2007年05月31日 Thursday

読んだ本07-043/行動経済学入門

行動経済学入門
日本経済新聞社
多田 洋介(著)
発売日:2003-12-11
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 わかりやすい入門書
おすすめ度4 他分野との関連も
おすすめ度4 現実経済の説明能力が上がる
おすすめ度4 そうか、行動経済学とはクリシンだった
おすすめ度5 行動経済学を勉強したいなら本書から


 行動経済学の指針となるべく例題が出てきたり、例え方がうまかったりするけど、数式がいくらか出てくるのでアレルギーの人には要注意というところ。まあわからなくとも通して読めますが。
 こういうのは経済学というよりも投資行動としてみた方が参考になるかも。
タグ:経済学 Book
posted by うらぢ at 23:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2007年05月30日 Wednesday

読んだ本07-042/謀略―昭和闇の支配者〈6巻〉

謀略―昭和闇の支配者〈6巻〉
大和書房
大下 英治(著)
発売日:2006-10


 今回は2人に分かれていて、前半はジャーナリストの五味武氏。もう1人は蛇の目事件の中心人物小谷光浩。取材に基づいて小説じみた描写が結構このシリーズのウリなのかも。本当に登場人物がそのように考えて発言したのかは推測なんだろうなと。
タグ:Book 経済史
posted by うらぢ at 00:06 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2007年05月28日 Monday

サンライズ・テクノロジー上場廃止へ

  • 大証、サンライズTを上場廃止「契約違反に該当」

  •  特定株が5.1%と誰がコントロールするんだろというような状態。これも増資を繰り返してきたためなのだが。
     大証にとっては早いこと除去したかったのだろうが、ようやく名目が見つかったのだろうなと。ただ会社としては不当だと思っているようなので、逆転の目は司法の場に少しだがあるのか?





    posted by うらぢ at 01:52 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式関連

    録音サーバにできるか?

    例により箇条書きに

  • phpではsqliteの導入に苦戦中。ものにならないまま時間が。。。

  • 玄箱に興味を持ち出す。

  • 遊休状態のノートPCを録音マシンとして利用できないか試験中。Ubuntuマシンなのだが、streamtunerを入れたのだが、録音はできない。それにはstreamripperが必要なのだが、リポジトリにはないようなので、野良ビルドをやるしかないのかと思った。実行は来週にしようかと。できてもあとは予約という課題があるんだけど、これがクリアできればネットラジオ録音はかなり楽になる。

  • OS本はようやく11日目終了。




  • タグ:Linux
    posted by うらぢ at 01:34 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    アハーン3期目は確定的らしい

  • 単独過半数ならず連立へ、下院選でアイルランド与党

  •  アハーン首相の共和党が勝利したものの、定数166に対して78議席獲得に止まり、他の政党との連立が必要に。統一アイルランド党、労働党、緑の党との野党連合は届かなかったことになるが、進歩民主党は共和党寄りらしいので、残るシンフェイン党と無所属議員の動向次第ってところか。数字で見る限りは。

  • 野党系テレビ局の放映中止を命令、ベネズエラ最高裁

  •  この報道、日本では黙り傾向なのか?別にチャベス味方の報道機関ばかりじゃないと思うんだが。





    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:21 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年05月26日 Saturday

    トスカニーニの演奏会CD

     個人的にお気に入りなのは「運命の力」と「マンフレッド」序曲。





    【曲目】
    1952年11月8日の演奏会
    ベートーヴェン: 交響曲 第8番 ヘ長調 Op.93
    ワーグナー: 「タンホイザー」 序曲とバッカナール
    ヴェルディ: 「運命の力」 序曲

    1953年1月31日の演奏会
    シューマン: 「マンフレッド」 序曲
    ロッシーニ: 「ウイリアム・テル」 −バレエ音楽「パッソ・ア・セイ」
    ドヴォルザーク: 交響曲 第9番 ホ短調 Op.95 「新世界より」

    【演奏】
    アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)、NBC 交響楽団
    タグ:CD
    posted by うらぢ at 19:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    あれはカリカチュア???

     金曜深夜放送の爆笑オンエアバトルにて久々にキング・オブ・コメディのコントをみる。基本は今野の的はずれなボケに高橋の冷たい突っ込みが面白いところなのだが、今回は教習所をテーマに演じていました。今野が例のごとく的はずれなことをやらかすわけですが、あんな極端でなくとも、日常でも教える立場になったときなんで肝心なことがわからないのにこういうことに疑問を持つかなという人がいたりします。今の職場でそういうことに遭っているわけなのですが、本人なりには一所懸命なのでしょうが、要領が悪いとこまめにメモを取ってもその知識をどう役立てるかに結びついていない。今野がメモを取る描写をみて、極端にするとああいう状況なんだなと感じてしまいました。



    posted by うらぢ at 15:02 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸

    読んだ本07-041/世界一ホットな雑学本250連発!



     久々に雑学本を読んだけど、役立ち度は中ぐらいかな。ちょっと時期物が多いので、すぐに陳腐になりそうな気も。
    タグ:Book 雑学
    posted by うらぢ at 13:07 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年05月24日 Thursday

    読んだ本07-040/ボヴァリー夫人 (下)

    ボヴァリー夫人 (下)
    岩波書店
    フローベール(著)伊吹 武彦(著)
    発売日:1960-11-25
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 this is the novel


     下巻になるとボヴァリー夫人の転落ぶりが如実に。
     中身は不倫劇なのだが、経済感覚のない人が悪徳商人にやられていく様を感じ取るのも良しだな。
    タグ:Book 文学
    posted by うらぢ at 23:56 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年05月23日 Wednesday

    EMI買収先決定へ

  • 英EMI、英投資ファンドの買収受け入れ・5700億円で

  •  ワーナーも買収を持ちかけていたが結局は投資ファンドのテラファーマに落ち着いたらしい。これでEMIを巡る合併、買収騒動は終わりを迎えることになるのか?



    posted by うらぢ at 00:59 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    たたかいだ

     YouKnow君は本当に凄いなあ。私の元に入った新人君だが、たまにプログラムを組ませようとするけど全くダメなことが判明。右辺から左辺への代入が基本ということ自体が飲み込めていなかったらしい。今まで基本書を読んでいなかったのだろうか。
     前に関数や変数の宣言にとまどっていたときにやばいなあと思っていたが、ここまでだったとは。
     これでは誰も勉強をしているとは思わないだろう。ちょっと前にやる気を疑われて問題になっていたのになあ。



    posted by うらぢ at 00:06 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2007年05月21日 Monday

    読んだ本07-039/男子の本懐

    男子の本懐
    新潮社
    城山 三郎(著)
    発売日:1983-01
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 タイミング、、、
    おすすめ度5 入魂の傑作
    おすすめ度5 政治家とは・・・?
    おすすめ度5 命がけの仕事
    おすすめ度5 名著です


     昭和初期の政治家、首相の浜口雄幸と大蔵大臣の井上準一郎のお話。話は金輸出解禁が中心だが、この経済政策は今ではあまり評判が良くないものなので、割り引いて考えておくとして周囲に惑わされずに信念を貫く政治家像を追った物語を考えるのが妥当かも。
     ただ信念を誤って捉えられても手に負えない人になるからなあ。難しい。
     この2人はテロにより命を落とすことになるのだが(浜口の場合はテロに遭ってから付随の病気にかかったためだが)、Wikipediaでみるとその後の犯人の処遇が甘いなと感じる。
    濱口雄幸 - Wikipedia
    井上準之助 - Wikipedia
    タグ:Book 経済史
    posted by うらぢ at 21:16 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    ルーマニア大統領弾劾投票は否決

  • ルーマニア国民投票、大統領弾劾を否決・反対74%

  •  反対は結構多いものの、投票率が約44%と関心はあまり高いとは言えなかった模様だ。これで議会派の攻勢が治まるのだろうか?

  • ベトナムで5年に1度の国会選挙・投票、波乱なく

  •  ベトナム共産党の一党独裁に基づく選挙なので、実質信任投票だった。この選挙後に国家主席と首相の任命が行われる手続きとなっている。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:16 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年05月19日 Saturday

    バルビローリ指揮 ハレo./ブラームス 交響曲第1番

     ハイドンも良いけど、ブラームスの交響曲も良い。久々にバルビローリの演奏に感心してしまった。特に終楽章の盛り上げかたはさすがだな。久々にウィーンフィルとの演奏も聴きたくなったなあ。





    『バルビローリ・プロムス・ライヴ(1954)』
    【曲目】
    J.ハイドン:
     歌劇 《無人島》 序曲
     オラトリオ 《天地創造》 Hob.XXI-2 より そこで神はその御姿にしたがって人間をつくられた、威厳と気高さを身につけ
    J.ブラームス: 交響曲 第1番 ハ短調 Op.68
    【演奏】
    デイヴィット・ガリヴァー(テノール)
    ジョン・バルビローリ(指揮)、ハレ管弦楽団
    【録音】
    1954年8月24日 ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール (ライヴ)
    タグ:CD
    posted by うらぢ at 19:28 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    (無題)

     人質になった人まで名を出すことはないのではないか?これからやりにくいことが出てくるかも知れないしなあ。
    posted by うらぢ at 19:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2007年05月18日 Friday

    読んだ本07-038/トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す

    トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す
    新潮社
    トーマス・マン(著)高橋 義孝(著)
    発売日:1967-09
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度5 名訳で贈る最高傑作
    おすすめ度4 たぶんに
    おすすめ度5 迷える俗人
    おすすめ度5 美に生き、美に死す
    おすすめ度5 芸術家の孤独を知る喜び


     これは結構昔に読んだが、マンの文章ってこんなに素晴らしかったのかと当時は気付かなかった。トニオ・クレーゲルのディレッタントな描写といい、自分は特別だという思いといい。若いってそういうものかなと思ってみたり。

    タグ:Book 文学
    posted by うらぢ at 22:50 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年05月17日 Thursday

    ペンタックス経営陣降伏?

  • ペンタックス、HOYAのTOB、一転受け入れへ

  •  株主総会で勝つ見込みが立たなかったから譲歩に踏み切ったらしい。ただペンタックス側が提示した条件をHOYAが受け入れるかは不透明な状況で、また拗れる可能性もあるらしい。
    (1)合併を推進し、解職された浦野文男前社長と森勝雄前専務執行役員の取締役留任を求めている株主提案の取り下げ(2)ペンタックス現経営陣の留任(3)デジタルカメラ事業の存続――などを示したもようだ。

     うーん。留任というのはムシが。。。

  • 大統領、下院選圧勝を確信=200議席の見通しも−比中間選挙

  •  上院が苦戦で下院が勝利という結末になるのか。

  • ベネズエラ、第1四半期経済成長率は8.8%=中銀

  •  強硬に出られるわけ。



    タグ:M&A poll
    posted by うらぢ at 01:13 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年05月16日 Wednesday

    読んだ本07-037/数学、一歩先へ

    数学、一歩先へ―証明と計算がおもしろい
    岩波書店
    大橋 義房(著)
    発売日:2007-03
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:107090


     流して読むには追い切れない部分もあるけど、とにかく読み通しました。循環小数の辺りが興味深かった。
    タグ:Book
    posted by うらぢ at 21:18 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    読んだ本07-036/ボヴァリー夫人〈上巻〉

    ボヴァリー夫人〈上巻〉 (1960年)
    岩波書店
    伊吹 武彦(翻訳)
    発売日:1960


     私が持っているのは10年くらい前に購入した岩波文庫版の方。こちらは2分冊になっていて、上巻を読み終えたところ。
    タグ:Book 文学
    posted by うらぢ at 00:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年05月14日 Monday

    今日も箇条書き日記

     PHPを少しやってみたのだが、fedoraは通常の設定ではmbstringが使えないのかと。php.iniを弄ればいいのかは未確認。
     それとコマンドラインでインタラクティブモードがあることを知る。まあこれはpythonで充分だが。

     OS本はまだ9日目。1ヶ月以上なるが、このペースだと盆休み頃か?


     FreBSDのコードはここから拾っているのだが、atticというのは削除して今はないということなのか?となると現在のシェルコマンド系のソースはいずこへ?(例えば/src/bin/csh/csh.cとか)

     ちなみにpythonの腕前はかなり初歩的だ。perlの方がまだ使えている。

    [PR]◇◇◇ オシャレなラック ◇◇◇


    タグ:PHP
    posted by うらぢ at 02:08 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。