4月のエキサイトマッチ放送予定

帝拳のサイトより。よく時間変更があるなと。最近見ていないので何ともだが。

※4月より放送枠が月曜夜8時に変更!選りすぐりのカードをラインナップ!

▼4月4日(月) 20:00〜
 4団体統一世界ミドル級タイトルマッチ (2月19日、アメリカ、ロサンゼルス)
  統一王者:バーナード・ホプキンス 対 WBC2位:ハワード・イーストマン

◆怒涛のビッグマッチ・タイムリーオンエア◆
▼4月11日(月) 20:00〜
 WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ (4月9日、アメリカ、ラスベガス)
  WBC王者:マルコ・アントニオ・バレラ 対 WBC2位:ムゾンケ・ファナ

▼4月18日(月) 20:00〜
 WBO世界S・ライト級タイトルマッチ (2月26日、プエルトリコ、バヤモン)
  WBO王者:ミゲール・コット 対 元WBO王者:デマーカス・コーリー

▼4月25日(月) 20:00〜
 WBA世界L・ヘビー級タイトルマッチ (2月26日、ドイツ、ハンブルグ)
  WBA王者:ファブリス・ティオゾ 対 元WBO王者:ダリウス・ミハエルゾウスキー
posted by うらぢ at 23:01 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2005年02月27日 Sunday

メモメモ

2/28 20:00〜 KBSにて
『笑激!!よしもとライブ』
「ノンスタイルライブ」優柔不断な石田が二者択一を迫られ大爆発!▽MC和泉修
posted by うらぢ at 20:50 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

中毒

 先週からウィザードリィを再びやり始めてから嵌っています。新しいパソコンで最初からシナリオ1でがんばっています。今回はリセットなし縛りでやっているため、よく全滅するし、壁の中でどうしようもなくなるし。グレーターデーモンには全く歯は立たないわで大変である。10Fにそこそこの面々が横たわっているのだが、救援部隊が育っていない状態。基本的パーティーは戦戦僧盗司魔という組み合わせ。僧侶は前衛に置くためよく死にます。司教を入れるのはすぐに鑑定したいがため。
posted by うらぢ at 19:26 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

外記事:スカラ座

La Scala board fires top official

Zimbabwe shuts another newspaper

Webb surges back to ANZ victory




★netloan(ネットローン)★

オートローン、個人売買ローン、学生ローン、ブライダルローン、トラベルローンなどなどなんでもローン!?netloanはこちら
posted by うらぢ at 18:47 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2005年02月25日 Friday

下記訂正

 ほぼフジの勝ちかなと思っていたのだが、いろいろ読んでいると単純なことでもなかったようで、企業防衛目的の増資は認められるかはベル24の事件だけでは読み取れないみたいだ。ベル24の場合は出資目的が明確ということもあったらしい。今度のフジがニッポン放送に出資する際はどういう目的でなされるかが問題になる。意味がなければ投資効率の悪化で株主価値の下落につながりかねない。これは司法の行方を見守るしかないか。ちなみにここのサイトを参考すれば、新株予約権の発行内容に何かある模様。(参考:J_Coffeeの株式投資日記

 今週の週刊東洋経済は大幅分割が採り上げられていて面白かった。知っているような話題もあったけど、東洋経済でと言うのが意外な感じだった。

 この前の選挙のまとめ。ポルトガル総選挙は野党だった社会党が119議席で単独過半数を獲得。与党だった社会民主党は73議席と大きく後退。3番目は共産党の14。
 スペインの国民投票は賛成が76.73%、反対が17.24%だった。投票率は42.32%。40%以上なら許される範囲みたい。
 北キプロスに関してはタラト首相率いる共和トルコ党が44%の得票率で24-25議席獲得見通しらしいけど、再び連立を組むことになりそう。統合派が多数を握ったみたいなので再び統合の話に持ち込めるのか?(記事:毎日 ジェトロ
posted by うらぢ at 02:01 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

2005年02月24日 Thursday

読後感想記:ローマ人の物語 (6)

ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫
塩野 七生




 ポエニ戦争も終わりローマに平和が訪れるのかと思いきや、国内は大混迷。有産者が減ったために兵力が減ったこと、それを解決すべく農地改革をしようとすれば元老院から潰される。そういうことで生まれたのが傭兵制に近い制度なのだが、戦いのあるときはそれで良いのだが、戦争が終わったときが大変。これは中世にも似た状況がありましたな。この時代は徐々に独裁の余地が出始めるきっかけになる期間とされている。今にも通じるものがあると言えばあるかな。
posted by うらぢ at 23:26 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

もう終戦近しか?

 ホリエモンが絡んだために日本では異例とも言える敵対買収でここまで盛り上がるかという印象。結局はフジが新株予約権をニッポン放送から得たためにケリが付きそうな気配。問題は法廷でどう争われるかだが、過去の例では第三者割り当てだが松佳(当時)から乗っ取られることを避けるために第三者に増資をすることで乗っ取りの回避を目指したが、畑崎・松佳グループが東京地裁に増資差し止め仮処分請求が出され、認定された事例がある。理由は増資の割当価格が時価よりも安かったことにあるものと見られる。もう一つはベルシステム24が筆頭株主のCSKに無断でソフトバンクグループに第三者割り当て増資を行おうとした件(参考)。こちらは差し止めが認められず、結局CSKはベル24株を手放すことになりました。確か裁判では株主の利益が害されているかが焦点のようですが、問題は割当価格が相当であるかが問題のようです。支配比率に関してはベル24の時のCSKの持ち株比率が39.87%であることから、ニッポン放送の件と類似事件とされる可能性があると思います。この結果からフジとニッポン放送が行う新株予約権による擬似ポイズンピルは裁判所で認められる可能性が高いと考えます。
posted by うらぢ at 15:03 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

読後感想記:おもしろくても理科

おもしろくても理科 講談社文庫
清水 義範 (著), 西原 理恵子



 やや古い本(98年刊)ではあるが、読んでいて別段問題なし。清水義範氏の書きぶりが非常にわかりやすく好感が持てる。時間よ止まれの項は高校時代に雑誌で読んだんだが、このときとは理解力が違うなあと感じた。西原理恵子の挿絵と本文とがアンバランスに絡み合っているのが面白い。彼女が投げた質問を回答して欲しかったなと。
posted by うらぢ at 20:16 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書物

2005年02月21日 Monday

体調が優れぬようなので

早く寝ます。
posted by うらぢ at 22:27 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言・メモ等

水族館であるある

本日の日経ブロードバンドはレギュラーの水中でのあるある探検隊をやっていた。場所はサンシャインの水族館らしいが。

posted by うらぢ at 22:08 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸

20日に行われている選挙

 まずはスペインのEU憲法承認を求める国民投票。とは言え法的拘束力なし。しかもEU憲法を知る人が少ないことから盛り上がりに欠けそうな風に見えるが、憲法支持派は45−50%の投票率を確保したいとの意向で、このラインが注目。事前調査では反対派はそれほどでもなさそう。

 お隣ポルトガルでは総選挙がある。事前調査からソクラテス書記長が率いる社会党が政権奪回するものと見られている。今後政権交代すれば3年間で4回目らしく、一頃のイタリアみたいな状態。ちなみに与党はサンタナロペス首相が率いる社会民主党。仕組みは230議席の一院制。4議席は在外ポルトガル人枠らしい。ほかは22地域に分けた比例代表制らしい(日本語で読まないと自信ない)。

 後は北キプロスも総選挙。前回も拮抗した結果だっただけに今回も収拾がつくか心配なところ。
posted by うらぢ at 01:09 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うらぢ日誌・番外

2005年02月20日 Sunday

R-1ぐらんぷり2005

 テレビ情報誌によると「お叱りください!」が26日で終わりとなっているが、前回のシルバージャックの結果は無視か?

 で、R-1決勝の感想より。出場者は順番に長州小力、ネゴシックス、あべこうじ、友近、ヒロシ、ほっしゃん。、中山功太、井上マー。最初の5組だけなら誰が優勝やねんと思うくらいの不可もなく可もない展開だったが、あのほっしゃん。が新鮮な空気を送りましたよ。目玉のオヤジがお薦めの親父か何かかのような下りからツボでした。あと井上マーが得意の尾崎ネタで今まで受けの良かったものをまとめた感じで勝ち負けを意識したのか?
 よそさんのを見てみるとあべこうじファンが意外といるものだと。中山功太は次期待します。今年の超新星に残ってください。
 ところで今年もR-1ぐらんぷりの素は放送するんでしょうか?
posted by うらぢ at 22:45 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 演芸

どうも風邪っぽい

 今日は早めに寝ます。昼の漫才に間に合うかな?
posted by うらぢ at 01:31 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年02月19日 Saturday

手持ちの辞書になかったので

英辞郎より
immolation
【名】 犠牲{ぎせい}、生け贄{いけにえ}


例:Brunnhilde's Immolation Scene
posted by うらぢ at 18:57 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習