2005年07月31日 Sunday

外記事(7/31)

メキシコ
BBC NEWS | Americas | Mexico ex-mayor launches poll bid

レバノン
BBC NEWS | Middle East | Lebanese PM to meet Syria's Assad

ベネズエラ
BBC NEWS | Americas | Venezuelans march for fair polls





posted by うらぢ at 12:44 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

ラジオ三昧な日々

 バイロイトの実況録音は貯めたもののすべてを聴いていない状態。オランダ人では序曲が終わると拍手する輩が。それとトリスタンでは演出家に観衆は厳しかったようですな。録音にはミスりましたが、バルトークラジオがご丁寧にアーカイブをネット上に晒しているおかげで助かりました(ハンガリー語が分からないのがネックですが)。
 プロムスも聴かなくてはならないと大変だな。んでもってプロムスのレポはちょっと書けない状態。オラモの展覧会の絵は面白いなと思ったけど。
 となると音盤はどうなるかということだな。HMVのサイトを見るたびに欲しいのが増えていけない状態なのですが。




日本初カスタマイズ防災セット


posted by うらぢ at 02:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夢真HDvs日本技術開発 東京地裁決定後

 夢真HD(2362)と日本技術開発(9626)と株式分割を巡る裁判は日本技術開発が勝訴という形。だが、東京地裁の決定では新株を対象としたTOBを認めており夢真HD側は別に負けていないと発言しているとおりの結果とも言える。しかしこの見解は金融庁のものと同じで裁判所の役割としてコレで良いのかって気がする。税金を巡る裁判でも国税庁が見解を変えても、租税法律主義に反するというような判決を出せないしなあ。話を戻して、この判決を受けて日本技術開発は新株予約権発行を決議。10月25日時点の株主に1株に付き1株の株式を無償譲渡するというものだが、その特約が「夢真とその関係者がTOBの結果20%超の日本技開株を保有する場合には、夢真側が予約権を行使できない」というもの。おいおいこれじゃ株主平等の原則に反するぞ。端から見て単なる保身と思われても仕方ないが、大体TOB価格がPBR1倍を下回るという自体経営陣失格と見られてもなあ(四季報では1株当たりの純資産が763円)。

 ウガンダの複数政党制を巡る国民投票は低投票率ながら賛成多数で通ったみたい。




「マンション投資.com」はマンション投資に関するあらゆる疑問にお答えするマンション投資総合サイトです。
posted by うらぢ at 02:20 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

2005年07月30日 Saturday

新世代漫才アワード 2次予選

今回で3回目を迎える漫才アワードですが、今回は関西の賞レースにありがちな関西の事務所所属、芸歴何年以下という括りなし。唯一あるとすればプロということくらいか(フリーは可か知らん)。ネット中継があると知っていれば朝からみていましたが、知ってから見たらレイザーラモンでした。それから5組しか残っていませんでした。結果は以下の通り。改めてBase勢が強いのと、唯一の関東勢がキャン×キャンであったことか。矢野・兵藤と2丁拳銃がこの辺りに残るのは凄いなと。決勝は8月28日、関西ローカルですが生放送。審査方法は1000人の一般投票らしいので、NON STYLEは有利だなあ。

アジアン 701
NON STYLE 701
2丁拳銃 694
矢野・兵動 672
とろサーモン 669
麒麟 664
青空 657
南海キャンディーズ 632
ダイアン 624
オジンオズボーン 617
キャン×キャン 608
りあるキッズ 607





磐梯高原・猪苗代ハーブ園/猪苗代温泉「ホテルリステル猪苗代」
posted by うらぢ at 17:59 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸

ホプキンス復帰戦は12月?

以下帝拳の記事より。

 前4団体統一世界ミドル級王者バーナード・ホプキンス(米)は、12月3日にジャーメイン・テイラー(米)、来年1月28日にロナルド・ライト(米)と対戦して引退すると、地元フィラデルフィアの紙上でコメントした。

 テイラーはケガかなんかで今年の試合は難しいとも報道されていたので予定通りいくか。と言うか、ホプキンスのインターバルが2ヶ月弱って大丈夫か?

 IBF世界S・ライト級王者リッキー・ハットン(英)とWBA世界同級王者カルロス・マウサ(コロンビア)が王座統一戦を行う模様。WBC王者フロイド・メイウェザー(米)、WBO王者ミゲール・コット(プエルトリコ)らもマウサとの統一戦に食指を動かし、水面下でマウサ争奪戦が繰り広げられていたが、ハットンが一歩リードしている模様。

マウサ、標的にされているよ。やはりあの勝利はフロックとみられているな。似非ハメドの動きをもう一度見ておきたいが。

 あとWBCバンタム王者の長谷川穂積の次の相手ってディエゴ・モラレスだったんだね。彼はエリック・モラレスの弟でなんかこちらも標的にされたのか。(またテレ東系だろうな)




日本初の本格的求職広告でお仕事探しを応援しています!!匿名・無料
posted by うらぢ at 01:14 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

読後感想記:ローマ人の物語〈16〉

ローマ人の物語〈16〉パクス・ロマーナ(下) 新潮文庫
塩野 七生 (著)




 アウグストゥスが亡くなるまで。年表、参考文献一覧があるため本文はかなり少なめ。ゲルマン民族制圧できなかったところで、「ローマ帝国がエルベ川にまで拡大されていたら、ワーグナーの音楽は生まれていただろうかと思うだけだが。」という一文がある。ワーグナーという一文でいろいろと想像を巡らしてしまう私なのだが、果たしてワーグナーの音楽はゲルマン民族性に基づくものか。
 文庫化されているのはここまで。本は主に通勤時に読んでいるため、単行本にはなかなか手を出さないと思います。んでもって、このシリーズはしばらく読まないと思います。

#059
posted by うらぢ at 01:04 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2005年07月29日 Friday

ギニアビサウ大統領選挙

 ギニアビサウ大統領選挙はヴィエイラ元大統領が当選。1999年にクーデターにより亡命して以来の復帰となる。近年はクーデターが頻発して政権は不安定な状態だったようだが、どういう経緯でこう民主的な選挙が実施されたのか。気になる。今回は決選投票だったが、得票率は55.75%。対立候補のサンア氏はこの結果を受け入れていないよう。で、日本で記事にする新聞社はなかったのかと。
ギニアビサウ - Wikipedia
外務省:ギニアビサウ


 ウガンダで複数政党制の是非を問う国民投票を実施する模様。

 ボーイングが4-6月期の売り上げ15%増、純利益は7%減だったが市場予想を上回る結果だった。防衛部門が好調なことに加えて、近年エアバスに圧され気味だった航空機部門でも盛り返したことが大きい。エアバスは期待のA380で盛り返すことが出来ないとなるとこの傾向は続くんだろうな。




月々@525円プランから開業可能!!簡単作成でネットショップオーナーに!


 
posted by うらぢ at 02:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

2005年07月28日 Thursday

ノート専用のクーラーを買いました

 最近98機(デスク)のことばかり書いていたけど、昨年購入したxp機(ノート)も最近の暑さにダウンすることが多い。そのため急遽専用クーラーを購入(正しくはファンなんだけど)。今日の所は大丈夫でしたが、こんなので良いのかというのが正直なところ。1週間どうもなかったら良いってことでしょう。



 ゲンセキ(関西では1週遅れなんだけど)に梅小鉢が出ていたのには驚き。
posted by うらぢ at 01:57 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ムガベ

 タイとのFTA交渉で日本政府が妥協する見通しらしい。内容はエビ加工品やオクラなど一部農水産品の関税撤廃を前倒しにするというもの。既得権圧力の小さいところかも知れないけど、思い切ったことするものだと。

 ムガベ大統領の中国訪問に対する扱いが小さいのは何故でしょうか?約70万人がホームレスになった事実を中国は批判もしなかったのには、ジンバブエが保有する鉱山資源が目当てなのか。突っ込みどころが多そうと思えるのだが。
China will use its veto to stop the United Nations Security Council from criticising Zimbabwe's slum clearance, President Robert Mugabe says.

ジンバブエ - Wikipedia
外務省:ジンバブエ




月々@525円プランから開業可能!!簡単作成でネットショップオーナーに!

posted by うらぢ at 01:43 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

読後感想記:サバイバルとしての金融―株価とは何か・企業買収は悪いことか

サバイバルとしての金融―株価とは何か・企業買収は悪いことか 祥伝社新書 (008)
岩崎 日出俊 (著)




 金融入門書。と一言ですますのは簡単だが、これは企業価値は将来のキャッシュフローに相当するという考えから、色々述べられている。なんか経営論に近いかも。日本の企業はコングロマリット指向だとか。よくよく考えたら楽天やライブドアも手を広げているところがあるな。その対をなす得意分野特化型(著者が命名したものではないです)が投資家にとっては投資しやすい会社になるらしい。そうでないとポートフォリオを組みにくいとか。そう考えると日本の企業って総合型が多いので難しいなと。

#058


posted by うらぢ at 22:51 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 書物

始まりは失敗

 ローエングリンは順調に録音できている。録音前にどこと相性がよいか確認すべきだったな。なんか異常終了していたし(確認したら2・3幕はまともに録音できたかも)。明日はオランダ人があるのか。この辺をチェックと。片方はプロムス、もう片方はバイロイトと暑い夜にパソコンを動かしっぱなしというのもアレなんだが。

Google News: bayreuth




エアーズゲートの国内格安航空券、空席照会を経てスタッフが迅速に回答、急成長の国内格安航空券サイト

 
posted by うらぢ at 02:06 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年07月26日 Tuesday

京都近鉄閉店へ / ワールド非公開に

 ワールドが経営陣による株式買い入れによる株式非公開化をすると発表。買収額は約2200億円とそれだけ資産があるのか、借り入れるのか良くワカランが。買収されるのが嫌なら上場するなということでんな。株式公開には投資家の目に晒されることによる経営が健全になるというメリットが最近読んだ本に書かれていたが、非公開になるって今後ワールドがどうなっていくか注目なのでは。

 ニュージーランドの総選挙が9月17日に実施らしい。理由は任期満了。任期3年。定数120人の一院制。現在クラーク首相率いる労働党が51議席、あと革新党2人での少数与党。野党は国民党。以上、今後のためのメモでした。

 近鉄百貨店京都店が07年春にて閉鎖。丸物の時代から数えると何年なんでしょう。以前は京都近鉄百貨店の名前で上場していました(後、近鉄百貨店に吸収合併)。建物が変に建て増ししたせいか、人の行き来しづらい造りになっている。それは別に閉鎖の理由にはならんと思うけど、近くに伊勢丹とアバンティがある上に、近々ビックカメラが出来れば、と考えたのだろうか。今後はヨドバシカメラが買収するらしいが、使いにくい建物を如何に料理するんだろうか?




無料で書籍デビュー!印税50%!電子書籍の「でじたる書房」!!

posted by うらぢ at 01:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

きわめて調子悪いぞ

 何とか1幕を聞き終えました。敵は98機の調子ではなく、ネット接続だった。何度か途切れるし、これでは安心して寝てられませんな。あと何度か録音のチャンスがあるのか。ラジオ局を急いで変えましたが。
 なんか危なっかしく感じたけど、1幕の最後の方の盛り上がりには抵抗できぬ。




使い捨てコンタクトレンズ
posted by うらぢ at 00:33 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

読後感想記:オペラ作曲家によるゆかいでヘンなオペラ超入門

オペラ作曲家によるゆかいでヘンなオペラ超入門 講談社+α新書
青島 広志 (著)




 愉快とは思うが、それ程変ではないと思う。変なクラシック本はいろいろありますからな。最近はオペラのあらすじを分かりやすい形で書く本は多いのだが、ポイントは所々見せてくれる裏話めいたもの。そういえばDVDという便利なものがありながらオペラをみることはそれ程ないことに気付かせてくれる。最大の要因は私の多趣味にあるのだが。おかげで永遠なる初心者だなあ。
 ちなみにオペラの入門書を書く著者はワーグナー好きか苦手かがはっきりと分かれる。

#057
posted by うらぢ at 00:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

Prom11 ジェラルド・シュワルツ

 明日の大植指揮「トリスタン」が無事録音できるかは98機にかかっています。常駐ソフトをほとんどなくし、他にもいろいろと施して以前に比べてネットをつなぐにも軽くなった気が。

 Promsの感想では、Prom11のブルッフ、ヴァイオリン協奏曲が好演。ヴァイオリンのジョゼフォヴィッツはオープニングにも出ていたし、過去にもラストナイトに出ていた記憶があり、腕が確かなのはともかく、指揮のジェラルド・シュワルツがかなり良い。それはフィンガルの洞窟でも窺えました。


Prom11

メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
ヴォーン・ウィリアムズ:海の交響曲*

Leila Josefowicz (violin)

Janice Watson (soprano)*
Dwayne Croft (baritone)*

Royal Liverpool Philharmonic Choir*
Chester Festival Chorus*

Royal Liverpool Philharmonic Orchestra
Gerard Schwarz conductor
posted by うらぢ at 02:33 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ロシアの選挙制度改正


 奈良市長・議会選挙の告示があったけど、ここは議会が鍵田市長の不信任決議による市長の議会解散と市長の辞職に伴うもの。市長と議会の対立は元からあって、収入役と助役が空席の状態が続いていた。と言うことで現在は空白状態。市長選挙は3人が立候補して鍵田前市長と反鍵田派の元県教育長、藤原氏との一騎打ちとみられている。ちなみに藤原氏は自民・公明・社民推薦、民主支持と取り付け、共産も支援している候補で、これで負けたらどうなんだろ。

 ロシアでは下院の選挙制度が変わるそうで、これまで小選挙区と並立制だったのが小選挙区に一本化される。また議席獲得に必要な最低得票率は5%だったのが7%に、そして「得票率の壁」突破を目指した小党間の選挙協力を禁止というのが、プーチン派の基盤強化目的と言われている所だろう。

 最後にギニアビサウで大統領選挙・決選投票があるけど、結果は今週中に出るのかな。




「マンション投資.com」はマンション投資に関するあらゆる疑問にお答えするマンション投資総合サイトです。
posted by うらぢ at 02:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌