2005年10月31日 Monday

ケニア

 来月21日にケニアにて憲法改正の是非を問う国民投票があるが、その憲法改正に反対するデモ隊に警官隊が発砲して死者が出たとのこと。世論調査では反対派が多いらしいが、憲法改正内容は首相職新設、妊娠中絶の原則禁止、宗教別裁判所の新設などらしいが、反対派からは大統領権限が強化されているとの批判があるらしい。情報が少ないので何とも言えませんが。

 大阪市長選挙で民主党が独自候補を出してくれるか期待。でないと埋没。強気に出た方が良いと思う。



動く広告 宣伝カーのご案内

イベント キャンペーン オープンセールの宣伝告知にぴったりの宣伝カー
posted by うらぢ at 01:19 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

ショスタコーヴィチ交響曲第4番(ピアノ連弾版)



 ショスタコーヴィチ自身の編曲によるもの。もともと編曲好きなこともあるが、この演奏はショスタコの4番が好きじゃなくとも聴ける曲ではないかと思う。全く別物として聴いた方がいいと。私自身4番が好きな方じゃないので。解説を読むとマーラーやワーグナーの引用があるようで、どこが引用か分かりませんでしたが。

ショスタコーヴィチ:
 交響曲第4番[作曲者自身の編曲による2台ピアノ版]
 ルステム・ハイルディノフ(p)
 コリン・ストーン(p)


クラシックジャーナル (015)
posted by うらぢ at 00:15 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2005年10月30日 Sunday

関西学生リーグ第5節

第5節の結果は以下の通り。
続きを読む
posted by うらぢ at 22:44 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

ビーチャム

ウェーバー:『魔弾の射手』序曲
ビーチャム指揮 ロンドン・フィル 1935年録音


 なかなか熱がこもった演奏。





posted by うらぢ at 20:51 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏

ご冗談でしょ


My blog is worth $5,080.86.
How much is your blog worth?

posted by うらぢ at 18:39 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言・メモ等

サンビシ倒産

 選挙メモ。タンザニア大統領、議会選挙が予定されていたが副大統領候補の死去に伴い12月18日に延期される。ただザンジバル地区は予定通り30日に実施される。ここは自治政府の大統領選が行われ、連合共和国側の大統領選はどういう扱いになるんだろうか。
ザンジバル島 - Wikipedia

 アメリカの地域電話会社SBCコミュニケーションズがAT&Tを買収を完了したあとの社名をAT&Tにする意向だとのこと。新聞にはAT&Tのティッカー「T」を合併後も残すかは未定となっていました。やはり落ちても知名度はAT&Tの方が上という冷静な判断でしょうか。日本でもライブドアは買収した会社オンザエッジが社名変更した珍しい例ですが(もともとはオンザエッジ)。

 昨日のニュース。名証2部に上場していたサンビシが民事再生法の適用を申請。四季報で見るに本業の醤油事業では問題なし、ただ子会社(正確には子会社のサンビシ商事が設立した会社)がデリバティブに失敗し貸付金が焦げ付いたため債務超過になったとのこと。この運用会社は及部社長が利益を出す目的で設立したらしい。もともとサンビシはサンビシ商事相手に融資限度を決めていたが、社長が独断で融資を増やしていたらしい。醤油製造だと商売柄大豆取引繋がりで相場の世界に近いのだろうけど、ここまでやると背任の話が出てきそうだな。


全国のお買い得セール情報を網羅!新感覚ショッピングモール『セイルー』
posted by うらぢ at 02:43 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌

2005年10月29日 Saturday

ジュリーニのブラ1

ブラームス:交響曲第1番
ジュリーニ指揮 バイエルン放送so.




 今までジュリーニを大して聴いていなかったため、巷の評判がよく分からなかったクチだが、これを聴くと分かりますね。全体的にテンポをゆったりとさせて、響きを重視するその中身が如何にも凄みを感じさせるということですね。

 ブラームス:交響曲第1番ハ短調Op.68
 バイエルン放送交響楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
 1979年1月26日ミュンヘン、ヘルクレスザールでのステレオ録音(ライヴ)
posted by うらぢ at 20:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

読後感想記:国語入試問題必勝法

国語入試問題必勝法 講談社文庫
清水 義範 (著)




 タイトルだけを見れば欺されそうだが、中身は短編小説集。入試の問題文ってそこまで難解だったかなと思って読みましたが、これらはどうも創作のようですな。面白かったのは「時代食堂の特別料理」「靄の中の終章」ですかね。色々な意味でテクニカルな作品群だな。

#081
posted by うらぢ at 18:24 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2005年10月27日 Thursday

補欠選でウリ党、またもや全敗

  • 韓国の国会議員補選、最大野党が全勝・盧政権に打撃

  •  4人の欠員を巡る補欠選挙で与党ウリ党が全敗。逆にハンナラ党が全勝と、盧武鉉政権にとっては逆風続きとなっている。勢力図はウリ党144、ハンナラ党127、民主党11、民主労働党9、自民連3、無所属5とウリ党が過半数割れと議会運営の厳しさは続くことになる。最近人気が凋落傾向とはいえ、以前のように安易にモルヒネを投入しないのは効果がないからかな。

  • 株価操縦の容疑で投資会社役員を逮捕・大阪地検特捜部

  •  ソキア株を巡る株価操縦で投資事業会社「バーテックスリンクインベストメンツ」の取締役を逮捕。市場取引を活発に見せることで利益を得ていたというがその額が9000万円程度というからただ単に板を膨らませただけとは思えん儲けだが。

    7720_051026.gif

  • 多々良学園が民事再生法申請=新校舎建設で負債71億円−山口

  •  新校舎建設費用を寄付金と助成金で賄おうとしていたが思うように集まらなかったことが原因のようだが、過大な計画だったのか、落ち込みが激しかったのだろうか。そこそこ知られている学校がこうして潰れるようになると他も大丈夫か心配になるな。


    月額125円からのレンタルサーバ
    posted by うらぢ at 02:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:ローマ人の物語19

    ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) 新潮文庫
    塩野 七生 (著)




     カリグラが殺され、皇帝に就いたクラウディウスが死亡するまで。カリグラとは違ってクラウディウスの政治能力は優秀だったようだが、身内に対して弱かったことが評判を落としたようで。ただ彼の統治時代にブリタニアまで広げたんだなと。

    #080
    posted by うらぢ at 01:22 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物

    2005年10月26日 Wednesday

    アルゼンチンの選挙

     朝日に記事が出ていたが、ペロン党では過半数を維持で、その中のキルチネル大統領派が数を増やしたらしい。2003年の大統領選挙で、ペロン党がメネム氏と割れて戦ったのが残っているみたい。上院の3分の1改選は知っていたけど、下院も半数改選なんだね。短期的な任期に左右されない仕組みということですか。何も上下院やらなくてもと思うが。
     ちなみにキルチネル大統領夫人が上院選に出馬していたが、ドゥアルデ前大統領夫人を破って当選した。前の大統領選で22%しか得票できていないというのを払拭できたであろうか(決選投票はメネム氏が棄権したため戦わずしてキルチネル氏が大統領になった)。

     どーでも良いけど、あのオヤジはいつまで経ってもオリックスを目の敵にしているようで。

    携帯用ホームページを自動作成


    posted by うらぢ at 01:56 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2005年10月25日 Tuesday

    ポーランド大統領選挙

     ポーランド大統領選挙決選投票は第1回目で2位だった「法と正義」レフ・カチンスキ・ワルシャワ市長が約54%の得票率で勝利。弟を首相にしなかった効果か?これからは敗北したドナルド・トゥスク氏が投手を務める「市民プラットフォーム」との連立交渉が焦点となってくるようだが、経済政策で隔たりがあるらしく、これからの舵取りが問題となりそう。一応首相、大統領とも「法と正義」が占めることになったが。ちなみに投票率は50.99%と低い方だろいうな。旧東欧諸国は概して低い傾向にあるようだが。(結果)

     ブラジルの銃販売を禁止を問う国民投票は反対が64%と否決が開票率90%なので確定的。銃が出回ると自らの身を守るのも銃しかないという話に。死者数でアメリカを上回るほどだそうで、国家権力に対する信頼がこの国とは違うようで。

     アルゼンチン上下院選挙はキルチネル大統領派に追い風らしいが、下院でそれ程の多数でなさそうなのが厳しい。またそれらしい結果が出たときに。


    【楽天リサーチモニター】答える度にお買い物に使えるポイントが稼げるってホント?
    posted by うらぢ at 02:04 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    読後感想記:「戦争学」概論

    「戦争学」概論 講談社現代新書
    黒野 耐 (著)




     地政学の話とナポレオン以降の戦争についてが面白い。時代が下がるにつれ世界大戦となると徹底的に適度なところで終戦という訳にいかなくなったという話。今の政治は戦争を知らないために外交で損するという話。ゲリラとテロの違いとか。でもやはり、アメリカと中国のどちらにつくかという話、独立独歩は無理っぽいつーこと。(てんでバラバラ)

    #079


    posted by うらぢ at 00:48 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

    2005年10月24日 Monday

    イラク国民投票途中結果

  • イラク憲法案、12州で賛成多数 中間開票結果

  •  全18州中、13州で結果が発表され12州で賛成多数、サラハディン州が反対が約81%だった。鍵となるスンニ派4州のうち、サラハディン州が反対、ディヤラ州が反対48.2%で不成立要件の3分の2に達せず、あとは結果が発表していないアンバル州とニナワ州が問題となるがアンバル州は反対多数いるとの情報がありニネベ州は不正があったことで混乱しているらしい。成立するかはまだ不明のよう。

  • WTO農業交渉、日本などG10に援軍

  •  ACPが関税削減率24%、上限関税撤廃に反対する意向だとか。ACPメンバーでかつWTOに加盟しているのは56カ国。G10を含めれば65カ国で最大勢力になるらしい。開発途上国の中には安い農産物をどんどん輸出したい国もあれば、逆に外国から農産物の流入を阻止したい国に分かれるはずだが、多数のグループで一致するのかなと思うが。まだ日経のみの情報なので何とも言えませんが、反グロの根回しでもあったのかな(邪推だけど)。


    お手頃でかわいい防犯グッズがいっぱいの日本テクノス

    posted by うらぢ at 01:55 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌

    2005年10月23日 Sunday

    オラモ/フィンランド放送交響楽団

     サカリ・オラモ指揮、フィンランド放送交響楽団の演奏会に行ってきました。曲はシベリウスの交響詩から5曲とマーラー交響曲第4番。当初は確かシベリウスの交響曲じゃなかったかな。小さく変更になりましたとなっていたし。座った席がポディウム席という名のパイプオルガン前だったので、ソリストの歌い声が聞きにくいこと。席は7割くらいだったので、そこを優先にしてくれよと思ったくらい。打楽器全開の曲目だったらしんどかったな。
     シベリウスの交響詩を色々聞くとフィンランディアが金管全開の場面のある異質な曲と思えてくるな。基本的に弦パートが重要のようで、その辺が巧みに鳴らされていました。
     マーラーの交響曲で第2楽章にコンサートマスターソロの場面があるのですが、ヴァイオリンを換えて弾いていましたが、あれは違うものなのかと疑問に思ったりして。

    京都文化祭典

    シベリウス:交響詩「夜の騎行と日の出」
          交響詩「吟遊詩人」
          交響詩「四つの伝説曲」より
          「トゥオネラの白鳥」「レンミンケイネンの帰郷」
          交響詩「フィンランディア」
    マーラー:交響曲第4番
    ファニータ・ラスカッロ(S) サカリ・オラモ指揮 フィンランド放送交響楽団
    posted by うらぢ at 19:31 | 京都 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽

    今週の選挙(覚え書き)

    10月23日投票予定の選挙
    ポーランド・・・大統領選挙(決選投票)
    アルゼンチン・・・下院選挙、上院選挙
    ブラジル・・・銃規制を巡る国民投票

     最近、本場のウィキペディアで選挙カレンダーなるものがあることを知り愕然。選挙結果や選挙制度など情報がかなり詰まっていてかなり便利。ちなみにElectionの項では日本ではおなじみの候補者のポスターを貼る掲示板を写した写真が貼られています。拡大した写真を見ると今年の衆議院選挙、東大阪市の選管のものでした。
     ただし私は英語が苦手なもので多く読めない。少しずつ慣れないとなあ。ジャージー国って何と思ったら、ジャージー島のことでどうも完全なる独立国じゃなさそうということに気付くのが遅かったりと。見たらソマリランドもあるし(ソマリアから独立を宣言しているけど国際的な承認がない)、かなり勉強の必要がありそうだな。
    ジャージー島 - Wikipedia(日本語版)

     ちなみにアルゼンチンについては基本は小選挙区制だけど、所定の得票率が得られない場合のルールがいまいち良く掴めません(2回目を行うのか、1回投票で決める方法でするのか)。以下の記述は義務投票制なんだね。最初は上限付きかと思ったよ。
    Voting is mandatory for citizens between 18 and 70 years of age, with some exceptions.

     ブラジルの銃規制を巡る国民投票は賛否真っ二つに割れている状況らしい。ちなみに共同の記事中『 国連教育科学文化機関(ユネスコ)によると、暴発事故を含めた銃によるブラジルの死者は10万人当たり年間21・72人で、ベネズエラに次ぐ2位。』とあって、1位がベネズエラというのに反応してしまった。チャベス大統領も治安に力を入れてくださいませ。



    無料blogなら・・・・・・BLOCKBLOG

    ブロックを組み合わせて機能拡大。



    posted by うらぢ at 01:56 | 京都 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

    2005年10月22日 Saturday

    コラレスvsカスティージョ II

     いつもながら遅れての録画観戦。カスティージョの計量オーバーで興味が若干削がれた感があったけど、実際試合を見てみるとなかなか面白い試合でした。結果は4Rにカスティージョの左フック一発で決まったが、それまでは緊迫したパンチの交換が見られた。最後のシーンはコラレスが打とうと右を空けた瞬間に、左を入れられ不意打ちになった状態。カウントアウトで決まる文句の言いようのない終わり方でした。3戦目がありそうなんだけど、コラレスはガードの甘いところを修正する必要がありそう。

    低価格!レンタルメール管理ソフト。複数人で楽々お問い合わせメール管理。
    posted by うらぢ at 19:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

    JEUGIA四条店仮店舗へ

     JEUGIA四条店、仮店舗に。もともと四条東洞院にあったフコク生命ビルが改築のため、東へ柳馬場通りを超えて書店danの西隣にある(JEUGIAのサイト)。ここまでくると地下鉄四条駅から遠いな。ジュンク堂でも遠いイメージがあるのに。今日は久々に行ってきたんだけど。しかし階段と奥にあるエレベーターを使わないと行けない点を考えると店舗向きではないな。



    JEUGIA楽器SHOPPING

    京都の老舗ジュージヤ楽器ショッピングでは、
    ギター高価買取・下取実施中!
    posted by うらぢ at 15:38 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    シルバーフェロー

     今月に入ってから勤務時間が急増して、勉強量も足りないなと思っていたのでどうかと思っていたが、結果は15/20でラインの14を超えていたのでセーフ。というわけで9iのシルバーフェローを取得することに。これで通勤時に重荷だった黒本を持たなくて済みます。試験では曖昧なところも多かったのに良く受かったよと結果画面が出た瞬間思った。次は9i DBATを受けたいのだが、いつまでこのバージョンがあるのやら。

     資格を取ったのって久しぶりである。前にAFPを持っていたけど、単位取得をしないと資格が維持できない仕組みで、放置してしまい失効に。とりあえず、来年の基本情報に向けてがんばろ。




    定価(税込) 15,750円 → 税込13,980円
    posted by うらぢ at 15:08 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格勉強

    2005年10月21日 Friday

    コロンビア大統領再選可能に

  • 大統領の再選が可能に―コロンビア

  •  憲法改正に最高裁判所の憲法部会の判断が必要という制度もなかなかユニークさを感じさせるが、200年近く大統領の再選を禁じていたらしく、もし来年5月の選挙でウリベ大統領が再選を果たせばシモン・ボリバル氏以来になるらしい。



    伝統作務衣専門の通信販売

    種類豊富30品以上。和装小物も有り。
    送料全国一律600円。代引手数料無料!
    posted by うらぢ at 02:12 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外