2007年01月31日 Wednesday

読んだ本07-007

 過酷で辛いはずの収容所生活の一日を描いたものだが、極寒で生きた心地のしないであろう環境の中、主人公はその中でいい思いをして一日を終えている。これを現在の企業に置き換えるなりしても面白そうだし、こういう場でもスキルというので差ができるものだなと感じるのも良い。とにかく、Amazonにあるレヴューのような賛辞は贈れないなあ。

イワン・デニーソヴィチの一日
by ソルジェニーツィン, 木村 浩
新潮社

文庫
定価:¥ 460
価格:¥ 460
中古:¥ 1(Amazonマーケットプレイス)
売り上げランキング: 44723位
通常24時間以内に発送
オススメ度の平均:
rating:5 働くこと、生きるということ

rating:5 一切の事象の単調化

rating:5 ロシア・リアリズムの正当な後継作品



タグ:Book 文学
posted by うらぢ at 01:39 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

Vistaの船出

 柳沢君って何気に現代思想とかに被れているのかと思ったら、そうでもなさそうだな。まあこれは批判する側のセンスも問われてもいいと思う。

  • 楽天・TBSの交渉、また延長=2月末の信託期限が焦点に

  •  1回決着がついたような報道も出たけど、まだまだ溝は深いということか。それともTBSが粘って楽天の自滅を待っているのか?

  • マイクロソフトCEO「パソコンは今後も主役」・ビスタ発売

  •  xpもなかなか買わなかった一人なので、ビスタもなあ。1年くらいは人柱覚悟でないと使えないだろうな。






    posted by うらぢ at 01:23 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月29日 Monday

    何気な一日

     本日は免許の更新で疲れ果てました。おかげでお勉強が全く。今回も非優良運転者です。更新日忘れそうなので、安全協会に入っておくべきだったかな。ここは非難の槍玉に挙げられるところですが。

     Macの再起動のCMなんだが、Windows xpでは落ちたり固まったりして再起動を余儀なくされることは少ないと思うんだが。私的にはアップデートで再起動を要求されるのが嫌ではあるけど。基本的にラーメンズ好きなのでCMをAppleのサイトで確認しようと思ったら、QucikTimeが落ちたんだけどなあ。急いでアップデートしたけど。

     更新の帰りにブックオフで大量に本を購入してしまった。これでしばらく読む本にはことを欠かないはずだ。

     久々に河原町を歩いたんだが、丸善のあった場所ってジャンカラになっていたんだ。あの辺り多くないか?あと何気にBALとなりのビルって呪われたようにテナントがコロコロ変わるなあ。



    posted by うらぢ at 02:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    ガンビア議会選

     25日にガンビア議会選(一院制:定数48)が行われ、与党「再指針と構築のための愛国同盟(APRC)」が42議席を獲得する圧勝だった。なんかあと5名大統領指名枠があるそうなので、恐ろしいくらい盤石過ぎる。
    BBC NEWS | Africa | Landslide for Gambia ruling party
    ガンビア共和国(Republic of The Gambia)




    posted by うらぢ at 02:30 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月27日 Saturday

    だめだめなLinux日記

     おおっ、上手くPCがウィルコムにつながった。これでノートPCを外に持ち込んでネットが楽しめようもの。ただバッテリーの保ちが悪いのでリフレッシュさせるか、外付けを買うかしかない。

     PHPとMySQLの連携で文字化けを起こしていたのだが、/etc/my.cnfを書き換えて文字コードをすべてutf8に変えれば解決。私の環境にあるMySQLは5.0.xだけど同様の手段で上手くいきました。あとはRailsがおかしくなっているのだが、これも調査要だなあ。
    参考サイト:MySQL4.1系UTF-8の場合 - phpspot
     ↑Win系の方法だけど、充分に生かせる内容。

     Flash9の反映は成功。火狐は2.0にするために野良ビルドしているので、ホームディレクトリ/.mozilla/pluginsにlibflashplayer.soをコピーしてやれば完了。
    参考サイト:clmemo@aka: Linux に Macromedia Flash 9 プラグインをインストールする

     メーラーも雷鳥にしたなあ結局。まだ起動が重いんだが。

     オーディオCDの不調ぶりは変わらず。あといろいろあるんだが、鋭意作業中ということで。



    タグ:Linux PHP MySQL
    posted by うらぢ at 19:43 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    読んだ本07-006

     主人公の記憶を徐々に事件の経緯を辿る手法を使っており、一回作った話を再構築しないとこういう話は作れないと思う。ミステリと言うよりも徐々に全体像がわかっていく課程あるいは技巧を楽しむ本かも知れない。こう言っては淡泊に聞こえてしまうが、人の記憶はこうも断片的な積み重ねなんだよなということを思い起こされてくれる。

    緋色の記憶
    Book緋色の記憶
    posted with All Consuming at 2007. 1.27
    by トマス・H. クック, Thomas H. Cook, 鴻巣 友季子
    文藝春秋

    文庫
    定価:¥ 610
    中古:¥ 1(Amazonマーケットプレイス)
    売り上げランキング: 181778位
    This item is currently not available.
    オススメ度の平均:
    rating:5 人の心のなせる結末

    rating:3 老弁護士が背負う、少年時代の事件と罪

    rating:5 自由を希求する少年の一途さが,終わった恋を事件に変えた



    オススメの本がありましたら下のコメントかこちらにてお寄せ下さい。
    タグ:Book ミステリ
    posted by うらぢ at 09:12 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2007年01月26日 Friday

    静かにLRT反対論を待つ

     ああ、やっぱりxpのサポートは延長ですか。いずれにせよ来年まで様子見ですが。

  • 東証大引け・一時6年半ぶり高値も反落――トヨタや新日鉄下落

  •  以前の感覚で言えば、2万円近辺と言うところか。寄与率の高いアドバンテスト辺りが足を引っ張っている感じか?チャートで言うと一度落ちかけたところを持ち直しているので、まだ強いと読むべきか?個人的には様子見という感じですが。
    参考:Strategic Stock Analyzer【株式総合ランキングサイト】

  • 永大産業29年ぶり上場へ

  •  名前しか聞いたことのない会社だが、当時戦後最大級の倒産だったらしい。調べてみると積極投資策がオイルショックによって裏目に出たためとか。

  • LRT:京都市が社会実験 公共交通に思い多様−−市民らの声 /京都

  •  やっぱり渋滞問題はネックですか。嵐電と叡電、銀閣寺へと続く今出川通りが有力な路線として上がっているが、ここのネックは道幅の狭さ。
     もともと渋滞のために廃止の道をたどった市電を時が経てば忘れるわけもなかろうに。
     個人的には中心部を走らせるよりも住宅地から中心部へのアクセスとして活用した方が良いんじゃないかと思うのだが。



    タグ:
    posted by うらぢ at 01:32 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月25日 Thursday

    不二家に対する世間の目vs株価

     VistaにアップグレードできるオプションがないXP Homeの広告っていい気がしないな。まあサポート期間延長は確実とは言われているが。

  • 不二家、銀座本社売却へ 大幅赤字見通し

  •  メインバンクのりそなが自力再建を許すのだろうか?早く株主総会を開いて役員の入れ替えを求められても仕方ない状態なのですが。とは言え、あまり株価が下がらないのは空売りができないからか、それとも再建期待という奴か?
     関連:「だめだ」 不二家社長に外部専門家から厳しい意見続出

  • <近未来通信詐欺>社長が既に出国 2億5千万円抱え

  •  これは計画的?記事の出所が毎日しかなかったような。


    [PR]「JOHOLAND」で会員登録・作者登録して作品を投稿し報酬をゲットしょう!今すぐ登録!
    ★只今キャンペーン実施中!詳しくはホームページで!!



    posted by うらぢ at 01:16 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月24日 Wednesday

    読んだ本07-005

    事業再生―会社が破綻する前に (新書)
    高木 新二郎 (著)




     近年いろいろと倒産法制(もうそんな言い方しないか)が変わってきたせいで、それらを整理するには良い本かも知れない。ただこれもあと数年で古いものになるかも知れないリスクが。整理よりも再生に重点を置いている点で最近の記事もわかりよいものになるのではないかと。ただ興味のない人にはわかりづらく、面白味に欠けるのかも知れない。
    タグ:Book
    posted by うらぢ at 01:45 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    ETFが増えることは歓迎

  • 不二家の社長、自主再建を強調 森永の会長と電話で協議

  •  どこかの支援が決まるまでのワンポイントかと思いきや、自力再建ですか。株価が不祥事報道の連続にも耐えていたのは救済期待との記事だったんだが、明日以降にどう出るのだろうか?

  • 大証がETF上場制度見直し、外国株価指数連動型上場も

  •  投資信託だと手数料が割高になりがちなので、こういった選択肢が増えるのは歓迎。ただ取引量がいかほどかは心配ではある。カントリーファンドの二の舞にならないことを祈る。対面営業の証券会社は力入れないだろうしな。

  • 「米国人は地獄へ落ちろ」ベネズエラ大統領、演説で非難

  •  本当に正気か正気でないかわからないなあ。株式指数は通信会社CANTVの再国有化発表以来株式指数(カラカス指数)約3割下げている。ここは資源があるので外国資本が逃げてもやっていく自信があるのだろうけど。余所のモデルとはなりにくいな。



    posted by うらぢ at 01:29 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月23日 Tuesday

    セルビア議会選

     大統領選はヒラリーvsジュリアーニのような見え方もするけど、あまりの長丁場故、イメージだけで乗り切るのは難しいところだろう。前回の民主党候補選出までがそんな感じだった。

  • ベネズエラの通信会社国有化、株主補償は経営権取得後=大統領

  •  補償をするといっているだけまともと見るべきか。

  • セルビア急進党が第1党 総選挙

  •  第1党といっても得票率が29%弱ほどで、約23%の民主党、約17%のセルビア民主党が中心の政党連合が続く。見た感じ、親欧州の政党が寄り合う形になりそうな感じであるが分裂状態であるためどうなることやら。
     得票率5%のカットルールがある比例代表制。見たところ全国一区のようだけど、未確認。

     あっATOKって真面って変換できないのか。



    タグ:poll
    posted by うらぢ at 01:06 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2007年01月22日 Monday

    アイ・エックス・アイ 民事再生法申請

  • ソフトウエア開発会社IXIで不正取引 常務ら解任

  • IXIが民事再生法申請 上場廃止へ

  •  2002年の上場以来売上の上昇が凄かったところのようで、簿外債務の規模の相当のものかも知れない。ソフトウェアの売り上げは実際の商品が見えにくい分、比較的簡単に右から左へできるしなあ。問題は一部役員の問題か、会社ぐるみかってところ。一部役員だとしたら、身内へ還流というパターンなのだろうか?
     こことは違うところだけど、営業マンが成績を水増しするために架空売上するケースは聞いたことがある。

  • 経営再建へ、渦中の「不二家」分割案が浮上

  •  既存株主には不利そうな気配がしますが、週明けの相場はどうなることやら。




     あと、選挙ネタ関連では、19日にコンゴの上院選、21日にセルビアの議会選とモーリタニアの上院選が行われている。セルビア辺りは結果が早いだろうけど、あとの2者は忘れてしまうかも知れん。




    [PR]DOMIRUでしか見れない!世界のスポーツコンテンツが大充実
    タグ:倒産
    posted by うらぢ at 01:47 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    まだまだ途上のFC5

     Fedora Core5に上げてから初めてApacheを動かしたのだが、PHPの動作がどうもおかしいと思ったら、PEARが動いていないらしい。最初はApacheの設定かと思ったんだが、phpのモジュールを追加しても変化なし。結局は
      # pear install (パッケージ名)
    と使いたいパッケージを落とせば動きました。
     Rubyは普通通りに動いていたようです。
     Perlは知らん。

     ただGnome-cdの様子がおかしく、オーディオCDはまた普通のプレーヤーで聴く羽目に。(それが普通なのだが)
     はやくFlashプレーヤー9を入れなくては。




    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 00:05 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

    2007年01月21日 Sunday

    なんだこのプレーヤーは

     今日は何度かDVDプレーヤーのHDD->DVDへのダビングが失敗する。きちんとCPRM対応のものなんだけどなあ。デジタルBS録画のものだけに下手に失敗できないのも辛い。現にNFLプレーオフの試合1つ潰した。何気に不便な仕組みだなあと。こんなのであれば、画質が落ちても良いから直接パソコンに繋げてHDDでファイル化した方がマシだなあと。まあ接続機器とHDDがないのですが。カカクコムで評判でも調べておきますか。HDDの残り容量も少ない中頑張ってやりくりしているのにこの仕打ちは。。。



    posted by うらぢ at 22:47 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    ヒナステラ イイ

    Variations For Chamber Orchestra: Groehs / Europa.so



     前の東京遠征時に渋谷の塔で購入したCD。なるほど南米のバルトークと呼ばれるだけの曲想だな。特にピアノ協奏曲。何回か聴いて納得がいった感じだなあ。でも良いと感じてきたのだが。

     収録されているのは協奏的変奏曲、ピアノ協奏曲第1番、ピアノソナタ第1番。ヴォルフガンク・グレース指揮、ヨーロッパ交響楽団、ピアノはマルタ・ノゲーラ(で良いのかな)。

    アルベルト・ヒナステラ - Wikipedia
    タグ:CD
    posted by うらぢ at 19:15 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    考えが似通っているからといっても

  • 不協和音が鮮明、南米5カ国メルコスル首脳会議が閉幕

  •  同じ左派でも協調できないことがあるようで。

  • ベネズエラ国会、チャベス大統領への「授権法」可決

  •  ベネズエラ国会は18日、チャベス大統領が国会の審議を経ずに法律を制定する権限を認める「授権法」を満場一致で可決した。

     ここまで来ると独裁色が強くなった印象で、コミーンな人たちは彼の善政を期待しているのでしょうか。それでも味方として応援するのでしょうな。20世紀型社会主義な感じですが。



    タグ:チャベス
    posted by うらぢ at 03:17 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    アップグレード後が問題

     いかん、何もできんかった。現在Fedora5の入っているパソコンはrpmコマンドが効かない状態(コマンドを打っても固まったまま反応がない)。どうもrpmデータベースが壊れていて、一旦消して再構築する必要がある模様。
    参考:rpmコマンドが反応しない -目指せ!LinuxMaster-

     他にもオーディオCDの読み込みがおかしかったり、いろいろと学ぶべき要素が多い。機械いじり日記だな。




    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 03:00 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2007年01月20日 Saturday

    今更FC4->FC5へアップグレード

     今更ながら2世代前のFedora Core4から1世代前のFedora Core5にアップグレードを試みているところ。終わる頃は日が暮れていることであろう(現在1時半)。

     まだ終わらず(現在8時)。
     その途上にUbuntuノート機を弄る。GUIは同じGNOMEでも速さはこっちの方が上だな。メモリはノートが少ないはずなのだが。CPUはノートが上だけど。いまウィルコムのPHSでデータ通信できないか確認中だが、PHSに反応するところまではOK。ただ電波が悪いのか接続の確認まではできず。(私はWX310SAなのだがこちらのサイトが参考になりました↓)
    参考サイト:COZMIXING WX310SA

     終わった(10時15分頃)。ややフォントが変わっているのが気になるところ。ああNautilusの設定が新しいのに戻っている。また古いのにしておこう。
     下記の記事通りで上手くいきました。ソフトをそれ程入れたわけでもないしね。さあいつFC6にしようかなと。
    Fedora Core 4をFedora Core 5にアップグレードするには − @IT




    タグ:Linux
    posted by うらぢ at 13:26 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2007年01月19日 Friday

    水中毒の怖さ

  • 18日TBSと楽天が買われる、膠着事態に打開策?

  •  もしTBSがTOBで楽天の持ち株を買い取るとして、楽天はその資金を何に使うのやら。まあ捨て身の攻撃みたいなところもあったので、それどころではないのかも知れないが。

  • 当局が捜査開始、「水の大飲み大会」の水中毒死亡事故

  •  水中毒というのを初めて知りました。
     その危険性を知る人が少なかった上での事故なんだろうなと。
     獲りすぎは良くないと。私は結構水分補給の多い方だけど1日どれくらいまでが大丈夫なのだろうか?数リットルってそれ程多い量に感じないなあ。
    参考 参考2





    posted by うらぢ at 01:58 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読んだ本07-004

    パディントン発4時50分 (文庫)
    アガサ・クリスティー (著), 大門 一男




     久々に読むマープルもの。といっても彼女の活躍の場は限られ、中心は優秀な家政婦アイレスバロウ嬢に委ねられている。
     ただこの話ミステリーとしては論理に弱い作品になっている気がします。なぜああいう殺害方法を選んだのかとか、隠す必要があったのかとか謎のままだし。
    タグ:Book ミステリ
    posted by うらぢ at 00:41 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物