2005年03月31日 Thursday

SFCG

うらぢ日誌を更新しました。SFCGについてあまり調べる時間がなかったのですが、調べれば面白いことが見えるかも。某ブログでは堀江くんに金を貸していたようだし。



Click Here!

posted by うらぢ at 02:59 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌

前日まで告知なしか

 楽天のチーム打率が.160、防御率10.32。このペースでシーズン最後まで行くんだろうか?

 サッカーはまたもやしょっぱい試合でしたね。やはり監督に・・・。

 えー。来月からどうするかまだ聞いていません。ここまで言わないということはテスター要因ですな。下らねー。やはり何かしらやるべきだな。



トレーダーズショップは個人投資家のための専門店。業界最多の品揃えを誇る専門書、セミナー収録DVD・ビデオなどの投資グッズが揃っています。→http://www.tradersshop.com/
posted by うらぢ at 00:43 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

読後感想記:どうころんでも社会科

どうころんでも社会科 講談社文庫
清水 義範 (著), 西原 理恵子



 このコンビで国語、算数とまで進んでいたのか。好評ぶりが窺えるシリーズですね。今回は社会科ということで地理、歴史、公民と分かれるのだが、個人的には地理の部分が面白いが地理といってもその土地の歴史あっての地理だったりするのでそのカテゴリー分けも問題あったな。最初の知多半島のところは私自身ほとんど知らないところだが、交通の要所らしく歴史的出来事もあったらしい。私を含め、大抵は渥美半島とどっちだっけとなるんだが。昆布ロードも昆布の採れないところでなぜよく食されているのかといった話も、実は深い歴史が隠されているというのも面白い話。ちなみに今回の西原さんの絵は理科とは違い暴走度が落ちている気が。
posted by うらぢ at 15:40 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2005年03月29日 Tuesday

136人の市議会

 本棟の方では議員の多い合併地方議会に触れてきたが、今回は今まで最大の136人を抱える秋田の大仙市。議会場はイベント会場を代用している。注目はどこまで無駄使いとの突き上げに議員たちが耐えられるか。その前に解散の署名を集められるかも知れないけど。

 キルギスで新議会が正当な議会となるようだが、新議会はアカエフ大統領の与党が多数を占めているはずだが、混乱もなく収まるところみるとアカエフ大統領の力ってそれ程ものだったのかと思えてくる。
posted by うらぢ at 01:57 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

来月からどーなることやら

 先週末の会社の会議もなく、来月から何をするか知らない状態です。

 で、米国株を買おうかと考えていたんですが、手数料が案外かかって10万以下の投資予定だったので割に合わずやめに。今度中国株でも考えてみようかと。
posted by うらぢ at 01:34 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年03月28日 Monday

炎上

 楽天凄すぎだな。後世に語られるべき大敗で。26点を取られるよりも残塁0の完封の方が痛いか?

 関係はありませんがうらぢ日誌本棟を更新。ラインナップはジンバブエ総選挙近づく他です。




一流メーカーOEM新品家具最大70%OFF!中古販売・不要買取。

「オフィス家具の家具みる?」
posted by うらぢ at 03:02 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌

野球狂のネタ6

 出演者から話題が80・90年代に集中するけど、やっぱりあの時代のプロ野球は面白かったと思う。某放送局がON時代中心に語るのは大きく異なる。で、今回の放送は番組初のセリーグの球場横浜スタジアムから。ますだおかだによると仙台に行く予算がなかったからだとか(本当か?)。出演者はますだおかだ、ジョーダンズ山崎、加藤博一、遠藤一彦、パンチ佐藤。この番組は全員が揃ったところでオープニングとなるのだが、1時間の番組で全員が揃ったのが30分ほど経ってからじゃなかったかな。基とか大門とか「居た居た」という人の名前が出てくるのが非常に楽しい。私にとって遠藤で印象深かったのが3塁に向かう途中に腱を切ってしまったことなのだが。遠藤って134勝しかしてなかったのか。
 しかしパンチが言っていた球種をバッターに教える話は凄いなと。今では叩かれること間違いなしだが。
posted by うらぢ at 15:43 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(1) | 演芸

2005年03月26日 Saturday

読後感想記:『史記』の人間学

『史記』の人間学 講談社現代新書
雑喉 潤 (著)




 史記の登場する人物ごとに司馬遷がどのように描いたかを見る本。最初の始皇帝、項羽、劉邦あたりのトップに立つ人も面白いが、配下にいる人間の人生をみると組織の下にいる人間をみているようで結構面白い。とは言え、社長に厳しく助言する人って少ないかとも思ったり。いくら力を発揮しても周りから謀られたり、主君の機嫌を損ねたり、長期間安定した地位でいることは並々ならないことのように思える。
 
posted by うらぢ at 00:26 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2005年03月25日 Friday

明日でわかるはずなのだが

 3月末で今通っている仕事が終了なのだが、元請けがそのまんまで4月から大阪で働くことになる見通しらしいが、前も書いたようにテスターなので希望とはほど遠いことになる。ひょっとして別のところかと期待しているのだが、もう辞めても良いなと半分思い始めているのだが。



バイク高価売却のテクニックを知りたいなら…・

posted by うらぢ at 01:53 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年03月23日 Wednesday

本日の行動

 テレビがまともに映っているので消せない(下手に消すとまた黄色くなる)。そんなテレビを見続ける私って・・・。
 今年のセンバツは京都から1校も出ていないのでさらに興味がないなあ。

 最近はこれを使ってゆっくりと英語の勉強をしているが、最近多読ばっかりでどう英語の解釈をするか遠ざかっていたので、こういうのでじっくり見てみると学校でのやり方で英語を解釈するのもそれなりの意味があったのだと。でも英単語は覚えるより慣れる方が良いのだが。時間がないんだろうな。

ビジュアル英文解釈 (Part1) 駿台レクチャーシリーズ 伊藤 和夫 (著) 


 今日は2時起きだったので確実に明日に堪えます。雨のせいで金をおろせなかったし。



外国為替ゲームの決定版!『バーチャルFX』

あの「アルファロメオ」をはじめ総額500万円相当の豪華商品が当たる!!


 
posted by うらぢ at 18:58 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メモ

  • fresh off

  • 直後に、その後すぐ、やって来たばかりの

    英辞郎より

    参考記事
    Yahoo! News - Oracle Quarterly Profit Falls 15 Percent
    posted by うらぢ at 18:00 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習

    読後感想記:奇人と異才の中国史

    奇人と異才の中国史 岩波新書 新赤版 (934)
    井波 律子 (著)




     中国史は高校時代、三国志の影響もあって中国史好きだった期間もあったが最近は西洋の方が詳しかったりするので不思議だ。で、久々の中国史関連本だったわけである。この本には56人にスポットを当て「紀伝体」風に書かれている。1人に3-4ページしか割いていないので大体の概略がわかる寸法になっている。知っている人もいれば、初めて知ったという人も、特に文化史は世界史でも記憶のみの分野だからねぇ。しかし昔の書家の作品が写真で出てましたが、何が評価されたのかよくわからなかったり・・・。
    posted by うらぢ at 17:34 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 書物