2006年02月28日 Tuesday

円高方向?

  • 3月解除の思惑で円高加速、中短期金利が不安定化なら110円割れとの予想も

  •  円相場は近年行ったり来たりが続いているので、円高局面で買い、円安局面で売れば、そこそこ取れると思い、少しばかりの金で実践中。預金封鎖とか言っている本を書いている人はしこたま外貨を買っているんだろうか?

     メモ:116.05-116.08▼- 0.13

  • チッソの4−12月業績、本業好調も減損等で純損失

  •  水俣病補償金以外の特別損失がきになることろで、会社のサイトを覗いても報告がなかったし、グリーンシートではその辺が緩いんでしょうか?

  • <ライブドア>香港の投資ファンドが株を6.89%大量保有

  •  ここまで下がると買いたいと思うところもあるものだと。フジはこれに乗じて乗っ取れば良かったかも知れないのに、損害賠償みたいな後ろ向きの発想では・・・。

  • 日本板硝子、板ガラス世界3位の英ピルキントン買収で合意

  •  3度目の引き上げでようやく合意。日本企業も一種の敵対的買収をするようになったものだと。対国内企業では外野がうるさいのに対し、向こうでは別段という雰囲気に感じる。これでシェアは旭硝子に並ぶ世界最大クラスになるとのこと。




    posted by うらぢ at 01:19 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2006年02月27日 Monday

    バンナム

     バンダイナムコの略称バンナムが一瞬パンナムに見えて仕方ない。

  • 総選挙ボイコットを検討・タイ野党3党

  •  選挙のボイコットって効果的だった事例を見たことがないのだが、今回はどうなるか。抗議行動がうまく首相辞任に結びつけられるか?

  • 比海兵隊司令官を解任 兵士集結し一時緊迫

  •  フィリピンは非常事態宣言で最近緊迫状態に陥っている。海兵隊司令官解任で反対する海兵隊が一時海兵隊本部を占拠する騒ぎになった。これでアロヨ大統領が軍部に対する力に限界があることが露呈されたとの話もあるため、ここも政情不安が続きそうだな。





    posted by うらぢ at 01:47 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | うらぢ日誌・番外

    スウィトナーのブル1等



     スウィトナーのハコもの。ブルックナーやマーラーの交響曲(全曲ではない)が収録されており、ブルックナーの演奏がなかなかなもの。ブルックナーの1番があれほど聴ける曲とは知りませんでした。最近時間がない中で11枚を聴き通すのは難儀なのですが、しばらくはこれを聴くことになりそうだなあ。それにしてはあまりこの指揮者の評判って聞かないなあとも。
    posted by うらぢ at 01:03 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

    バレロ記録を18に伸ばす

     今頃先週のエキサイトマッチを見た感想から。この日はヘビー級の2試合。イブラギモフvsウィテカーとサミュエル・ピーターvsロバート・ホーキンスの次に4団体のどれかに狙うべくイブラギモフとピーターに焦点を当てた回。イブラギモフはヘビー級にしては小柄だが、積極的にパンチを繰り出すところはなかなかのものを感じるけど、いざ上位者とやったときには裏目に出るような気がする。ピーターは雑な感じが目立ち、浜さんの今年中にはという高評価が素直に受け入れられなかった。ルイス、タイソンがいなくなってヘビー級が沈滞ムードなんだけど、来月のラクマンvsトニーでどこまで盛り上がるかだなあ。

     亀田大毅君は強かったんだが、相手は3連敗中の人で勝たせるために呼んだのかと思えるマッチメイク。この1試合だけではということですな。

     バレロの1RKO記録が18に伸びたそうで。はてなのキーワードもこそっと変更しておきました。もう来月25日に長谷川穂積のアンダーカードとして登場だそうで、相手はまた日本人になるんですかね。ちなみに彼はデビュー以来では既に世界記録だが、単なる連続1RKO記録ではワンラウンド・ホーガンの19だそうで、次で決めればそれに並ぶことになる。




    posted by うらぢ at 00:29 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ

    2006年02月26日 Sunday

    ムセベニ大統領三選

  • 現職ムセベニ氏が勝利 ウガンダ大統領選

  •  ムセベニ大統領の3選目が決まった。結果はムセベニ大統領が59.28%、ベシジェ氏が37.36%で大差をつけた。問題は選挙が公正に行われたかだけど、野党側は不正を訴えている。

  • オリジン買収断念 実を取ったドンキ 売却益57億円・イオンと提携

  •  ドンキの安田会長とイオンの岡田社長が会談を行った結果。いろいろと急展開を見せたのだが、今回はイオンの岡田社長がお願いするという形で決着。今までのケースでは守る方がことをやり方が不正と訴え、事を荒立てる方向に行くのが通例だったが、何かしら好感が持てる話で。今回はイオンが得する形にはなっているので、今後何かしらドンキにとっていい話が飛び出してくるのかも知れない。

  • <一澤帆布工業>社長解任で、かばん製造販売は当面ストップ

  •  何かしらややこしい話になっているが、三男の解任された社長が相続前から会社を切り盛りしてして、長男と四男が相続に乗じて経営を握ろうとしているように見える。遺言が有効と裁判で決まった以上、三男は不利なんだけど従業員は三男について行っているようだし、ごねると共倒れという事態にもなりかねんが、外野から何かしら動いているんだろうか?
    「一澤帆布」のお家騒動に進展、かばん製造・販売は当面中止。 Narinari.com
    京都の老舗ブランド「一澤帆布」のお家騒動




    posted by うらぢ at 02:29 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:日本史未解決事件ファイル

    日本史未解決事件ファイル 「天智天皇暗殺説」から「釣天井事件」まで PHP文庫
    日本博学倶楽部 (著)




     日本史にそれ程詳しくない私には結構楽しめました。歴史は謎がおおいからこそ楽しめるものだと。
     私は戦国時代よりも古代の方に関心があったりする。

    #016
    posted by うらぢ at 01:01 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2006年02月24日 Friday

    コスタリカ大統領選、アリアス元大統領にほぼ決まり?

  • コスタリカ大統領選、アリアス元大統領の得票が上回る

  •  再集計の結果、アリアス元大統領が勝利。アリアス氏は40.9%の得票率だったため、決選投票を行う必要がないのだが、票差が1.1%差と3300票ほどの差らしいので訴訟を含めまだ正式には決定でない模様。

  • 2候補接戦、独裁に幕? ウガンダ大統領選

  •  今まで野党候補を認めてこなかったムセベニ大統領と元内相のベシジェ氏の一騎打ちと見られている。ムセベニ大統領が当選すると3選目になる。何でも1980年以来となる複数政党制での選挙らしく、大統領候補者は5人。同時に国会議員選挙も行われた。ちなみに大統領選では50%超で決定、超える候補がいない場合は上位2名による決選投票が行われる。

  • 改正証取法、名称は「金融商品取引法」

  •  違反に対する罰則を強化する内容であるが、線引きは微妙なんだろうなあ。ライブドアの件も株価操縦を取り下げるってことになりはしないか気にかかるところ。




    posted by うらぢ at 01:50 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    はじめての『指環』

    はじめての『指環』―ワーグナー『ニーベルングの指環』聴破への早道 オン・ブックス21
    山本 一太 (著)




     あらすじと聴き所をまとめた本。

    #015


    posted by うらぢ at 01:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2006年02月22日 Wednesday

    シーマ、101分割から株式併合へ

  • 株式101分割のシーマ、株式併合へ 配当政策に悪影響

  •  株式併合って株主総会の特別決議が要るはずなんだけど、一応臨時株主総会を4月28日に行うようだ(シーマ)。現在10単位で取引をしているが、併合後も変更ないとのこと。しかしこんな株1単位で持っても310円でしかないので、すぐに買い増せそうだけど。

  • 投資ファンド3社、カネボウ株式を公開買い付け

  •  粉飾決算で上場廃止となった結果、株主にとっては悪い方向になった感じですな。上場廃止時が360円で、TOB価格は162円。しかし廃止すべきではなかったという議論にはならんだろうな。しかし、東証以外にも上場廃止した株を取引しやすいような取引所を作ることは必要かも。

  • 韓国自民連、ハンナラ党と統合へ

  •  三金の一人だった金鍾泌氏がいた政党なんだが、まだあったんだというのが第一印象。とは言え、金學元代表しかいなかったので、ハンナラ党に大きなプラスというわけでもないが。




    posted by うらぢ at 01:39 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:人にいえない仕事はなぜ儲かるのか?

    人にいえない仕事はなぜ儲かるのか? 角川oneテーマ21
    門倉 貴史 (著)



     序章のさおだけ屋の話はなかなか面白いが、その後税金対策の話が中心でアングラ経済専門の人なだけにそれを期待する人からすれば物足りないと思う。
     あとはレビューの人も触れていたけど、所得税の計算表に誤りが。

    #014


    posted by うらぢ at 01:07 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(2) | 書物

    2006年02月21日 Tuesday

    ペイントハウス ピンチ

     今日も株は厳しいですなあ。どうも流れが下向き加減ですな。

  • 20日ペイントHが売り気配、開示注意銘柄指定受け

  •  結局は100円安、終値480円のストップ安で引けています。一応即時抗告をしたらしいのですが、逆転はほぼ不可能と思われる。やはり上場廃止は不可避ですかね。

    適時(PDF)




    posted by うらぢ at 02:06 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2006年02月20日 Monday

    メモ

     コンゴ民主共和国の憲法承認を巡る国民投票の結果をたぶん書きそびれていたので補足。84%の賛成で承認。6月に議会選、大統領選が行われる。大統領は2期10年が上限とか、首相は最大政党から大統領が任命、州を10から26になどが決められた内容。

  • ジャスダック証券取引所、ペイントハウスを開示注意銘柄に割当

  •  ペイントハウスが明日(20日)どんな対応するか気になるなあ。上場廃止か正念場となる。
    適時開示




    posted by うらぢ at 01:37 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2006年02月19日 Sunday

    R-1ぐらんぷり決勝

     今回の出場者は、友近、バカリズム、中山功太、キャプテン☆ボンバー、あべこうじ、浅越ゴエ、岸学、博多華丸の8名。前半と後半とで出来が分かれてしまったなあ。友近は決勝の場で新体操を持ってくること自体強者。つかみでなかやまきんに君の2回戦落ちを入れてくる強心臓ぶりのキャプテン☆ボンバー(彼は21世紀枠と似た空気を感じる)と似たところが。個人的にはあべこうじが優勝かなと思ったんだが、児玉清の物真似芸で審査員の心をつかんだ博多華丸が優勝。マネもさることながらネタの構成が上手かった。気になったのが50音の最後までフレーズを考えているのかなあ(余計ですが)。




    posted by うらぢ at 18:12 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸

    ミタルvsアルセロールはアルセロールに逆風?

  • アルセロール買収 欧州の阻止に反発、政財界挙げてミタル支持 インド

  •  会長がインド出身ということもあり、インド政府がフランス政府の態度に対して人種差別と反対。日本の企業が外資から敵対的買収されるとどういう態度をとるのかを考えると他人事でないのかも。まあマスコミは規制に守られているので、外資に乗っ取られることはほぼないけど。話を戻すとこの2者がいずれ統合しそうだなあ。紆余曲折はあるかも知れんが。

  • 韓国与党党首に鄭東泳前統一相

  •  来年の大統領選への出馬に近づいたことになる。ただ落ち目のウリ党が選挙までに体制を立て直せるかが課題。失敗するとそれどころでなくなるかも。

  • 西友4期連続赤字に、2006年中に13店舗閉鎖

  •  世界最大のウォルマートがバックにいてもなかなか風に乗れない西友なんですが、日本という市場が難しいのか、ウォルマートに努力が足りなかったのかだけど、経常赤字とは厳しい現実ですな。今や脅威論なんてないし。来年度に果たして黒字に出来るか、それとも引くことを考え始めるか?








    posted by うらぢ at 02:53 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:ネットバブル

    ネットバブル 文春新書
    有森 隆 (著)




     9435の会社は結構書かれていましたねえ。これが事実なら堀江君のところよりも悪質なんだが。まあモーレツ営業で大きくなった会社は要注意という教訓にはなった気がします。これを読むと日本でネット企業として大きくなったところって一握りだなあと。あのころはどこまでが本物かわからない、IT、介護、バイオの会社が本当に凄い技術を持っているか他人の言葉を信用して軒並み上がっていった時代。若い会社のみならず、古河電工や日本板硝子のような古い会社も今から考えるとよくわからない値の飛ばし方だったからなあ。今は当時ほどの行きすぎはない点がまだとも思えるけど。
     ちなみにこの本が発行されたのが平成12年なので書かれたのがまだ森首相の時代みたいで、古くさいところもあるかも知れない。アマゾンがここまで生き残るとは著者は予想外だったのかも。
     話は変わるけど、成長企業を褒め称えるマスコミの態度といい、何となく戦時中の反応もにたもんだったのかと感じてみたり。

    #013
    posted by うらぢ at 01:10 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2006年02月17日 Friday

    ハイチ、プレバル元大統領当確

  • プレバル元大統領、返り咲き当選 ハイチ

  •  実際は48.7%と過半数を割っていたが、投棄された投票用紙が発見されたこともあって不正選挙と訴えるプレバル元大統領派の抗議行動に圧されたのか、白票を有効票としない扱いでプレバル氏の得票率が51.2%に引き上がり当選という決定に至った。決選投票すると不正があってプレバル氏の当選がなさそうとの危機感か、混乱で選挙が出来るか微妙とも思ったんだろうか?ともあれ、新大統領の課題はかなり多そうなので、混乱のない国造りが急務となりそう。

  • ヒューザー破産手続き開始 申し立て認める

  •  資産の散逸を防ぐとはいえ、負債総額が84億3700億円、これに住民の損害賠償分が加わるとそれ程配分がなさそう。

  • ドンキホーテがストップ安比例配分――14万8200株売り残す

  •  こういった敵対的買収を仕掛けると売り対象になっているなあ。




    posted by うらぢ at 02:42 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2006年02月16日 Thursday

    ドン・キホーテ、逆転勝利に一歩近づく

  • ドン・キ、TOB失敗後にオリジン株15%強買い増し

  •  買収断念という報道は死んだふりを装っていただけなのか?比率が46.21%まで引き上がったので、イオンのTOBは難しくなった。記事中に『対抗してTOBを進めているイオンや、オリジンは「ドン・キは(以前から保有する30.92%の)大半を市場外で取得しており、3分の1を超えるところだけ市場で取得したとしても、違法だ」と、ドン・キの動きを強く批判する』とあるように、やり方がフェアに見えないという声が出てもおなしくない。ただこれほどM&Aが騒がれているときに一旦TOBをされたというのにガードが甘いという声が出てもおかしくない。ただ今のマスコミはドンキに冷たいだろうな。




    posted by うらぢ at 01:52 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:昭和戦後史の死角

    昭和戦後史の死角 朝日文庫
    保阪 正康 (著)




     昭和戦後史というよりも戦争を踏まえた戦後史になっている。果たして日本は戦争の教訓を生かせているだろうかとの疑問から色々な話が展開されている。私もそうなんだけど、戦争の悲惨さ、残酷さは良く聞かされたけど、日本がどのようにして戦争に踏み込んでしまったかの考察には乏しいとは思うけど、左右とも思考停止の状態に陥っていると批判している。最後の「テロに屈するな」と東條の「英霊に申し訳ない」とはやや言い過ぎかなという気がするけど。

    #012
    posted by うらぢ at 01:41 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2006年02月15日 Wednesday

    京都市、ゼストを支援

     ガーポヴェルデ大統領選は現職のピレス大統領が50.1%の得票率で勝利宣言をしたが、次点の候補が49.9%と僅差のため、揉めそうな雰囲気。
     ハイチではプレバル元大統領の支持者が選挙に不正があったと抗議行動。当初の発表がダントツだったのが結局は過半数を下回るまでに落ち着き、決選投票が確実になっている。ただでさえ、治安が悪いため幾度と延期されていたので順調に決選投票が出来るのか気になるところ。

  • 京都市、最大99億円の損失補償 ゼスト御池経営会社 借入金返済で支援策

  •  日頃の客入りからすると苦しいのもわからないでもないけど、足を引っ張っているのはむしろ地下駐車場の方かな。地下街は南北に延びていた方が良かった気がするなあ。余計な工費がかかるので難しいところなんだが。




    posted by うらぢ at 01:16 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2006年02月14日 Tuesday

    ライブドアに買い手は現れるか

     下げ相場の中でもトヨタは強いこと。私の持ち株は今日は総下げ。ちょっと曲がり角なんでしょうか。ダイエーのストップ安もまだレーティングに左右されんのかね。

  • <ライブドア>身売りの可能性も 堀江前社長らの起訴で

  •  グループが瓦解しないうちにどこかが名乗り出ないとフジは損失を抱えるばかりだなあ。ただライブドア証券がどこまで無傷か(というか粉飾に関わっていないか)気掛かり。ここが収益源だからなあ。

  • オラクル、オープンソース型ソフト企業3社と買収交渉

  •  オラクルまだ買うのかね。ただ実現性に疑問の声もあるそうだが。

  • 旧UFJの部門売却めぐる訴訟、住信の賠償請求を棄却

  • 経営統合訴訟:住信敗訴で、「破談」想定の厳格さ重要に

  •  最終合意までは撤回可能という解釈らしい。やはり基本合意時に破棄したときのペナルティ条項を盛り込むべきと言うのが今回の教訓。





    posted by うらぢ at 01:25 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。