2008年04月30日 Wednesday

GW開始

 昨日から8連休。この休み中に二輪免許を取るため、教習所に手続きを昨日して、明日から教習を開始。免許は急いで欲しいわけではないので、夏休みくらいに交付してくれればと思っている。

 目標はデザパタを習得。1日1パターンを目標に読んでいきます。

 今日は暑かったなあ。これでは夏場が心配だ。



posted by うらぢ at 19:19 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月29日 Tuesday

読了 UNIXネットワーク管理ガイド

萌えるシリーズ 萌え萌えうにっくす! UNIXネットワーク管理ガイド ― PC UNIXネットワーク管理日々の疑問に萌えの一手
プロジェクトタイムマシン

萌えるシリーズ 萌え萌えうにっくす! UNIXネットワーク管理ガイド ― PC UNIXネットワーク管理日々の疑問に萌えの一手
毎日コミュニケーションズ 2003-03
売り上げランキング : 5996

おすすめ平均 star
star読み応え有り
star感動しました!
star感動しました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 タイトルからすれば妙な本かと思われるかも知れないが、歴としたUNIXのネットワーク入門本となっている。面白いと感じたのは本文よりも注釈の方だったりする。
 Linuxでサーバ運用やネットワークで云たらは最近ご無沙汰なので、またの機会にでも触れてみようかなと思ったり。Windowsの方が今の仕事場で応用効かせられるかも知れんが。
タグ:UNIX 技術書
posted by うらぢ at 21:21 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

読んだ本08-028 脳を活かす勉強法

脳を活かす勉強法
PHP研究所
茂木 健一郎(著)
発売日:2007-12-04
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:184
おすすめ度:3.5
おすすめ度4 勉強を続ける意欲アップに
おすすめ度2 目新しいものではない
おすすめ度4 茂木氏の体験と脳科学的見地ーーだが、学問に王道なし。
おすすめ度4 なかなかいいです
おすすめ度4 きっかけになればいいんじゃない?


 タイムプレッシャーは参考にしませんが、短時間でも良いとかは参考になりますね。細切れ勉強法は忙しい人にも役立ちそうだ。
 あとネットをやや過大評価しすぎかと思ったんだが、私が単に活かせていないだけか。まあ私もいろいろと領域を広げさせてくれたとは思っていますが。
 英語は原書をたくさんあたるのが良いのですか?私は全然追っつかないし、今からやって効果あるのか、懸念だなあ。
 結局は如何に楽しくやるかが鍵だなあ。なおかつ努力が自発的な努力というか、ラクにはできないのも事実。
タグ:howto お勉強
posted by うらぢ at 19:21 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2008年04月28日 Monday

読んだ本08-027 デキる人は説明力をこう磨く

デキる人は説明力をこう磨く (角川oneテーマ21 B 108)
デキる人は説明力をこう磨く (角川oneテーマ21 B 108)日本語力向上会議

角川学芸出版 2008-04
売り上げランキング : 124089

おすすめ平均 star
starタイトル倒れでしょ・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 プレゼン向けの本といった感じです。まあ私はこの手の本を読んでいないのでいろいろと新鮮でしたが。
タグ:howto
posted by うらぢ at 23:57 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

ジンバブエの選挙は公正なようだ

  • ジンバブエ総選挙、与党敗北が確定 80年に独立後初

  •  再集計の結果、結果は当初と同じで与党の敗北が確定。野党が113、与党が93議席となった。あとは、大統領選の結果だなあ。決選投票とするといつになるのだろうか?

  • イラン国会選挙で再投票 保守派が圧勝

  •  保守派が勝ってもアフマディネジャド大統領と意見の食い違う勢力も含まれるので安泰と言えるわけではないらしい。

  • 民主、衆院補選で大勝 高齢者医療・道路追い風に

  •  民主党はまだまだ勢いがあるようだ。まだまだ頑固な小沢さんが見られそうだ。



    posted by うらぢ at 02:17 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2008年04月27日 Sunday

    知らない間に発表されてた

     今月の『レコード芸術』にてBBCプロムスに関する質問を募集とあるので、何事かと思って海外の評論家が記事を寄せるページにてイギリスの方は08年のプロムスに関して書かれていました。
     まあ驚いたことは今年のラストナイトにはウッドの『イギリスの海の歌による幻想曲』がなくなっていること。レコ芸の記事には例の悪ふざけを何とかしたい思いがあったそうで。Radio3の部長が替わったことも大きな影響がある感じがします。その代わり「ルール・ブリタニア」が復活しているのか。それはありなんだ。4分もあるし、フルだな、これは。
     ちなみにラストナイトの指揮はノリントンがすることになっているが、ピリオド奏法の「威風堂々」に「ルール・ブリタニア」か、私的には楽しみだけど。







    タグ:proms
    posted by うらぢ at 21:30 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    2008年04月26日 Saturday

    読んだ本08-026 指導力の研究

    指導力の研究―組織社会を勝ち抜く法 (PHP文庫 ワ 2-1)
    PHP研究所
    渡部 昇一(著)
    発売日:1986-02
    ランキング:601061
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 明快で爽快


     過去の政治家・軍事家の話から現在の経営にどう生かせばよいかを説いた本。私自身も指導力が多少なりとも欲しいところだが、人を動かすって難しい。
    タグ:組織
    posted by うらぢ at 21:14 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2008年04月23日 Wednesday

    読了 Exceptional C++

    Exceptional C++―47のクイズ形式によるプログラム問題と解法 (C++ in‐Depth Series)
    ピアソンエデュケーション
    ハーブ サッター(著)Harb Sutter(原著)浜田 真理(翻訳)
    発売日:2000-11
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:12316
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度4 Koeingの名前空間照合規則を理解させてくれた本
    おすすめ度5 C++における例外処理の啓蒙書
    おすすめ度5 C++ユーザー必読デス。
    おすすめ度4 実はC++の批判本


     C++を極めようと頑張って、いろいろと読んでみるも実用に使う場面が少なく、なかなか身に付いている気がしない。開発は言語の仕様ではなく別の知識や経験が必要なことが多いのでそんなものかも知れないけど。
     今は基礎固めでもしようかなと考えています。
    タグ:技術書
    posted by うらぢ at 00:34 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    読んだ本08-025 脱法企業 闇の連鎖

    脱法企業 闇の連鎖 (講談社+アルファ文庫 G 60-7)
    講談社
    有森 隆(著)グループK(著)
    発売日:2007-10-19
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:24944
    おすすめ度:3.5
    おすすめ度5 日本経済の真実
    おすすめ度2 もう少しかな


     最近の経済事件を中心にまとめられた本。グッドウィルやシルバー精工あたりは面白かった。アドテックスもそうなのだが、創業者はまともであっても次第に食い物にされていくあたりは何とかならないものかとふと感じた。こういうことってあまり報道に熱が入っていないものだしな。
    タグ:経済
    posted by うらぢ at 00:24 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2008年04月21日 Monday

    つらつら日記

     何もカルフールに恨みをぶつけなくても。というかこういう意見表明のあり方というのはどんなものかと感じてしまう。

     Javaのデザパタ本はJavaで理解してから、C++に移植を考える方向の方がよろしか?

     これからはテクネだ。

     最近、どうでしょうの見過ぎだなあ。DVDは月1ペースで買ってみようと思っているが。



    posted by うらぢ at 01:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年04月20日 Sunday

    受験に行ってきました

     最近、勉強が疎かになっていたので、経験値を積みにという感覚でテクニカルエンジニア(データベース)の試験に行ってきました。受験地がソフ開とは違って衣笠の立命へ。ただそこはバイクの乗り入れができない状態で、一旦引き返してタクシーで急いだら開始10分前だった。

     自己採点した限りでは午前で34/55なのでほぼ絶望。まあ通っても午後でダメだったと思うし、秋の試験が終わってから少し勉強しなくては。


    [PR]検出率No.1・PC軽快さNo.1のウイルス対策ソフト
    posted by うらぢ at 21:25 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格勉強

    2008年04月18日 Friday

    やはり無謀だったのだろうか?

     上を目指しての転職活動だったのですが、年齢と経験が見合わないという判断で書類選考に漏れてしまいました。やはりそう見られてしまうんだなあと現実の厳しさを思い知りました。
     近頃、実力的にそんなものかも知れないなあと思ってしまうもの。ただ最近のウチの社員はレベルが。。。いずれにせよ、この会社に長くは居れない。



    posted by うらぢ at 00:10 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年04月17日 Thursday

    読んだ本08-024 新・逆転の発想〈下巻〉

    新・逆転の発想〈下巻〉
    PHP研究所
    糸川 英夫(著)
    発売日:1991-05
    ランキング:483604


     81年に発行した本が91年に文庫化したもの。今から読む価値はさほどないかも。
     コンドラチェフの波の話は今の時点でピークになるけど、そうとは思えん。まあ今から落ちていくかもしれないので、結果的にアレかも知れないけど。
     そういや、超伝導コンピュータって出てきていないなあ。
    posted by うらぢ at 21:39 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    イタリア総選挙

    イタリア中道右派が政権奪還・優先課題は経済再建
    伊総選挙、中道右派が勝利・2年ぶりベルルスコーニ政権誕生へ

     ひさびさに選挙ネタを。イタリアは上下院選挙が行われ、双方ともベルルスコーニ氏の「自由国民」を中心とする中道右派が勝利。政権交代となった。
     しかし上院も解散できるというのはある国にとっては魅力的かも。

    参考
    Italian general election, 2008 - Wikipedia, the free encyclopedia
    イタリア - Wikipedia



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:50 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2008年04月15日 Tuesday

    読んだ本08-023 方法序説

    方法序説 (1967年) (岩波文庫)
    岩波書店
    落合 太郎(翻訳)
    発売日:1967
    ランキング:654217
    おすすめ度:3.0
    おすすめ度3 多分非常に原書に忠実なのだと思いますが。。。


     1回読んだだけではやはり飲み込めないので、またの機会に。
     文章は難しくないと思うのだが、この本は本文以上に注釈があるところがポイント。岩波の新訳はそうでもなさそうだが。
    タグ:思想
    posted by うらぢ at 21:21 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2008年04月09日 Wednesday

    読んだ本08-022 牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学

    牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書 さ 5-1)
    幻冬舎
    坂口 孝則(著)
    発売日:2008-01
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:6161
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度2 この本自体が、著者の主張を実践した商品だ
    おすすめ度3 人としてはきらい
    おすすめ度5 「価値観が変わる」というか「そこまで?と呆れる」
    おすすめ度4 資材調達の担当者じゃなくても自分の生活を見直すきっかけに・・・
    おすすめ度1 後味が悪かったかな


     仕入れの重要さを説いた本。原価は材料費だけではないという話から、価格が如何にして決まるかという話もあるし、気楽に読める本ですな(反対にいえば内容が薄いかも)。今、私がしている仕事は会社はどの程度費用がかかっているか、どんな力関係で決まっているか気になりますな。
    タグ:経済
    posted by うらぢ at 23:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物

    買い控えが起こりそうな記事だな

  • Vistaに見切りをつけたMS、「Windows 7」登場は来年か

  •  どこまで本気かはさておき、登場しても得体が知れないし、シンプルを売りにするとは思えないしなあ。VMを使っての互換性をやるのかな。
     まあどこまで本当かも分からないけど。

     んで、Excel2000を未だ使用しているのだが、起動する度にインストーラが動き、CD-ROMを要求される。キャンセルして動かすことはできるが、どうもUpdateしたらそうなることがあるらしい。これではダメだろと思って、三四郎を導入したんだが、会社で使用しているExcelの関数に合っていないらしくてエラーが出て月を変えても曜日が連動しない状態。どうしたものか。



    posted by うらぢ at 01:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年04月08日 Tuesday

    読んだ本08-021 勇気凛々

    勇気凛々 (角川文庫)
    角川書店
    高杉 良(著)
    発売日:2000-03
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:336384
    おすすめ度:2.5
    おすすめ度2 実話なのでしょうが・・・
    おすすめ度3 成功の秘訣は基本的なこと
    おすすめ度3 始めは我が為に、やがて社会公共の為に
    おすすめ度2 実名だから赦されるが


     実在する「ホダカ」の社長だった故武田光司氏をモデルにした小説。ラジオ局にいた頃に営業で才覚を伸ばし、本人が未知の分野である自転車事業で成功していく小説であるが、彼と私の境遇があまりにもかけ離れていて参考にならんなあと。早めの撤退という教訓には良いかも。
     一応講談社版もあるが、Amazonではこちらの評価は良いというのも不思議だ。
    posted by うらぢ at 20:43 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    最近ひどいのかも

     土日は廃人のようになっていたので、何とか復活しようとしているところ。まあこの時間まで起きているのもどうかと思うんだが。

     今の仕事は前とは全く違う技術を使うところで、同じモノを作っているとは思えん(独り言)。

     上方漫才大賞を見逃す時点でアレだなあ。
    posted by うらぢ at 01:35 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2008年04月04日 Friday

    読んだ本08-020 猛烈社員を排す

    猛烈社員を排す
    文藝春秋
    城山 三郎(著)
    発売日:1986-11
    ランキング:530871
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 昔のサラリーマンを知るために


     昭和40年代の経済事情をまとめた本。雑誌のコラムか何かをまとめたものだろうか?
     STセミナーというのもなかなか凄いなあ。センシティビティ・トレーニングというらしいが、互いに知らない人たちを世間から隔離された場所に集めて5日間自由にさせるというもの。これを見る限りでは人間の酢の部分というよりも人の嫌な部分を見るような感じがするのだが。
     あとは昔にあったサンウェーブの倒産など、この時代の潰れた会社を巡るいろいろな事情が興味深かった。倒産というと、売れなくなってというイメージだが、売れても銀行が資金の流れを止めて立ちゆかなくなるケースだったらしく、時代の流れかとも思ってしまった。
    タグ:経済史
    posted by うらぢ at 21:00 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物