2007年03月29日 Thursday

エジプト国民投票は承認される

 光華寮は現在自主管理みたいだけど、係争中は改修もできずに住んでいるのも4、5人らしい。このまま台湾側の敗北に終わる公算が強いらしいけど、差し戻し審がどれくらい早いかにもよりそう。(記事)

  • エジプト国民投票、憲法改正案を承認

  •  投票率が27.1%と低かったものの、賛成が75.9%で承認されることになった。ただ反対側は推定5%程だったと反論している。だったら反対票が簡単に集まるのではという気もしますが。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:23 | 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月28日 Wednesday

    読んだ本07-024/カラヤンとフルトヴェングラー

    カラヤンとフルトヴェングラー
    幻冬舎
    中川 右介(著)
    発売日:2007-01
    発送時期:通常2〜3日以内に発送
    ランキング:6766
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 クラシック音楽に興味ない人にもマル
    おすすめ度4 芸術家の人間ドラマ
    おすすめ度4 世界最高峰の指揮者のエピソードがわかる面白い本です
    おすすめ度5 クラシック世界の裏側を物語として読ませる
    おすすめ度5 いっきに読めるリアルな人間ドキュメンタリー


     フルトヴェングラーが猜疑心の強い人とは。こういう人でも人を操る指揮をやったり、ベルリンフィルのトップに君臨していたのだから不思議といえば不思議。逆にカラヤンはあまり顕わにしていないせいか、見えないところがある。権力に取り憑かれていたのはよくわかりますが。人ってこういう権力闘争に興味を惹かれるもんですな。
    タグ:cla Book
    posted by うらぢ at 21:21 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    光華寮訴訟はまだまだ続く

  • 光華寮訴訟 台湾に原告代表権なし 最高裁が2審破棄 日中声明で消滅

  •  この裁判も相当長い間争われていたんだが、ようやく最高裁判決が。ただ京都地裁へ差し戻しなのでまだまだ続くことになるのか。
     しかも原告適格がないという争いの入り口のところで弾かれたんだからなあ。裁判を起こした当時はまだ台湾が正当な中国という扱いだったんだからなあ。誰の責任なのかと。
     現状的には北京政府の所有になっているのだろうか?

  • 古紙持ち去り「昨日は無罪、きょう有罪」 同じ東京簡裁

  •  簡単に言えば、条例の曖昧さがどこまで許されるのかという話なのだが。この件では集積所というのがどこを指すのか不明確かどうかという話みたい。しかも独占的に特定の回収業者に任せるのは不合理という話が絡めばややこしい。もともと縄張り争いでもあったのだろうか。



    タグ:裁判
    posted by うらぢ at 01:21 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月27日 Tuesday

    略称化する社名

  • 石播、「IHI」に社名変更・7月1日付

  •  英文字3文字の会社が多くて、石播ほどの会社なら既に浸透していることもあるからマシかも知れないが、上場会社でも覚えられないほど多くて、暗号みたいで混乱する。お堅な人だったら顔がないとか書かれそうなものだ。

  • 新大統領にアブドライ氏   モーリタニア、民政復帰へ

  •  モーリタニア大統領選挙は決選投票の結果、元財務相のアブドライ氏が約53%の得票率で当選を決めた。クーデターで追われたタヤ前大統領の下で閣僚をしていた実績からタヤ大統領支持者の票も集めたとのこと。ホワイトムーアとブラックムーアとの闘争というのも。ちなみに決選投票に残った双方ともエリートとされるホワイトムーアらしい。

  • 改憲へ国民投票=野党はボイコット−エジプト

  •  改正されるとテロ対策や原理主義を抑える観点から政府に強力な捜査権限を持てるようになる。これが反民主的との批判が内外から起こっているが、どうも通過しそうな気配。
    修正項目の中で野党側の反発や人権団体の批判を呼んでいるのは、(1)人民議会で3%以上の議席を持つ政党に所属しなければ、大統領選に立候補できない(2)1981年のサダト前大統領暗殺以来続いている「非常事態宣言」に代わり「反テロ条項」を盛り込み、治安当局に令状なしにテロ容疑者拘束や家宅捜索、盗聴を認める(3)宗教に基づく政党を認めない−などの点だ。


    1.今週のセール(週替わり)
    posted by うらぢ at 01:17 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読んだ本07-023/群衆心理

    群衆心理
    講談社
    ギュスターヴ ル・ボン(著)Gustave Le Bon(原著)桜井 成夫(翻訳)
    発売日:1993-09
    おすすめ度:4.0
    おすすめ度4 補足
    おすすめ度4 ヒトラー『わが闘争』の原型


     最初に群衆とはこういうものという話から入って、最後の方は選挙や議会、陪審員といった政治めいた話になる。最初の総論的な話は理論よりも感情が先走るというような話があったりして納得がいくけど、最後の方は例が極端なものに感じて時代を感じさせてしまった(何せ1895年の作品だ)。
    タグ:組織 Book
    posted by うらぢ at 00:00 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年03月26日 Monday

    ざっとおもいつくままに

     C++で以前使っていた入門書を読み直しているのだが、2年も経てばやはり成長しているんだなあと実感。これとPHPはしばらく余興くらいにしておくつもりだが。

     LinuxとC言語で詳しい本は無いものかと探索中。現在の本はmakeのところまで来ました。

     最近回文プログラムを作ろうと思案中。

    [PR]実感できる高機能スキンケア 【 リアルラボ 】
    posted by うらぢ at 01:39 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    香港行政長官選は波風立たず終了

  • 香港行政長官、曽蔭権氏が再選 間接選挙で圧勝

  •  間接選挙とはいえ、曽蔭権氏が649票、対抗馬の梁家傑氏が123票という圧倒的な差。梁家傑氏は推薦人が132人居るので、何人かには裏切られたことになるのか?民主化の動きは高まるんだろうけど、本土と同じく様子見ながらゆっくりとになるんだろうな。

     ベナンの議会選挙は31日に延期になっている。Wikipediaでも修正していたようだ。
    News | Africa - Reuters.com Benin delays parliamentary polls to March 31

  • 米ファンド、日興TOB価格に不満

  •  終わるかに見えた価格闘争だが、最後の一波乱と言うところか。賛同者が現れるかどうか注視。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:20 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月25日 Sunday

    シルヴェストリの「海」





    【曲目】
    1)ウォルトン:パルティータ
    2)ドビュッシー:交響詩「海」
    3)ラフマニノフ:交響曲第3番イ短調Op.44
    4)ヘンデル:「王宮の花火の音楽」組曲
    5)ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調Op.93
    6)ディーリアス:パリ、大都会の歌
    7)R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
    【演奏】
    コンスタンティン・シルヴェストリ(指揮)、ボーンマスSO
    【録音】
    1、2)1965年5月7日
    3)1967年12月1日
    4)1967年11月20日
    5)1966年12月6日
    6)1967年3月2日
    7)1967年1月5日
    ボーンマス、ウィンターガーデン(ライヴ)


     シルヴェストリは影ながら好きな指揮者である。個性的な演奏する指揮者は出来不出来が激しかったりするのだが、当たりを求めて購入するのもまた良しである。この中でも好きなのが、ドビュッシーの「海」とラフマニノフの交響曲。

    タグ:CD
    posted by うらぢ at 19:39 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    魅惑のオペラ

    DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
    小学館
    小学館(編集)
    発売日:2006-12-08
    発送時期:通常2〜3日以内に発送
    ランキング:753
    おすすめ度:5.0
    おすすめ度5 オペラ好きにはたまらない!!
    おすすめ度5 オペラ観劇禁断症状の処方箋

     昨年の12月から月1回発売され10回で終了するシリーズもの。この手の売り方は小学館ならではのもの。値段が4000円弱(1回目は特別価格と安いのだが)とお手頃かは人次第と言うところだろう。
     フィガロは何度の聴いているし、映像で見たこともあるはずだが、筋書きがうろ覚えだった。聴いていても対訳を読まずだったからなあ。とは言え、話が二転三転するドタバタ劇だからあまり気にしないのが得策か(と自分を慰めてみる)。
     あとの作品を真摯な態度で挑めるか、これから少しずつ消化していく予定。
    タグ:DVD
    posted by うらぢ at 02:35 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    今週の選挙予定

  • 親中派の現職優位揺るがず きょう香港行政長官選

  •  記事によると中国政府が後押しする曽蔭権行政長官が優位な状況。800人の選挙委員による間接選挙で行われる。このため民主派はなかなか勝つことが難しい状況に。

     あとの25日の選挙予定はベニンにて議会選挙が、モーリタニアにて大統領の決選投票が予定されている。26日にはエジプトにて憲法改正を巡る国民投票が実施される。





    タグ:poll
    posted by うらぢ at 02:12 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月24日 Saturday

    プレーヤーの乱

     今日はHDDプレーヤーに予約していた2番組を真っ黒にさせられました。昨日余計なこと書いたせいかしら。前からまれに地上波が映らなくなるときがある。しかも砂嵐ではなく、縞模様のような画面が映る。他のチューナーからでは映るので、このプレーヤーだけの問題なのだが、時間が経てば元通りなので現在は放置している。




    posted by うらぢ at 02:22 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

    2007年03月23日 Friday

    めいしゅのちから

  • 来年のドラフトから希望枠撤廃 今年は意見まとまらず

  •  今年はもう手をつけたからダメだと言っているようなもの。ドラフトされてからのトレードを認めたらいいと思うのだが。
     あと盟主の力が以前ほどではなくなったなあと感じた。

  • HDD着脱で容量アップ 日立が薄型テレビ新シリーズ

  •  DVDがイマイチなのでHDDに活路を見いだすのは一つの方法だと思う。ただ私はここのプレーヤーを使っているのだが、操作がもっさりとしていて使うのにイライラさせられる。改善しているのだろうか?



    posted by うらぢ at 01:30 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 余談

    読んだ本07-022/大山康晴の晩節

    大山康晴の晩節
    新潮社
    河口 俊彦(著)
    発売日:2006-03
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:131710
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度5 大山康晴の強さとその生き方を分かりやすく提示した著作です
    おすすめ度5 大山康晴を知る上での力作
    おすすめ度4 なぜ大山は晩節に至っても将棋が強かったのか?


     偉大なる名人として名を残す彼だが、私が知っているのは最晩年の頃でその当時はここまで強かった人とは想像だにしていなかった。この本では年老いてからの強さを強調している面もあるけど、他の棋士が50を過ぎると急に衰えるのに対して、衰えはするけど一線で這い蹲る気力というのがあるのだろう。そう考えるとプログラマとしてはまだ30過ぎてもやっていけるのではという考えを持ったのだが、甘いのだろうか?
     それとこの本には棋士同士の人間模様というのを感じさせる場面が幾度もある。こういう勝負の世界にいて孤独で闘うとなったら大変なのだろうなと考えてみたり。

    参考:大山康晴 - Wikipedia
    posted by うらぢ at 00:44 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年03月22日 Thursday

    箇条書き日記

    久々に東風荘にてレートが1600に乗った。

    たまっている「魅惑のオペラ」を見ないと。

    バレラは3−0の判定で負けたと聞いて、もう潮時かなと思ったら試合内容自体は悪くなかったようで、1回実質的なダウンを与えているし。

    C++を勉強するにも何を目標にしようかと。



    posted by うらぢ at 02:15 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    発生源は高値更新

  • 上海株式市場、最高値を更新 大幅下落から3週間で回復

  •  いとも簡単に戻ったなあという感じ。北京五輪まではという声もありますが、それを差し引いても成長余力はあるんじゃないかと。ただ何を買えばいいかは別問題。

    −−−−−

     統一地方選挙の顔がフットとは意外性のある人選だなあ。



    posted by うらぢ at 01:14 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月21日 Wednesday

    テンシュテット 素晴らしすぎ

    マーラー:交響曲第1番&第8番
    東芝EMI
    テンシュテット(クラウス)(アーティスト)シカゴ交響楽団(演奏)マーラー(作曲)
    発売日:2006-11-15
    発送時期:通常24時間以内に発送
    ランキング:40903
    おすすめ度:4.5
    おすすめ度5 巨人が素晴らしい!!!
    おすすめ度4 思わず涙・・・
    おすすめ度5 今は亡き巨匠の遺産!


     映像だと出演者の顔が気になるなあ。生だと舞台に千人の場合圧倒されそうだが。
    posted by うらぢ at 18:40 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    2007年03月20日 Tuesday

    吉本って凄いことやるなあ

  • ファンダンゴ上場廃止 吉本興業が完全子会社化

  •  子会社の上場ってこれがあるからなあ。しかもファンダンゴは昨年の2月に上場しているので、株主を愚弄していると言われても仕方がない。どこかしかで批判の報道が流れることを期待。

  • どら焼き「茜丸」の製造元が民事再生手続き

  •  関西圏でしか知名度はないとは思うが、それでも宣伝費がきつかったとの記事である。売上が何十億くらいではそんなものか?ただTDBやTSRにまだ出ていないのが、気にかかる。(記事ではTSRの関西支社と出ているが)

  • フィンランド議会選挙、中央党が第一党維持

  •  定数200で中央党が51議席、国民連合が50議席とこの2党で連立を組むというのが有力視されている。過半数すれすれというのも危うそうだが。



    タグ:poll 倒産
    posted by うらぢ at 00:37 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌

    2007年03月19日 Monday

    はじめてのPython

     みんなのPythonを買ってみたんだが、良かったのかな。Pythonは最初書籍を買わずにネットだけで済ませてみようかと思ったのだが、限界を感じて買ってみた。これと「始めてのPython」と悩んだのだが、価格が安かったのとマーケットプライスに出たタイミングとでこちらに決定。頑張って通して読んでみるよ。

     最近C++関連の本も読むように。。。今何冊並行読みやってんだと言う突っ込みを自分に。

     Linuxの話だが、KDEでハイライト部分が縞模様になるってのがなぜか直っていた。バグだったのが修正になったのだろうか?

    みんなのPython
    ソフトバンククリエイティブ
    柴田 淳(著)
    発売日:2006-08-22
    おすすめ度:3.5
    おすすめ度4 Pythonは使いやすそう
    おすすめ度2 「初めてのPython」の焼き直し
    おすすめ度5 日本人によって日本語で書かれたPython入門書

    タグ:Linux Python
    posted by うらぢ at 02:28 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    寝だめどころの話じゃないよ

  • フィンランドで総選挙=中央党が第1党維持か

  •  中道左派・社会民主党か野党の保守・国民連合のどちらかが第2党になるかの戦い。

  • 「休日に寝だめ」は逆効果=平日差大きいほど不眠、抑うつ−働く人の睡眠調査

  •  私の場合は寝だめの意識があるというか、ただ単におきようという意識が希薄なために長時間寝てしまうんだよなあ。平日との差は2時間では効かないのでどうしたものかと。毎週何とかしようと思いつ、ダメなのだからなあ。平日4〜5時間くらいで週末に10時間超だもんなあ。
     今日は久々に寝過ぎで軽い偏頭痛。



    posted by うらぢ at 01:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年03月18日 Sunday

    リヒテル・イン・コンサート





    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第3番ハ長調 op.2-3
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第4番変ホ長調 op.7
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番ニ短調 op.31-2『テンペスト』
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第18番変ホ長調 op.31-3
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第27番ホ短調 op.90
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番イ長調 op.101
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 op.109
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 op.110
    ■ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 op.111
    ■シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調 D.960
    ■シューベルト:ピアノ・ソナタ第18番ト長調 D.894「幻想」
    ■シューベルト:ピアノ・ソナタ第6番ホ短調 D.566
    ■シューベルト:ピアノ・ソナタ第9番ロ長調 D.575(遺作)
    ■リスト:ピアノ・ソナタロ短調 S.178

    スヴャトスラフ・リヒテル(P)

    1961〜1975年、ライヴ録音


     ベートーヴェンのピアノソナタ4番といい、18番といい、後期3部作もいいし、リストのピアノソナタも良いし、調子の良さが音に現れている感じである。これを聴いて、リヒテルを見直しました。
     HMVの評では録音に気にしておられる方もいるようです。
    タグ:CD
    posted by うらぢ at 17:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。