2008年06月30日 Monday

読んだ本08-047 生物と無生物のあいだ 福岡 伸一

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
講談社
発売日:2007-05-18
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:102
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 生命の本質を謳いあげる名著
おすすめ度5 体の芯から震えがきました。
おすすめ度2 「生命とは」ではなく、「生命体とは」の表現に変えるべきだ
おすすめ度4 生命とは何か
おすすめ度4 逆説的で面白い


 話はDNAに関する話が中心で、この書名は人の目を惹くためのものだろうと推測。この書物で面白いのは発見に関する人間ドラマである。賞を獲得すること、有名になることが大切なのか?やはり人より早く見つけたい、他人に認められたいという感情が強い人もいれば、自分の関心のあるところに突き進む人と別れるんじゃないかと思う。やはり後者が有名になりづらいのだが、個人的には後者の人生でいいやと思うようになりたい。まあ私にはそんな機会は無いのだが。
 まあこの感想も本書からかけ離れている気がするが。
タグ:科学
posted by うらぢ at 23:36 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

読んだ本08-046 陰謀の世界史 海野 弘

陰謀の世界史 (文春文庫)
文藝春秋
発売日:2006-02
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:215843
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 最初は怠いけれど途中からは面白くなる
おすすめ度5 陰謀の世界・世界の陰謀
おすすめ度3 で、あなたはどういう意見なの?


 本がかなり分厚いので読むのに時間がかかった。実はこの本は教習所への行き帰りに読んでいたものだ。
 世界史といっても近代の様々な陰謀をリストアップした構成になっている。著者自身が端から見て面白いと思っているのか引いた視点から見ている。こういう考えも面白いなあといった風に。
posted by うらぢ at 01:06 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

ようやく

 二輪(中型)の卒検に通りました。免許を貰うのは夏休み頃になりそう。ただいつ頃バイクを買うのか未定。今は原付を使っているのを100を少し超えるくらいのスクーターにするつもりではあるが。
 レンタルバイクという手はどうなのだろうか?
 しかし卒業式に集まってくる面々は色々な人がいて、見ている分には興味深かった。見た感じ受かる確率がかなり高そうだった。

 これで休みの日はゆっくりできそうだ。



posted by うらぢ at 00:15 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月29日 Sunday

どこで体力を回復させようか

 Perlで日本語を扱うのにはJcodeが必要と思いこんでいたのだが、5.8からEncodeモジュールが標準であるようだ。まだ文字列の長さしか試しでいないのだが。

 最近は疲れ気味で。またすぐ寝てしまう状態。昨日は教習に行く気力が無かったのだが。




posted by うらぢ at 08:17 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月26日 Thursday

読んだ本08-045 悲しみよこんにちは サガン

悲しみよこんにちは (新潮文庫)
新潮社
発売日:1955-06
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:73529
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 無邪気という名の凶器
おすすめ度4 面白かった
おすすめ度5 夏になると読み返したくなる本
おすすめ度4 買いです。
おすすめ度5 フランスの色


 18歳でここまで引き込む作品を書いてしまう彼女も凄いけど、若さ故の直情的な作品とも感じた。
 結構この作品には引き込まれたようで、ページ数自体は大した量じゃないのだが、あまり読み進まない。だが、集中できる。
タグ:文学
posted by うらぢ at 23:29 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2008年06月24日 Tuesday

読んだ本08-044 新哲学入門 廣松 渉

新哲学入門 (岩波新書)
岩波書店
発売日:1988-01
ランキング:179834
おすすめ度:3.5
おすすめ度1 論理はシンプル
おすすめ度5 廣松哲学の見取り図
おすすめ度5 廣松哲学入門として


 認識、存在、実践のことを理論立てて説明してくれるが、電車の中でさらっと読むのには厳しい気がする。実際飛ばし読みでした。
 昔に少し哲学に被れたことがあったが、今思うと自分は思索の追求とか一つのことに対してとことん追いつめていくことに向いていないなと思う。
タグ:思想
posted by うらぢ at 01:16 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2008年06月23日 Monday

ジンバブエの野党候補が撤退表明

  • ジンバブエ野党指導者、大統領選の決選投票出馬取りやめ

  • ジンバブエ大統領選、最大野党党首が撤退…ムガベ氏続投へ : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

  •  ジンバブエ大統領選はムガベ政権による野党陣営への圧力が厳しくなっていることから、公平な選挙はできないとしてツァンギライ議長は撤退を表明。結局ムガベ大統領の無投票での再選が決まることになる。
     これで国際社会からの圧力を期待ということになるのだろう。が、経済制裁は既に実施済みだし、これ以上どうすることになるのだろうか?





    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:52 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2008年06月22日 Sunday

    Base64を使ってみる

     簡易的に慣れぬPythonでBase64にエンコードするコードを書いてみた。仕事場ではPerlの環境が整っているため、その方が良いのだが、CPANを入れないとJcodeを使うことができないらしく、普遍性がないとのことで、両面作戦でやっていこうと考えているところ。ファイル操作、文字列操作(日本語を使わない前提)ではPerlの方が慣れているが。
     ちなみに今日、自宅でCPANを入れようとしたら、nmakeがないからダメだとさ。急いで入れて、環境変数にpathを通したのだがなあ。
     pythonの次の課題はファイル読み込みとインデックス(perlで言えばindexを使うような感じ)で抜き出すこと。



    1 # -*- coding: utf-8 -*-
    2
    3 import base64
    4
    5 # 文字を入力する
    6 text = raw_input('Input text:')
    7
    8 # SHIFT-JISに変換
    9 text = text.encode('cp932')
    10
    11 # Base64にエンコード
    12 text = base64.b64encode(text)
    13
    14 #結果出力
    15 print text
    16
    17 # Base64からデコード
    18 text = base64.b64decode(text)
    19
    20 #結果出力
    21 print text
    22



    参考:Python でUTF-8, shift_jis, euc_jpなど日本語を使う方法

     あと下記のURLでIE7環境だと日本語の変換がおかしく、FireFox2だと問題がないってなんだろうか?
    BASE64変換 - ahref.org エーエイチレフ



    タグ:Python
    posted by うらぢ at 23:55 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    メモリ増設

     性能の落ちるノートPCに(FMV-612MG3)、メモリが中古で買った当時の256MBから512MBのものを増設。768MBにした。ニコニコ動画が苦にせず見られる水準になった。まあ画質を落とさないと絵と音がずれることもあるけど。問題はHDD容量が少ないということか。換装するのも面倒だし。
     今のFedora機が非力で重いのでなあ。



    posted by うらぢ at 11:28 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2008年06月21日 Saturday

    また落ち

     二輪の教習ですが今回も見極めに通らず。完全にダメ生徒ですな。
     ダメ社員のことを言えないと思ったが、こっちはカネを払っているからなあ。貰っているのではなく。

    [PR]4商品を低料金でご提供⇒「東芝の家電レンタル」
    posted by うらぢ at 22:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年06月20日 Friday

    読んだ本08-043 十八史略(下) 安岡 正篤

    十八史略(下) 激動に生きる 強さの活学 (PHP文庫)
    PHP研究所
    発売日:2005-03-02
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:94447
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 人間学の本


     時代は秦以降、元まで。上巻に比べれば幅広い。人間学というか思想面では周の時代にある程度出てしまっているのかも知れない。
     また中国思想に触れてみたいものだ。
    タグ:歴史
    posted by うらぢ at 00:57 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2008年06月19日 Thursday

    プログラム書法

    プログラム書法
    Brian W.Kernighan

    プログラム書法
    共立出版 1982-06
    売り上げランキング : 243103

    おすすめ平均 star
    starアセンブラ出力を知ろう
    star古典的名著
    star一度は熱心に取組んで欲しい歴史的著作

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     書いてある例がFortranやPL/Iなので読んでもなんやらという感じだが、他の言語にも共通的に当てはまるところも色々と。
     私はこの本のありがたみをまだ感じないので、K&Rから読めということか。
    タグ:技術書
    posted by うらぢ at 00:54 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2008年06月18日 Wednesday

    何か知らんが直った

     例のUbuntu機だが、パッケージマネージャを起動して、更新かけたら解決した。リカバリー力があるのか?自然治癒みたいな感じだが。
     あと何を楽しめるか確かめないとな。せっかくメモリ入れるんだし。HDDはあと10G程しかないが。



    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 01:41 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2008年06月17日 Tuesday

    今はどっちのバージョンなんだろ

     Ubuntu機の依存性の問題は解決せず。dpkg --configure -a を叩いて、gthumbに問題があるらしいことは分かったのだが、再インストールできず。削除した方がいいのか???
     もう少し粘ってみます。

    [PR]日本初上陸!49,800円のパソコンが登場!
    posted by うらぢ at 01:35 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    グチタイム

     うーん。何故ウチの会社はセンスの乏しい人を雇う傾向にあるのだろうか?今回のは物覚えが悪いのはウチの業界では厳しいけど、さらに大人しいとか、居眠りをしてしまうとか、結構手を焼くパターン。相手が何を考えているか分からないところがどうしようかと思ってしまうところ。私は教えること自体が嫌いじゃないけど、積極的でない人に対して引っ張り上げることは苦手だし、やる気のない人にやる気を出させる方法を知らない。ともかく、今後は少しばかり面倒をみなくてはならなくなったので、どう付き合っていこうかと思案しているところ。私も対人関係が苦手なだけに尚更だが。
     こういうことがあるので今の会社が嫌だったりする。



    posted by うらぢ at 00:36 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    やはりの落ち

     今日はテクデの結果発表の日でした。結果は午前が600、午後1が480点と。午前が通っていたのが不思議。まあ通ってもダメだろうと思っていたし、また来年。ただ名前が変わってしまうのが、気になるところ。



    posted by うらぢ at 00:15 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格勉強

    2008年06月16日 Monday

    うぶんつも久々に触ってみた

     仕事場で少しPerlを触る機会がありますが、Pythonは全然なしです。休みの日も最近ほとんど触れていないので成長しないです。教習も終われば余裕も出るかもですけど。

     久々にノートPC(FMV-612MG3)を取り出して入っているUbuntuをアップデート。順調に古いのから7.10までしたのは良かったんだが、8.04にアップグレードする途中にバッテリー切れを起こしてしまい、パッケージ構成が錯乱状態に。ちょっと再インストールを検討中。うまいこと戻れば良いんだがな。
     ノートPC購入を止めて、このPCでやり過ごそうかと思っているところ。メモリ増設とバッテリーを交換することでなんとか。ネットさえ繋げればと思っているし。ただHDDの空きが少ないことがネック。わざわざ買いたくないと思っているし。

     C++を極めるのも覚束ないよ。



    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 01:57 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    ウィルスを除去するのは大変

     ようやく近所のPCの復旧作業も終了。前回はウィルスバスターを入れようと思ったのだが、メモリが256MBと入れることができてもおそらく後々PCが重くなるだろうと思って、メモリ増設を提案。やってくれたので、今日ソフトをインストール。しかし、ネットがDNSに繋がらないためか、NotFoundがほとんどの状態に。pingなどのコマンドを打って調べる。こういうのってpingとnslookupの複合が良いみたいだ。今回はpingでIPアドレスで打ってみるとほとんど通じ、ホスト名だと繋がったり繋がらなかったり。結果的にDNSサーバへの接続が何かしらのスパイウェアによって邪魔されていたようだ。なんとかウィルスバスターの除去によって無くなったようだ。レジストリエディタでトップページが海外のサイトになってしまうのも修正。ほとんどの作業を終了した。

     ここまで大変だと腹をくくってクリーンの方が手間ではないと思うなあ。



    posted by うらぢ at 00:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年06月15日 Sunday

    休みに入っても

     何か疲れがとれない。連日残業続きというのもあるけど、ここまで体力が無いと思えないし、休みの日まで響いた記憶もない。今週は先週に比べればペースダウンのはずだったんだが。今日は教習に出かけたが、明日は完全休養に充てるので回復につとめたい。

     教習の方は補習になったよ。急いで受けるつもりが無いので、また来週だ。



    posted by うらぢ at 00:49 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2008年06月13日 Friday

    読んだ本08-042 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本

    座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)
    光文社
    発売日:2004-05-15
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:10214
    おすすめ度:3.5
    おすすめ度4 齋藤流ゲーテ
    おすすめ度5 壁に突き当たったとき開いています
    おすすめ度1 散策する感じです
    おすすめ度5 ゲーテの創造方法論を読み解く
    おすすめ度5 ギョエテの言葉


     ゲーテの名言を採り上げ、その解説をしていく書。ゲーテが何を志向してきたとか、何を目標として生きていけばいいとか。本来は『ゲーテとの対話』を読めばいいのだろうが、そのための導入書といった感じ。
     ゲーテをまた読まなくては。
    posted by うらぢ at 23:38 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物