考え続ける習慣が人間を強くする」


     囲碁界の第一人者だし、プライドがあり、自分をよく見せたい思いがちなのだが、自分の弱さを正直にさらけ出したのがまず凄い。プロ入りして活躍して、それから遊ぶ生活をしたり、名人戦の前日にゲームの三国志に嵌ったり、ギャンブルで借金を作ったり、噂でいろいろ出るのも頷ける豪快な人だ。
     本人は学校での成績が良くなかったそうだが、様々なことを碁に例えてみたり、勝負術みたいなことへの言及を見て、碁を通じて人生を学んでいることを窺わせる。
     はじめに勝ち続ける8つのKと題して、大局観を形成するに大切な要素を挙げられていますが、8つ目の虚仮の一念。虚仮とは愚かな者と全然良くない意味であるが、名人戦のようなタイトル戦で大きな力となりうるものらしい。私は無心という意味かと思ったけど、少し読み直すとそうでもないようだ。そのようなことを理解するにはまだまだだな。
    posted by うらぢ at 23:23 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    COBOL人口はまだまだ多いようだ

  • やはり強いVBとC/C++,軽量言語も人気上昇---プログラマ1100人徹底調査:ITpro

  •  よく利用している言語にCOBOLが多いのは年齢層で上の人が多いことが予想されるけど、よく使うテキスト・エディタにメモ帳派が多いのは日曜プログラマが多いのだろうか?私は今の仕事の前からメモ帳を使わなくなっているのだが。
     私が好きな言語はPerlになるのかな。Lisperが少ない現状もアレなんだが。やはりあの括弧は人を阻む力があるに違いない。





     一応エンジニアとしての素養を積んではいますが、大きな目標を実は持たずに動いている。それでよく続くなというところがあるけど、趣味の延長になっているところがあるためかなと自己分析。ただ今後のキャリアのあり方もあるし、延々と模索もそろそろ止めにしないとな。
     と、前々から思って実行できていない。

     
    タグ:統計
    posted by うらぢ at 01:47 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年05月28日 Thursday

    読んだ本09-050 自助論

    スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
    三笠書房
    サミュエル スマイルズ (著) Samuel Smiles(原著)竹内 均(翻訳)
    発売日:2002-03
    発送時期:在庫あり。
    ランキング:676
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度3 格言の引用がほとんどで、個人的に読みにくさを感じました。
    おすすめ度5 心の軸になる名著
    おすすめ度5 安くて小さな本、でも希望が大きくなる本 人生半世紀を生きて共感できた6つの原則
    おすすめ度4 道徳的な本ですが、活を入れられました。
    おすすめ度4 結局変わらないんだな、やらなきゃいけない事って


     19世紀の書物だが、20世紀前半の書物かと思って読んでいました。あまり人間の生きるべき道はそれ程変わらないってことですな。
     基本は勤勉たれということですが、世の東西を問わずというか、最近は勤勉という言葉自体あまり聞かれなくなった気がします。私も苦に思わず努力を続ける道を模索しています。
     しかし、こういう本は自分が苦境に陥ったとき、世の中が悪いんじゃなく自分が悪いんだと言います。私のような凡人はなかなか自分で道を切り開くことは難しい。
    タグ:啓発
    posted by うらぢ at 23:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    破綻一歩手前

     今日は鼻の調子が非常に悪く、集中力もないし、充実感のない1日でしたわ。
     あと、中身を知らずに本を注文するのはダメだなと感じたよ。

  • 破産法申請の観測強まる=債権者の同意取り付け失敗−9割目標届かず・米GM

  •  これで宣告を言い渡されたというわけですな。9割って当然ながら債権額ベース。株価が1ドル台なんだが、倒産水準とは思えない価格だな。

    Scottrade



    posted by うらぢ at 02:07 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | うらぢ日誌・番外

    2009年05月27日 Wednesday

    セキュア

     バッファオーバーフローが危険だよというのはわかるが、gets()の代替であるgets_s()がgccで使えない(多分)など汎用的でないというのは。

    C/C++セキュアコーディング (SEI SERIES・A CERT BOOK)C/C++セキュアコーディング (SEI SERIES・A CERT BOOK)
    JPCERTコーディネーションセンター

    by G-Tools

    タグ:課題図書 C
    posted by うらぢ at 23:10 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2009年05月26日 Tuesday

    モンゴル大統領選



  • asahi.com(朝日新聞社):モンゴル大統領に野党エルベグドルジ氏 現職を破る - 国際


  •  モンゴル大統領選が行われ、野党が推すエルベグドルジ元首相が51%の得票率で当選。与党、人民革命党で現職のエルベグドルジ氏は47%で敗れた。なんか腐敗ぶりを糾弾されていた模様。
     前回の結果を見ると野党がうまく結集した結果とも言えそうだけど。

    Elections in Mongolia - Wikipedia, the free encyclopedia


  • asahi.com(朝日新聞社):北朝鮮が核実験 短距離ミサイル3発も - 国際

  •  これくらい許されるだろうという意識があるんだろうな。中露がどう反応するのやら。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:23 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年05月25日 Monday

    読んだ本09-049 わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡

    わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡 (中公文庫)
    塩野 七生 (著)
    中央公論社
    発売日:1992-10
    ランキング:256832
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 この1冊でコシモ・メディチ以降のフィレンツェ共和国の歴史がわかります。
    おすすめ度5 市民として生きること
    おすすめ度5 愛すべきマキャベリ


     600ページあまりある大書。マキアヴェッリ登場前の歴史もあるし、マキアヴェッリ死後まもなくフィレンツェ共和国もトスカーナ大公国となって滅亡してしまうので、いささかフィレンツェ興亡史みたいなところもある。
     マキアヴェッリについてマキャヴェリズム、君主論を書いたということしか知らないのでこの本にある人間っぽいというか、俗人ぶりというのにはやや驚いた。1回彼の著作を読んでみないと。
     巻末にフィレンツェ地図があるんだが、いくら外国とはいえ、さりげなく居所を記しているのは時代でしょうか。いまもここに居るとは限りませんが。

    フィレンツェ - Wikipedia
    タグ:歴史
    posted by うらぢ at 21:41 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    違法コピー

  • 石川県職員、PCソフト550本違法コピーして業務に使用 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

  •  550本もコピーしていて組織的でないというのもチェック体制が甘過ぎとなると思うのだが。まあ管理側がそういうことへの意識が甘いし、コピーした方も罪の意識が薄いから、こうも多くなってしまったとなるんだな。記事を書いている側も実は、ってことはないんだろうなさすがに。

  • 朝日新聞社、初の税引き後赤字に

  •  ネットとか、活字離れ以前にやはり景況悪化が大きいんだろうな。
     リストラとかやるんだろうか?

    [PR]ひと晩5冊の本が速読できる方法



  • アスキー、「NETWORK magazine」「UNIX magazine」を統合

  •  この話は今更知ったよ。どちらもお世話になっていなかったけど。
     Kグループに行ってから変わったなあという印象。
    posted by うらぢ at 01:44 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年05月24日 Sunday

    ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集(レーゼル/ベルリン響/サンデルリンク)



    Peter Rosel (ピアノ)
    ベルリン交響楽団 - Berlin Symphony Orchestra
    クルト・ザンデルリンク - Kurt Sanderling (指揮者)


     ナクソス・ミュージック・ライブラリより。
     よくいろいろな曲が頭の中で流れ、聴きたくなるのだが、最近ラフマニノフのピアノ協奏曲がよぎったので、いくつか聴いて好みのを選びました。
     特に1番が好きな演奏ですね。3番もホロヴィッツの爆演ばかりを聴いているわけではない。
     ちなみに『パガニーニの・・・』を含まない1-4番全てである。
    タグ:NML
    posted by うらぢ at 23:28 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    解決になっていない

     英語って難しいですな。今は読解に注力。しかし、複雑な文もダメだが、うまく関係詞がとれないのならともかく、あさってな訳になってしまうときは全然できないじゃん私。となってしまう。鍛錬をとにかく重ねていきます。

     Gaucheを少しずつ学んでいて思うのだが、読んで理解から使えるまでのステップには大きな道程がある気がする。特にプログラム言語は前の知識が前提で次のことというのがあるからなあ。C言語のような手続き言語だったら、他の言語をやっても応用が効くけど。

     とりあえず、洋書読めるまでの道程はまだまだのようだな。





    「ビジュアル英文解釈」-- 27
    C/C++、iKnow、Perl、Gauche
    posted by うらぢ at 01:52 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2009年05月23日 Saturday

    読んだ本09-048 あなたもいままでの10倍速く本が読める

    あなたもいままでの10倍速く本が読める
    フォレスト出版
    ポール・R・シーリィ (著), 神田 昌典 (翻訳)
    発売日:2001-09-19
    発送時期:在庫あり。
    ランキング:419
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度2 本だけでは10倍速く読む事はできない
    おすすめ度2 実践するのは・・・
    おすすめ度4 なかなか難しいが・・・
    おすすめ度5 大人のためのフォトリーデイングとは・・・
    おすすめ度1 自分には合わなかった


     速読の考え方は何気にわかるのだが、それも他の本を読んだりしているのが大きい。とするとこの本は変に似非科学ぽいことも書かれているので、胡散臭いイメージも持ってしまうかも。

     おそらくここに書いている方法をそのまま実践することもないので、我流をやり続けることになると思う。

     私の思う速読の効用は。
     ・短い時間だから思いついたら実行できる。
     ・短い時間だから時間のとりにくいところでもやろうと思える。
     ・短い時間でこなせるので、繰り返せる。
     ・サクサク進むので、飽きにくくなる(それでも私は飽きが来るけど)
     まあ、まだまだ若葉マークですが。

     ちなみにマインドマップを実践しようとは思わない。そもそもが飽き性、面倒くさがりなので、予め自分ではダメだろうと思っている。
    タグ:お勉強
    posted by うらぢ at 23:41 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    読了 すぐわかる オブジェクト指向 Perl

    すぐわかる オブジェクト指向 Perl
    4774135046深沢 千尋

    技術評論社 2008-06-20
    売り上げランキング : 100582

    おすすめ平均star
    starすばらしいです
    starしつこいくらいに丁寧に解説
    star分かりやすい語り口

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


     リファレンスから入って、クラスを使用するオブジェクト指向なPerlを学び、〆にそれらを使ったCGIを作ってしまおうという指向。
     非常に丁寧に書かれているため、時間を使ったようで、技術書を書く労力と対価があまり見合っていないとなると自然に良書は出にくいものかなと思ったり。
     最近Perlを使用するケースが少なくなっているので、これを機に増やすようにしたいものだ。
     これでアルパカ本に再チャレンジします。
    タグ:技術書 Perl
    posted by うらぢ at 17:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2009年05月21日 Thursday

    戦後最悪でも冷静な感じだ



     予想ではマイナス16%前後だったらしいので、異常事態時にも大きく外さないのは調査力がある証左なんでしょうな。おかげでマイナス値が大きいのにもかかわらずインパクトがそれ程大きくなかった。4-6月期はプラス予想らしいので、これがぶれる時が次の危機ということか。

  • 東京・川崎で初の感染、米から一緒に帰国の女子高生

  •  この一連の報道はマスコミはやっぱり東京が中心にものを見ているんだなと感じる次第で。



    posted by うらぢ at 01:33 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    反応力

     頭がまとまらずにメモ書きになってしまうが。

     同じことを聞いて、なるほどと思って次の知識に活かせるのか。わかっているつもりになって、いざというときに活かせない。
     些細なことから、吸収して自分の力にする。それをスルーしてしまう。
     同じ本を読んで、そんなことわかっているよと思ってしまうのか。この箇所はこういうところに使えるな、とか一部でも取り入れてしまうのか。

     普段仕事から感じることなんだが、できる人とできない人って、日頃見落とすか見落とさない差なのかも知れない。



    posted by うらぢ at 00:11 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2009年05月18日 Monday

    読んだ本09-047 相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学―アインシュタインと膨張する宇宙

    相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学―アインシュタインと膨張する宇宙 (ハヤカワ文庫NF―“数理を愉しむ”シリーズ)
    早川書房
    Amir D. Aczel(原著)林 一(翻訳)
    発売日:2007-05
    発送時期:在庫あり。
    ランキング:98338
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 アインシュタインの知られていなかった一面


     文系からすると結構難解な部類になるんじゃないかと思います。前半はアインシュタインの研究を絡めつつなんだけど、後半は宇宙の話が中心に据えられていて、アインシュタインの宇宙定数やビッグバンの話を絡めていろいろ話が展開していきます。この辺は理論がアインシュタインを離れて一人歩きしていることを象徴しているのでしょうか?結局現在どのようなことが定説なのかわかっちゃいませんが。
     わからないなりに面白かったとは思います。

    宇宙定数 - Wikipedia
    タグ:科学
    posted by うらぢ at 23:39 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    インド総選挙は国民会議派が勝利



     世界最大のインド総選挙(定数545)は国民会議派が中心の与党連合が260議席を獲得する見通しで過半数に近づく勝利。シン首相は続投の見通し。76という高齢がやや気になりますが。

    インド総選挙で与党大勝、シン首相続投へ
    インドの歴代首相 - Wikipedia

  • クウェート議会選、女性4人が初当選

  •  定数50のうち4人とは日本に近づいた感があるな。比率の話であるが。



    posted by うらぢ at 02:00 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    本の収納場所問題

  • 多趣味な大人の隠れ家 レンタル収納ルーム

  •  本の置き場に困り気味なので、レンタルボックスか、いっそのこと安めの賃貸にするか考えていた。今のところは耐えるという選択肢にしているが、この問題が解決していないので何らかの決断が必要になる。ただ今の所得では荷が重い。

    ----------------------

    インフルエンザの問題でマスクをするように家の者から言われた。もらったのが簡易マスクなので、気休め程度だな。今年既に1回かかっているので免疫ができているとかないのだろうか?





    C/C++、iKnow、Perl、Gauche、Bash
    posted by うらぢ at 01:03 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2009年05月17日 Sunday

    読んだ本09-046 私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド

    私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド
    Chabo!を応援する著者の会 (著)
    東洋経済新報社
    発売日:2008-11-28
    発送時期:在庫あり。
    ランキング:12049
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度4 本との出逢い 醍醐味
    おすすめ度5 本選びに役立ち!+気軽な国際協力
    おすすめ度5 雑の妙味
    おすすめ度5 一流の考え方の持ち主の読書法が興味深い


     様々なジャンルの書き手が読書法やオススメの本を紹介する本である。本の読み方も様々で、感銘を受けた本も様々。私の知らない世界へ行く切っ掛けになればと思い、これらのいくつかの本をこれから読んでみたいと思いました。早く読むことを如何に自分のスキルアップに繋げていくかが今後の課題。あと、小飼氏のような大きな書棚が欲しい。
    タグ:Book
    posted by うらぢ at 15:50 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    読み返し

     この本を久々に眺めているけど、まだまだこの本のレベルに達していなかったなあということを感じる。ボチボチ読み返しておきます。

    エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)
    Peter van der Linden 梅原 系

    by G-Tools


    うらぢのやるすく: エキスパートCプログラミング





    「ビジュアル英文解釈」-- 26
    C/C++、iKnow、Perl、Gauche
    タグ:C/C++
    posted by うらぢ at 01:40 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。