2007年06月30日 Saturday

フリッチャイのチャイ5





 チャイ5の濃密な演奏がとても良い。フリッチャイ指揮でこんなに印象に残ったCDの記憶がないなあ。

・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64(初CD化)
 ベルリン放送交響楽団
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
 録音:1957年、ベルリン(ライヴ、モノラル)

・シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
 アルフレッド・コルトー(p)
 ベルリンRIAS交響楽団
 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
 録音:1951年、ベルリン(ライヴ、モノラル)
タグ:CD
posted by うらぢ at 19:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

10日目:重ね合わせ処理

 『OS自作入門』は10日目を終了。今回はC言語が主体の重ね合わせ処理。Cのソースを丹念に読まなかったが大体把握。マウスカーソルを動かす処理をするときは下の画面も描画し直せよという話。それを画面全体でやっちゃうのか、実際はマウスカーソルを動かすだけなので、新たに書くところとマウスカーソルが退いたので下の画面(背景)を書き直す処理で良いはずだよという話。
 ハードウェア的なことが絡まないと理解しやすいなあ。
 やっと3分の1。



タグ:os_30
posted by うらぢ at 16:05 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2007年06月27日 Wednesday

読んだ本07-049/神の街の殺人

神の街の殺人
文藝春秋
トマス・H. クック(著)Thomas H. Cook(原著)村松 潔(翻訳)
発売日:2002-04
発送時期:通常3〜5週間以内に発送
ランキング:145971
おすすめ度:2.5
おすすめ度3 ファン以外には薦めない
おすすめ度2 ソルトレイクの「記憶」は…


 クック初期の作品。記憶シリーズとは違い、時系列通りに事が運ぶ。犯人を追う話と言うよりもモルモン教とその周りについての話と割り切るのが正解か?というか、教団サイドからクレームがなかったのだろうか?
タグ:Book ミステリ
posted by うらぢ at 20:50 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物

2007年06月26日 Tuesday

検索機能は一部だと思う

  • 検索機能で売り上げアップの新公式――HMVジャパン

  •  検索機能もさることながら、記事や見栄え等も他の追随を許さないという感じ。昔の検索機能は重かったというイメージが強かったけど、改善してきているのは感じる。いろいろと工夫を重ねているのだなと感じた次第。日本法人が売却されてもサイトの方は今以上にして欲しいところ。

  • 京阪タク社長に逮捕状 京都府警、貨物運送法違反の疑いで

  •  これがよく分からないのが、運送業者ではなくタクシーで運ばせた方が費用がかかると思うのだが、何かウラでもあるのだろうか?



    posted by うらぢ at 00:39 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年06月25日 Monday

    労働党に復活の兆し?

  • 英労働党の支持率が保守党しのぐ 世論調査

  •  ブラウン就任前の期待?いずれにせよ保守党の追い風を生かせないところが痛いということか。

  • 東証、上場廃止に次ぐ罰 「特設注意市場」新設へ

  •  昔店頭市場にあった店頭管理銘柄みたいなものか?(参考)作ったら作ったで、取引量の多さに対処できるシステムを作らないといけないわけだが。





    posted by うらぢ at 01:37 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    録音へ一歩前進

     Linuxでストリーミングを録音の件ですが、「Audacity」でいけることが判明。きっかけが2chの過去ログだったところが、私の検索力の低さというか、なんというか。streamripperではBBCの録音はうまくいかなかったので、こちらにしたらFedora機の方ではmp3変換は成功しました。Ubuntuが入っているノートの方は変換するライブラリがなかったようで、今度入れなくてはいけないみたい。ともかく、これでシーズンには間に合いそうだ。まだ安定性や予約のチェックがいるけど、これは今度の週末にでも。

    参考サイト
  • Audacity: フリーのオーディオエディタ・レコーダー

  • Audacityをインスツールする。




  • タグ:Linux
    posted by うらぢ at 01:15 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年06月24日 Sunday

    9日目:メモリ管理

     『OS自作入門』は9日目が終了。このペースだと終わるのが9月頃になりそうだ。今回はマウスカーソルの重ね合わせ処理を離れて、メモリの管理から。通常にmallocが使えないために自前で何処のアドレスを使えるか使えないか処理をしなくてはいけないというわけだね。最初にメモリの容量を調べるところから、コンパイラの最適化のためにアセンブラで作るという羽目になっているが、この辺はさらっと追っただけだなあ。あとはメモリの空きを管理する配列の処理。別の日記でコードを読めば理解できるようなことが書いてあったけど、あら本当だ。すぐみてやる気をなくしてはダメだと言うことだなあ。
     本当に理解しているのかは疑問として、残りの日を10日目に使うとするか。



    タグ:os_30
    posted by うらぢ at 18:58 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    録音サーバ化計画再始動

    玄箱で遊ぼう!!―玄箱/玄箱HG対応
    ラトルズ
    鈴木 哲哉(著)
    発売日:2005-02
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:8910
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 玄箱をいじる素人な自分に。
    おすすめ度4 玄箱の使い方を示す良本
    おすすめ度4 玄箱って・・・
    おすすめ度4 意外におもしろかった

  • 中古で入手した玄箱HGにHDDを入れる作業を行ったのだが、どこで膨らんだか知らないが、きちんと締まらずややでっぽこした状態に。それでもLANに接続して、起動させたら認識しましたが。設定サイトはIPアドレスでなくとも、h t t p : //kuro-boxでもいけるんだあと。
     いつ、Debian化をしてみようかと。思案中。

  • ノートPCの録音サーバ化計画ですが、ようやく重い腰を上げてStreamripperを入れた。最初はソースを落として、デスクトップのFedoraに入れてみたが、うまく入らず。次こそはとノートのUbuntu機に入れてみても同様。どうやったらと思って調べたところ、Debianではapt-getでインストールできるらしいと。何故にアプリケーションの追加とのことで引っ掛からないのかは知らないが、コマンドでsudo apt-get install streamripperとやればいけた。野良ビルドしなくても良いんだという思いと、野良ができなかった理由を放置する心残りと交差していた。ただストリームの録音がまだうまくいっていないのでした。

  • 上記2点のせいで(だけでもないが)、OS本は9日目終了できず。
  • タグ:玄箱 Linux
    posted by うらぢ at 00:43 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年06月21日 Thursday

    エジプト諮問評議会選

  • 与党がほぼ議席独占=エジプト諮問評議会選

  • エジプトの選挙管理委員会は19日、同国で11日と18日に実施された諮問評議会(任期6年、定数264)選挙の結果を発表、ムバラク大統領の与党・国民民主党が改選議席88のうち84議席を獲得したと発表した。同国のメディアが伝えた。

     メモ。
    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

    人任せは危険をはらむ

     年金の話。
     支払者がよく見えない仕組みだったから起こった問題で、役所云々よりも仕組み自体が問題だったのでは。何かあったとき救われないというのではなあ。



    posted by うらぢ at 01:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2007年06月20日 Wednesday

    読んだ本07-048/ファウスト〈第一部〉

    ファウスト〈第一部〉
    岩波書店
    ゲーテ(著)Goethe(原著)相良 守峯(翻訳)
    発売日:1958-01
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:4604
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 私は目もくらむほどの体験に身をゆだねたいのだ
    おすすめ度5 ドラゴンバレーでファウストに学んだこと(;'Д`)ハァハァ
    おすすめ度4 旧版 森 林太郎 (翻訳) はいずこへ
    おすすめ度5 さすがゲーテさすがファウスト
    おすすめ度5 上演不可能の脚本に何故ゲーテが取り組んだのか


     学生時代に読んでいたが、読み返すと全く印象が違う。翻訳なのだが出てくる言葉が素晴らしい。ファウスト等の登場人物が語る台詞にいろいろと思想を感じて面白い。このころにはキリスト教から自由になろうとしていたことを窺わせる。主人公ファウストは倫理的にはどうなのかなと思わせるが、精神的な自由さを感じさせた。
     あと2部の紹介がある解説は読まなかった。
    タグ:Book 文学
    posted by うらぢ at 21:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年06月19日 Tuesday

    事前予想と大きく異なる結果に

  • 仏国民議会選、与党が過半数獲得・改選前の議席数下回る

  •  400超えるという話はなんだったんだという数字。それでも過半数獲得で形的には勝利。この辺が2回投票制の綾なんでしょうか?
     結果は民衆運動連合(UMP)が314議席。400どころか前回の357議席にも満たない結果だった。社会党が185議席だった(前回141)。
     この国だったらメディアのせいにする政治家が幾ばくか現れそうだなあ。

  • 「クロレッツ」、「テイカロ」にTOB

  •  「クロレッツ」がキャドバリー・シュウエップス、「テイカロ」が三星食品。商品名が先行しているというのは良くあること、古くは金鳥が有名なところ。商品名から社名になったという例もあったりするくらいだからなあ。
     テイカロの会社って上場していたのか、ヘラクレスだけど。





    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:07 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年06月18日 Monday

    読んだ本07-047/進化しすぎた脳

    進化しすぎた脳
    講談社
    池谷 裕二(著)
    発売日:2007-01-19
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:422
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度4 講義形式ならではのライブ感があって読みやすい
    おすすめ度5 「怖い」と思った本
    おすすめ度5 人生チャレンジの連続だ!
    おすすめ度5 確かに高校のとき読みたかった
    おすすめ度5 文系脳にもわかりやすい


     学ぶには最先端が一番面白いというけど、それを実証してくれるかのような本。この本の良さは高校生との講義形式で少人数のため、生徒との対話があり、それがわかりやすさとテンポの良さを引き出している点だと思う。
     この人と5つくらいしか歳が変わらないのが不思議だなあ。しかも講義したのが2002年なので、ほぼ私と同じ歳のころの話なんだなあ。全然違うなと痛感。まあ私はさまよえる人なんだけど。
    タグ:Book 科学
    posted by うらぢ at 22:28 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    8日目終了

  • 『OS自作入門』の8日目はマウス制御の続きと32ビットモードに関する説明。マウスは3バイトの情報を解析して、どのクリックボタンか、縦横どれだけ動いたのかという情報を切り分けていく。その情報を元に前あったマウスカーソルを消して、また描画するという処理になる。ただ今回の分だと下のタスクバーに行った時にタスクバーが消えてしまうという事件が。マウスカーソルと消したときにバックの色を書いていることが原因なんだろなあと思いつつ、次へというところ。この後インターミッション的な扱いで32ビットモードについて触れられている。このOSを32ビットモードで使うにはが書かれていると思うのだが、アセンブリで書かれていても全体像が。これは理解ができるようになったときにまただな

  • 仕事が変わった時のためにC++の勉強でもやっておこうかとやや思った。クラスの作り方とか久々に見たけど、忘れていたなあ。





  •  
    タグ:os_30
    posted by うらぢ at 01:12 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年06月17日 Sunday

    ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集





    ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集
    アルバン・ベルク四重奏団
    録音:1978-83年[ステレオ&デジタル]


     ヴァイオリンの音が最近嵌っているため、これを。結構前に出ている箱物だけど、まだ入手可能なようだ。安いし演奏も良いしなあ。
    タグ:CD
    posted by うらぢ at 17:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    7日目終了 他

  • 『OS自作入門』は7日目。マウス情報をバッファとして記憶するところから。未だにハードの情報をどのようにCPUに伝わるかがいまいち理解していないのだが、FIFOの仕組みは何気に理解。まだカーソルは情報を描画するに至っていないので、右上に数字の情報として表しているだけの状態。次の8日目でようやく動き出すようだ。

  • 最近ウィンドウズでのプログラミングが復活したこともあって、Peggyを再び使用。tagの使い方も分かってきたし。これは実際開発の現場で使用しないと便利さに気付かないものだなあ。デバッグと同様に。ただこのPeggy、pythonには対応していないようで。まあ弄ればperlと同じようにスクリプト結果の出力ができますが、pythonは別にPyScripterがあれば充分かなという気がする。




  • タグ:os_30 Python
    posted by うらぢ at 00:51 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年06月16日 Saturday

    読了:はじめて読む486

    はじめて読む486―32ビットコンピュータをやさしく語る
    アスキー
    蒲地 輝尚(著)
    発売日:1994-09
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:2369
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 素晴らしい486アーキテクチャ本
    おすすめ度5 この本は達者!
    おすすめ度5 本当に傑作の一品です。
    おすすめ度5 OSを勉強をしている人にもお勧めの一冊


     アセンブラをあまり知らないのに読み続けました。中身の理解はまだまだというところで、いろいろ知ったあとにまた読み返さないとなあ。
    タグ:技術書
    posted by うらぢ at 13:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年06月14日 Thursday

    読んだ本07-046/プルタルコス英雄伝〈下〉

    プルタルコス英雄伝〈下〉
    筑摩書房
    プルタルコス(著)Ploutarchos(著)村川 堅太郎(編集)
    発売日:1996-10
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度4 訳文が読みやすくなっている
    おすすめ度5 very readable and interesting book


     クラッスス、ポンペイウス、カエサル、キケロ、アントニウスと紀元前1世紀のローマ中心。でも相変わらず読みづらい本だったなと言う感想。当時と歴史観が違うせいでしょうか?
     『最も贅沢な浪費、それは時』というアンティフォンの言葉は印象的でしたが(アントニウスの項で出てくる言葉)。
    タグ:Book 歴史
    posted by うらぢ at 23:56 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物

    そういえば駆け込み乗車をネタにしていたコンビがいたなあ

  • 手はさまれて発車、女性がホーム下に転落し重傷…小田急線

  •  安全装置に対する過信も問題だなとこういう事故が起こる度に感じる。批判されるのは決まって鉄道会社の人もしくはドア関連の人たちだが。

  • 最大2.17倍は合憲 衆院「一票の格差」訴訟 最高裁

  •  あくまでも司法が立法に口を出す範囲ではないと言うことなので、立法府がこれに甘えていてはいけない(まあ利害が絡むと動きが鈍いのはこの世の常ですが)。
     別のところで『無所属候補は政見放送ができず、政党に属する候補者に比べ選挙運動で不平等に扱われているのは違憲』という主張も気になるところだが、小選挙区制度だと候補者別の政見放送というのも実際問題難しいのだろうなと。



    タグ:裁判
    posted by うらぢ at 01:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年06月12日 Tuesday

    単語補完

  • Vim生活を快適にする5つのスクリプト

  •  単語補完ができるというのは知らなかった。いろいろ知ると便利になるのだろうな。今度いろいろ調べて、身につけなければ。
    参考:bonar note - vimで効率的にコードを書くための小技


    ちょっことOSの復習をかねて、マウスイベントについて若干理解が進んだけど、GDTとIDTがどう絡んでとか、PIC、ICW、IRQとか英文字3字が続けてくると頭が混乱してくるなあ。

    Windows向けのPythonエディタ、PyScripterが便利。まだデバッガを使う段階には至っていないが、インタラクティブモードみたくすぐに試せて、単語補完もできるし、軽く使うにも便利。
    ただ習得には時間がかかりますが。。。
    参考:Python開発統合環境の決定版!





    タグ:os_30 Python
    posted by うらぢ at 00:53 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。