2008年12月31日 Wednesday

残すところ3時間弱

 読んだ本の数を年ごとに追ってみると。
  2005年 93
  2006年 112
  2007年 98
  2008年 96
 多読する人に比べれば少ない方ではあるが、ほとんどが通勤電車内で消化している。基本的に技術書や参考書・問題集を外している。読むのが速くないのは致し方ないとして、やはり読んで何かを掴んだり考えたりするのを増やせればなあと思う。

 今年はある意味逃亡の年になった感があるので、来年は平穏になればなあと思います。

 では、良いお年を。
posted by うらぢ at 21:03 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「プログラミング言語C」を読んでみる(6)

 今回は24ページの「1.5.3 行数のカウント」から。

 文字のカウントの応用で行数を数えるところから。getchar()したものが改行('\n')であればカウントアップするやり方を提示している。ifの次の行が1行であれば中括弧({})で括る必要がないのだが、可読性のためにifの次の行は字下げをやっているよという話が中盤に(一応私は1行でも括弧を付ける派)。

 次に==の話。うっかりと初心者は=とやりがちだよとしているけど、経験者でもやってしまいがち。これを避けるために
 if( 5 == hoge )
とかやる人もいるくらい。

 次に'\n'のように''で括っているよという話。ASCIIコードなので'A'は65(0x41)と同じなのだが、分かりやすく'A'の方が良いとのこと。ちなみに'\n'は10(0x0A)。

 演習1-8はifの判定で空白、タブ、改行をそれぞれ変数に持たせて判定させる。サンプルを書いてみたが、elseやelse ifの書き方ってこの時点で未出なんだな。使ってしまっている点はご容赦を。

 演習1-9。空白でフラグを立てて空白でなくなった時点で他の文字を出すやり方で。回答例では最後が空白の時何も出力しないことになるけど、今は直さないでおきます。サンプル

 演習1-10。\bをどうやって確認するのだろうと思いつ。サンプル

 では、今回はこの辺で。

うらでぃみーる通信 @Wiki - プログラミング言語C まとめ



タグ:K&R
posted by うらぢ at 20:44 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

今年もあと1日

 昨年何気に書いた08年の目標、二輪免許とパソコンの購入はどちらとも達成したぞ。全く目標という意識がなかったけど。09年は転職にしましょうか?あとは車の運転だな。ペーパードライバー歴も結構なるし。

 オールザッツは上の方でいくらか抜けていく人が出ている気がしますな。やはり若手中心のフットカットが面白く、今年は決勝にジャルジャル、藤崎マーケット、そしてクロスバー直撃が残る展開に。クロスバー直撃はこれを切っ掛けに露出度が上がるといいなと思います。なかなかネタを多く持っていそうだし。個人的に藤崎マーケットの物真似は好きではない。ラララライからまだ脱却し切れていないというか。

 完訳水滸伝(3)をAmazonのマーケットプレイスに注文したらまた旧版が来た。2巻でも1度あった。こんなリスクを背負うのなら新しいの買った方が良いな。

 危うく昼起きになりそうなところにいるので、それは避けるようにしたいと。





「英文解釈の技術」は終了。
C++、iKnow、C#、Haskell
posted by うらぢ at 01:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

英文解釈の技術100

英文解釈の技術100
英文解釈の技術100杉野 隆

おすすめ平均
stars制覇するのだ
starsとっつきやすい
stars100も要らない
stars英語らしい英語に触れられます。
stars買ってよかった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 一通り通しましたが、理解にはまだまだほど遠いです。とりあえずはビジュアル英文解釈をやってから再チャレンジしたいと思います。なかなか骨がある文章で、自分の読み方が如何にダメダメか分かりました。
posted by うらぢ at 00:24 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習

2008年12月30日 Tuesday

Week17



 いよいよ最終週。ブロンコス@チャージャーズはBS放送を見ましたが、前半にトムリンソンにやられていたこと、オフェンスがイマイチ機能していなかったことがブロンコスの敗因かなと。これでチャージャーズは4-8から4連勝で地区優勝。1985年ブラウンズ以来の8-8での地区優勝らしい。意外にあるものだ。そのうち負け越しで地区優勝とか出そうで怖い。

 他の結果ではNFCの2つ目のワイルドカードにイーグルスが滑り込んだのだが、これはカウボーイズに直接勝ち、ベアーズ、バッカニアーズがそれぞれ敗れたため結果的に1引き分けの差でプレーオフ進出となった。

 ブラウンズ戦で脳しんとうを起こし、途中退場したスティーラーズのQBロスリスバーガーは次の試合には間に合うとの話。第2シードで次週空くのが大きい。

 現時点での予想をすれば、NFCがパンサーズ、AFCがスティーラーズとしておきます。



タグ:NFL
posted by うらぢ at 20:16 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

休み3日目

 これって10分じゃ無理だな。それでもちゃんと手についているわけでもなく。英語とHaskellと同時っていいアイディアかなと自分で思いこむ。
Learn Haskell in 10 minutes - HaskellWiki

 今日はオーツザッツなので、見過ぎないようにだけ気をつけねば。





「英文解釈の技術」は99。
C++、Perl、iKnow、C#、Haskell
posted by うらぢ at 01:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月29日 Monday

読みかけの本たち2007 結果

うらぢのやるすく: 現在読みかけのプログラム本達2007 その1
うらぢのやるすく: 現在読みかけのプログラム本達2007 その2
うらぢのやるすく: 現在読みかけのプログラム本達2007 その3

 今年は読みかけの本をやりませんが、結果報告だけ。

○読了
 Effective C++ 原著第3版
○継続中
 ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門
 Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選
 オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン
○補助用として使用
 Symbian OS C++プログラミング 第2版
 初めてのPython 第2版
 詳説C++ 第2版 (C MAGAZINE)
○放置
 入門 GNU Emacs 第3版
 PHP5徹底攻略

 PHPは現在勉強しようともしていないこと、Emacsもvimに集中したいと言うことから取りやめている。一応CentOSにもEmacs入れていますが。
 完読したのが1つだけというのもアレだなあ。本当に成長した感がこれでは感じられない。まあ昨年もテクデの勉強していたしなあ。

 んでもって、今年版のプログラム習熟度。CもC++もあまり違いがないのかも知れない。比べようというのもあるけど。C++の言語としてのカオスッぷりを考えると。



posted by うらぢ at 23:58 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | PC

「プログラミング言語C」を読んでみる(5)

 本日は22ページの「1.5.2 文字のカウント」から。

 「入力される文字をカウント;第1版」というプログラムでは、EOFまで1文字ずつ変数ncをインクリメントしてカウントしている(この訳ではインクレメントになっているが気にしない)。ちなみに改行も1文字カウントされる。
 あと++ncと前置演算子を使うのか、nc++と後置演算子を使うのかは、まだそういうのがあると触れているだけ。この場合はどちらでもいいのだが、前置を使っているなあ。

 intが2バイトの環境だったらということでlongを使用しているが、それでも足りない場合はdoubleが使えるという話を持ちだしている。元々小数を使うためのものだし、基数と指数で構成されているものだから、どこまで使っていいのやらという気がする(ちなみに私の環境では15桁くらいまで+1をカウントすることができました。いい加減な確認方法ですが。)。longでも2147483647まで使用できるので、そんな心配は必要ないかも。

 今日はとりあえず、ここまで。

うらでぃみーる通信 @Wiki - プログラミング言語C まとめ



タグ:K&R
posted by うらぢ at 21:01 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2008年12月28日 Sunday

ノリントン指揮 ベートーヴェンの第九



 たまたまスーパーで第九の編曲した曲が流れているのを聴いて聴きたくなってしまった。久々にこのノリントン指揮のを聴いたけど、響きも素晴らしいし、呼吸もいい感じだ。ピリオド奏法なのでモダンがいいという人には奨められない気もするけど。

交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125
Symphony No. 9 in D minor, Op. 125, "Choral"

Camilla Nylund (ソプラノ)
Iris Vermillion (アルト)
Jonas Kaufmann (テノール)
Franz-Josef Selig (バス)
シュトゥットガルト・ゲッヒンゲン聖歌隊 - Stuttgart Gachinger Kantorei
シュトゥットガルト放送交響楽団 - Stuttgart Radio Symphony Orchestra
ロジャー・ノリントン - Roger Norrington (指揮者)

タグ:NML
posted by うらぢ at 21:53 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

休み1日目

 年末年始の休みに入りました。

 Linuxを弄ってみましたが、Sambaの設定がうまく行かなかったです。iptablesを止めるとマシン内は入れるようですが、フォルダの中に入ることができなかったのでその辺は明日以降に調べます。

 デスペの勉強ができないのはいつものことだな。ちなみにテクネは午前でダメでした。





C++、Perl、iKnow、Python
posted by うらぢ at 02:15 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月27日 Saturday

「プログラミング言語C」を読んでみる(4)

 今日は19ページの「1.5 文字入出力」から

 標準入力は他の本ではscanf()をよく見るけど、この本はgetchar()を使用している。この関数は1文字読み込みもので、この本にあるサンプルプログラムの場合、改行キーを押したところまで1文字読み、1文字出力するという流れになっている。ついでながら改行もカウントされる(Linuxで試しているのだが、Windowsでは改行は2文字分カウントされると思う。あとで確認)。
 → Visual C++ 2008 Expression Editionで見てみたけど、1文字分のようだ。

 このgetchar()という関数は読み取った文字を戻り値として返す。これを文字列として標準出力として出力したい場合はputchar()を使う。引数としてgetchar()関数の戻り値を使う。こうして入力と出力を繰り返せば、打った文字を出力するコードを作ることができる。

 「1.5.1 ファイルの複写」にて、実際に入力と出力を繰り返す処理をしているわけだが、ループの終端はgetchar()で返すのがEOFであるかで判断している。EOFはEnd of fileのことでファイルの終端を表す。この本では書かれていないが、このプログラムはCtrl-Dを打つとEOFと判断されるようだ(WindowsではCtrl-C)。

 20ページではgetchar()が2回コードで表れるのを次のページではwhileの条件文に入れて1つにまとめている。こうして簡潔に書くことができる。まあ、複雑にすることもできるとしているけど。

 演習1-6。普通に文字を打っていれば1、Ctrl-Dを打っていれば0になる。下記のコードを埋め込んだらいいと思う。
 printf("result:%d\n", getchar() != EOF);

 演習1-7。
printf("EOF:%d\n",EOF);

 今日はこの辺で。

参考サイト:標準入力関数





過去記事まとめ
うらでぃみーる通信 @Wiki - プログラミング言語C まとめ
タグ:K&R
posted by うらぢ at 21:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

届かない謝罪

気むずかし屋でごめん
posted by うらぢ at 00:22 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

2008年12月26日 Friday

読んだ本08-096 ヤフー・オークション100%利用術

ヤフー・オークション100%利用術 (朝日文庫)
朝日新聞社

猪狩 友則 (著)
発売日:2006-12
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:109978
おすすめ度:3.5
おすすめ度2 格別目新しいものもなかったような・・・
おすすめ度5 知らないと損


 ヤフオクの紹介と作法みたいなものがまとめられている本。私は出品をしたことがないので買ってみた本である。出品に関するクレーム等の話は特にはなかった。私が一番気になるのはそこだったりする。
 ()で括ればor検索なんだとはじめて知りました。どこまで常識なんでしょうか?

Yahoo!オークション
posted by うらぢ at 23:35 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

1人あたりGDP、G7で最下位に

  • 日本の1人あたりGDP、G7で最下位に 内閣府

  •  バブル崩壊後、低成長続きだったからそのようなものか。産業構造の変化による高成長の時代ではないので、その時と同様のことをしてもダメだし、産業人口も減っていくことだし、そう考えると明るくないな。なのに円安にならないというのも不思議だな。



    posted by うらぢ at 00:42 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読んだ本08-095 詩と真実 (第4部)

    詩と真実 (第4部) (岩波文庫)
    岩波書店
    発売日:1997-08
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:261406


     第4部は本の厚さが薄くなり、届いたときは少々驚きでした。最後にゲーテがふりほどくように女性のもとから去っていくところなんか。個人的には痛いところだな。
    タグ:文学
    posted by うらぢ at 00:10 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2008年12月25日 Thursday

    トヨタの営業赤字


     最近発売された会社四季報では6000億円の営業黒字だっただけに、この転落の衝撃は大きいのではと思う。近年売上台数が伸びていただけに設備投資が大きくなり、固定費用が増えたのだろうか。素人見解だけど。
     四季報では大抵の会社が来期も厳しそうなことになっているので、投資しづらい。

  • asahi.com(朝日新聞社):元タレント飯島愛さん死亡 自宅居間で知人女性が発見 - 社会

  •  死因については不明らしいけど、36歳と私よりも3つくらい上なだけに人生急に何が起こるか分からないものだなと。しばらく私の近辺は平穏だけにそんなことを感じました。





    posted by うらぢ at 01:38 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2008年12月24日 Wednesday

    再びのPython熱

     本当に人に弱い私なのでした。ちょっと気を入れるときは入れないとなあ。流しているとそのままになる。

     CentOSでFireFoxを使っているとなぜか軽快。理由は良く分からない。メインのノートPCが余計なものが動きすぎているせいでしょうか?
     Samba導入に今のところ失敗しているので、また後日にでも。

     「みんなのPathon」を再び読んで、Pythonが再び面白いなと感じさせる。書き方が洗練されているのが良いのかな。

     家の年賀状、まだ何もしていないのだが。放置したままで良いのだろうか?





    「英文解釈の技術」は96。
    C++、Perl、iKnow、Python
    posted by うらぢ at 01:23 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    Week16



     タイタンズに勝つにはDB陣のトラップに引っ掛からない強いオフェンスが必須のようだ。これでタイタンズは第1シード確定。この勝ちでスケジュールのおかげとも言いにくい感じだな。テキサンズに負けたときはそう思ったんだが。
     
     ジャイアンツはジェイコブスがいると強いですな。NFCはパンサーズを撃破しジャイアンツが第1シード確定。レシーバー陣がそろっている上にRBが良くなればプレーオフもこのまま行きそうか。前週までは不安要素が大きかったんだが。

     今週はライオンズはセインツに完敗。開幕からの15連敗はNFL史上初の不名誉な出来事となった。次週で0-16になってしまうか?

     あと8-8で地区優勝になりそうなところがあるけど、あまり優勝って感じじゃないな。



    タグ:NFL
    posted by うらぢ at 01:04 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

    2008年12月22日 Monday

    CentOS導入記みたいなもん

     この間CentOSを入れたノートPC(旧Ubuntu機)をデスクトップ用に変えようと弄ったら、Webが軽いし使えることが判明。Fedora機をあまり使わずにこちらをメインに据えようかな。

     とは言え、色々やることがあって、普通にインストールした状態ではCUIで起動する。前まではstartxと地道に打っていたわけだが、下記サイトにあるように/etc/inittabのランレベルを変えるだけで問題解消。
    CentOSで後からX Window System(GUI)を追加する : 地方で活動するweb制作者の日々を綴るblog

     あと、Haskellがyumではインストールできないので下記サイトを参考に、fc6extrasをyumのリポジトリに加えたらインストールできました。
    CentOS5でFedora ExtrasをつかってGHCをインストール - GRANADA Hatena @ sotarok

     次に、雷鳥入れたり、掲示板ブラウザを入れたり、synergyでWindows機とキーボード、マウスの共有化を図ったりと。色々整いました。
     まだsambaの導入に成功していないので、これは来週以降の課題ということで。





    「英文解釈の技術」は94。
    C++、Perl、iKnow、C#、Python
    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 01:47 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    M-1グランプリ決勝

     今年のM-1はNON STYLEが優勝となったわけですが、今年は決勝に上がれただけでも御の字かと思っていただけに大いに活躍できる切っ掛けになればと思います。今までも実力はありながら、惜しくもというところはあったので、賞レースキラーの面目躍如といったところでしょうか?
     最終決戦に残ったのはオードリー、NON STYLE、ナイツと決勝に進出未経験者ばかりが残る異例の展開。ナイツは緊張からか同じネタを見ていても面白さが足りなかった気がする。逆にオードリーはいつも通りに感じで敗者復活から決戦に残り、そしてという感じでしたが、今回は相手が悪かったとしか。でも、来年は今年と違ったものを求められることになるので、また大変だろうなと。あと個人的にはダイアンを推したいけど、松本人志も言っていたがはじめの方が勿体ない感じだった。

     個人的には笑い飯が高評価だったのが不思議なのだが。

     NON STYLEがTVの露出度が上がることになるのか。あまり想像できん。



    posted by うらぢ at 01:31 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸