2009年02月28日 Saturday

読んだ本09-017 逆転の発想―社会・企業・商品はどう変わる



 もう30年以上前の本なので、時代背景の解説がないとキツイんじゃないかも知れない。まあ外している予測が結構あるのだが、妥当なことを言っているのではなく、たぶん当時からエキセントリックなことを書いていると思うので、こういう提言は貴重なんじゃないかと思う。いろいろなアイディアを生む余地を与える社会であれ。
posted by うらぢ at 19:17 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

終了

 結局同じことを繰り返してしまう。ダメなのはわかっているけど、精神的弱さが結局そうさせてしまう。
 まあ立ち直りの早さが反省を生まないのかも。
posted by うらぢ at 19:05 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

2009年02月26日 Thursday

読んだ本09-016 水滸伝―完訳 (4)

水滸伝―完訳 (4) (岩波文庫)
岩波書店
吉川 幸次郎(翻訳)清水 茂(翻訳)
発売日:1999-01
発送時期:在庫あり。
ランキング:38526


 今回は宋江編といった趣き。数々のピンチを危ないところで救われる宋江。それでも豪傑たちに好かれている辺り人徳なんだなと。まあ血なまぐさい話なんだけど。
タグ:中国古典
posted by うらぢ at 01:15 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2009年02月23日 Monday

財政立て直し


  • 米財政赤字、13年までに「半減」 オバマ大統領、週内表明へ

  •  共和党政権で積極財政をして、民主党政権で倹約するパターンになっているなあ。

  • 立命大アメフット部、古橋監督が勇退 後任は米倉新ヘッド

  •  7年とは短い気がする。しかも日本一になったところだっただけに。



    posted by うらぢ at 02:03 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    駅名しりとり



     水曜どうでしょう風の動画であるが、この投稿者の編集が徹底的で面白い。ただ単に真似ているだけでなくて、如何に見ている人を楽しませるということを心得ているというか。
     企画は新宿からの駅名をしりとりで繋いで大阪まで辿り着こうというもの。これを18切符でやるんだから、大変だ。
     全6話。22日投稿分で完結となった。結果は言いません。
     ここ何週間か本当に楽しませてもらいました。





    C++、iKnow、Perl、C#、Gauche
    最近、デスペの勉強を怠ったままだ。
    タグ:ニコ動
    posted by うらぢ at 00:47 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2009年02月22日 Sunday

    Perlの本を読み中

    すぐわかる オブジェクト指向 Perlすぐわかる オブジェクト指向 Perl
    深沢 千尋

    by G-Tools


     この本を読むとPerlが楽しいものに思えてくるなあ。まだサブルーチンのリファレンスのあたりですが、リファレンスを丁寧に説明してくれるし、ただのサンプルではなくていろいろ学ばしてくれる。もうちょっとPerlを追求してみたいな。私はCGIを作らない人だが。。。

     今の現場は今月で終了なので、C++を中心に据えて今まで勉強を考えていたわけだが、次が何かで変更の必要が。C++で知りたいことがまだまだあるんだがなあ。





    「ビジュアル英文解釈」-- 18。
    C++、iKnow、Perl、C#、Gauche
    タグ:Perl
    posted by うらぢ at 01:46 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2009年02月21日 Saturday

    マーラー:交響曲第5番(ウィーン響/スワロフスキ)



    マーラー:交響曲第5番
    ウィーン交響楽団 - Vienna Symphony Orchestra
    ハンス・スワロフスキー - Hans Swarowski (指揮者)



     ゆったりとしているが、細部に拘ったような感じで、全然飽きさせない演奏。これまでスワロフスキにこれはと思わせる演奏が思い当たらない私であるが、ちょっと世界が広がったような。
    タグ:NML
    posted by うらぢ at 20:41 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    2009年02月19日 Thursday

    読んだ本09-015 政治学の名著30

    政治学の名著30 (ちくま新書)
    筑摩書房
    佐々木 毅 (著)
    発売日:2007-04
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:59835
    おすすめ度:3.5
    おすすめ度4 「ありがたがるべきもの」にとどまらない名著の魅力を伝えてくれる。
    おすすめ度4 学問としての政治への道案内
    おすすめ度3 政治学を志すあなたにオススメ!


     プラトン、アリストテレスもあれば、ロールズのように新しいのもある。古今の名著を紹介している。私は政治学を学んだわけではないので、ミルの「代議制統治論」に関心を持っている。
    タグ:思想
    posted by うらぢ at 21:31 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2009年02月18日 Wednesday

    読んだ本09-014 指導力―「宋名臣言行録」の読み方

    指導力―「宋名臣言行録」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
    日本経済新聞出版社
    山本 七平 (著)
    発売日:2008-12
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:41861


     北宋の政治家の名言等が触れられている。最後あたりの王安石から始める新法党vs旧法党の争いは、政争に明け暮れるどこかの国を彷彿とさせる話で。主張内容よりも自身の地位をどうすべきかに腐心するあたりなんてね。
    タグ:歴史
    posted by うらぢ at 00:13 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2009年02月17日 Tuesday

    統計は過去のこと


  • <東証>GDP悪化は「想定の範囲内」 終値29円安


  •  あくまで過去のことと捉える事例。まあこれが当たっているかは誰もわからないわけだが。
     個人的には数字の大きさに驚いたが。


  • ベネズエラ国民投票、大統領の再選制限撤廃へ

  • <ベネズエラ>チャベス大統領、政権、安泰とはいえず

  •  3期目以降の再選が可能になったチャベス大統領であるが、原油価格下落や高いインフレ率、犯罪率の高さなど課題が山積の模様。原油価格下落はバラマキが難しくなるので、変に強硬的に変貌しないことを祈る。





     雪か。。。
    タグ:チャベス
    posted by うらぢ at 01:26 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年02月16日 Monday

    早く追い付きたいものだ

    求人数はJava、年収はC#がトップ――ワークポートが調査 − @IT
     スクリプト系言語の年収が弱いなあ。C言語が求人も年収も2位。たぶんCだけでない知識が要求されそうな気もするなあ。技術はC++が必要な気もするけど、低いのは案件がそれなりなんだろうか。
     しかしC#の上昇率は何だろうね。
     というか、年収のレベルが全く良いなあ。

    「輪ゴムが混入」詐欺男、5千円以下の商品狙い西日本転々
     ゴネ得な社会を反映しているようで。





    posted by うらぢ at 02:00 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年02月15日 Sunday

    GDP軒並み下落


     日本がマイナス成長なのは慣れっこの面もあるけど、他の国はひさびさの下落ということで不況の深刻さを感じさせる。状態的にはバブル崩壊の図に近い気がするのだが。原油の下がり方が異常だったし。投資も我慢が必要な局面。

  • マケドニア、国名変更で譲歩も 首相会見

  •  NATO加盟も加盟国1つが嫌なら加盟を断れるのかな?
     新聞ではマケドニアが領土拡張しようとする野心の表れと見ているという理由もあるらしい。
    参考:統一マケドニア - Wikipedia
    マケドニア共和国 - Wikipedia

    ハロゲンヒーター事故が今冬多発 NITEまとめ(産経新聞) - Yahoo!ニュース
     私の部屋もコイツのお世話になっているので気をつけたいものだ。







    posted by うらぢ at 02:08 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年02月14日 Saturday

    読了 C++再考

    C++再考
    C++再考Andrew Koenig Barbara E. Moo 小林 健一郎

    ピアソンエデュケーション 2002-11
    売り上げランキング : 285362

    おすすめ平均 star
    star既に技術だけは持っている人間のための本。

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


     レビューにもあるとおり、内容は濃い。現場ではテンプレートとかジェネリックとか踏み込まないので慣れていないというのもあるけど。
     はじめの方にC++を知らないプログラマにどう教えようかという話が冗談に聞こえるくらいだ。
    タグ:C++ 技術書
    posted by うらぢ at 12:29 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2009年02月12日 Thursday

    読んだ本09-013 一発屋大六

    一発屋大六 (角川文庫 し 4-5)
    角川書店
    城山 三郎 (著)
    発売日:1973-11
    ランキング:1052491


     著者は主人公の今田大六よりも根岸剛造を書きたかったのではないかと思えるほど、彼のキャラが濃い。病室でも電話を取って取引の連絡をする辺り、モデルが近藤紡の故近藤信男氏であることがわかるのだが。そういったエピソードは一般的には知られていないので(あとがきにもこの点は触れられていなかった)、大六の銀行から脱サラしてゴルフセットのセールスとして生きていこうとする一幕の方がそれなりのテーマに見えるのかも。
    タグ:
    posted by うらぢ at 21:15 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    右派が政権を獲得か?



    イスラエル総選挙、右派陣営が過半数獲得へ

     中道のカディマが28議席と現在第1党であるが、続く右派のリクードが27議席と躍進。右派が65議席と過半数を占めており、結集ができれば右派政権となる。




     ビルってあんなに燃えるものだなと。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:04 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2009年02月10日 Tuesday

    トレンドは晴耕雨読?

  • 「2009年はトレンドを追うな」――小飼弾氏が講演 − @IT

  •  私も雨読をやってみたいな。仕事中にやっちゃうわけにはイカンので、やや趣味程度なことで事を済ませているが。トレンドを追わずに「古くから生き残っている考え方やコンセプトを学ぶのに最適な時期」というのだが、これが何を指すのかというのはセンスの問題かな。
     でも人間の性としてトレンドは追ってしまうものと。

  • 新世紀のビッグブラザーへ 日本経済は本当に外需依存?

  •  これで思うが、アメリカの貿易対GDP比率は世界トップ水準の低さなのにさらにバイアメリカンを行う効果は如何ほどって感じだなあ。まあ外需比率の高い中国なんかは焦るんだろうけど。まだまだこの2国は規模が違うってことなんだろうな。

  • <マケドニア>国名紛争激化、ギリシアとの間

  •  まだやっていたのか。



    posted by うらぢ at 00:38 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    R-1ぐらんぷり2009決勝進出者決定

     今回はこの8名+敗者復活枠2名ある。M-1のように準決勝敗退者全てが対象ではなく、選ばれた10名がその2枠を事前に争う形になっているらしい(サバイバルステージ)。いままで決勝の常連だった友近もこのサバイバルステージに回っている。こう考えると、決勝には上げられないけどという審査員の選択肢扱いって気もするなあ。
     決勝進出者にはいつものごとく見たことないという人がいてある種嬉しい。山田よしはまた邦衛ネタでないことを。。バカリズムはとっておきのネタがあるのだろうか?最近贈られるまでもない言葉しか印象にない。

    決勝進出者は以下の通り
    あべこうじ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    エハラマサヒロ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    COWCOW山田よし(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    鬼頭真也(夜ふかしの会)(ハイレグタワー)
    サイクロンZ(太田プロダクション)
    鳥居みゆき(サンミュージックプロダクション)
    中山功太(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
    バカリズム(マセキ芸能社)


    サバイバルステージ残留者は以下
    岸学(ケイダッシュステージ)
    くまだまさし(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    夙川アトム(ASH&D)
    鈴木つかさ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
    天津木村(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
    友近(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    ナオユキ(松竹芸能)
    三浦マイルド(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)
    もう中学生(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
    ヤナギブソン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)





    posted by うらぢ at 00:05 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸

    2009年02月09日 Monday

    今後の学習計画

     C++でできていないことがいろいろあるのだが、今の現場ではC++を使っていながらSTLやテンプレートを使う機会がない。テンプレートは使用者ではあるけど、クラスを作ることがない。そのため、結構知りたかったんだが、今の現場を離れるとなると何をやって良いのやら。
     とりあえず、C++の勉強は続けるつもりでいます。今でもそこそこ緩いんだが、さらに緩くなるかもなあ。

     興味本位では、C#かGaucheになるんだが、C#はともかくLisp系で仕事があるとは思えないので、これは趣味の範囲。C#もやるとしたら、今やっているようなことから変わることになるんだな。
     C#の本は買っていなくて、ネットで知っている段階。すぐ飽きるというリスクを背負っているし。で、本日途中だが、C# によるプログラミング入門から猫に変更した。
    C# によるプログラミング入門

    猫でもわかるプログラミング C#コンソール編INDEX

     Gaucheは文法はともかく、S式に括弧に慣れないとなあ。再帰がイマイチ読めてないんだなあ。ここは鍛錬しかないのね。
    S式とconsセル





    ■来週のための備忘録。
     ・Webmin(CentOS) → 入れたけどなぜか立ち上がらず
     ・CoLinuxにてVNCを入れる → 試してない

    「ビジュアル英文解釈」-- 17。
    C++、iKnow、Perl、C#、Gauche
    タグ:C# gauche
    posted by うらぢ at 01:34 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2009年02月08日 Sunday

    今回の就活も暗雲??

     今の仕事先も2月一杯らしいので、今しこたま勉強しているC++も終わりになるのかも。一応次の就職先を探しているが、転勤前提という話を頂いたのだがどうしようか思案中。

     最近Gaucheに嵌っているところ。先日のScheme入門に合わせて、こういうのも読んで勉強中。
    Karetta|Gaucheプログラミング(立読み版)
     説明不足だったが、Lispの派生である、Schemeの処理系の一種(でいいのか?)。Lispというから括弧でことを済ませようという言語。C言語とは違って、見た目人に優しくない。しかし、それで何とか使用というところに辺に魅力を感じる。私がどこまで使いこなすことができるのか?まあものになっていないものも数知れずなんだが。

     C#は全くそこそこなんだが。。。

    [PR]文句なし大容量30GB、月額1890円〜
    マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】



    「ビジュアル英文解釈」-- 16。
    C++、iKnow、Perl、Gauche
    posted by うらぢ at 01:13 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2009年02月07日 Saturday

    読んだ本09-012 会社が放り出したい人 1億積んでもほしい人

    会社が放り出したい人 1億積んでもほしい人 (PHP文庫)
    PHP研究所
    堀 紘一 (著)
    発売日:2006-07
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:12164
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度4 就職活動中の学生から経営者まで
    おすすめ度5 読みやすく分かりやすい!
    おすすめ度5 名著 - 日本のビジネス社会において、変わるもの、変わらないもの、そして人財
    おすすめ度3 冷静に分析された上で導いた当然の結論
    おすすめ度5 深い洞察に満ちています


     ビジネスで生きるわけでは無い私にとっては遠い世界なんだが、近くにいる会社を経営する人を見ているとイマイチなんだなあというのが良くわかる。
    posted by うらぢ at 23:04 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物